三重のトイレつまり・水漏れ修理なら「みえ水道職人」 » 三重で水道管の凍結を防止するための対策

三重 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

三重で水道管の凍結を防止するための対策

2021年01月23日 水道管
みえ水道職人2

凍結で気を付けたい場所

水道管は寒さで凍結してしまうことがあります。
なぜかというと、水は凍ると膨張して体積が増えるためです。
気温が零度以下に下がると水道管や水栓金具にヒビが入ったり、破損するリスクが高まります。
特に気温が氷点下4℃以下になると、水道管が凍結しやすくなりますので注意しなくてはなりません。

三重でも近年、異常な寒さの日が増えていますので、雪が降る前や大寒波の予報が出た際は気を付ける必要があります。

一戸建てやアパートなどさまざまな場所に水道がついていると思いますが、お住まいの中でも特に気を付けたい場所があります。
屋外で北側の日が当たらない場所にある水栓や、北側や風当たりの強いところにあるトイレや洗面所につながる水道管、むき出しになっている水道管は気を付けましょう。

また、ガス給湯器も冬場は気を付けなくてはなりません。
ガス給湯器には内部に水を通す管があります。
その管を温めてお湯を沸かし、必要な場所に給水する仕組みです。
蛇口を止めてもガス給湯器の内部や配管の中には水が残っているため、寒さが厳しいと残った水が凍りついてしまうことがあるのです。

日中やお風呂に入るなど利用している間は温められているので問題ありません。
ですが、家族がお風呂に入り、寝静まった夜間に一気に気温が下がり、浴室周辺の室温も外の温度と同じレベルになってくると凍結リスクが高まります。

天気予報はしっかりチェック

三重に雪の予報が出たり、寒波の襲来が予報されたり、低温注意報などが出ていないかチェックするようにしましょう。
雪が降るのは上空の温度がマイナス6℃以下、地上の気温が3℃以下の時と言われています。
雪が降っている時だけでなく、雪が降る予報の前日の夜から冷え込みが始まり、雪がやんでも積もった状態が続くと冷凍庫のような状態になり、水道管が凍結しやすいリスクも続くので注意しましょう。

水道管を凍結させないための対処策

水道管が凍結すると水が出なくなって生活に支障が生じたり、水道管が氷で堆積が増してヒビが入って水漏れしたり、ひどい場合には破裂してしまいます。
思わぬトラブルに発展する恐れがあるため、凍結を防止するための対処策を事前に講じておくことが大切です。
特に屋外の水道管や蛇口に対する対策は、寒さが増してくる前に余裕を持って行いましょう。

まず、一戸建てのお庭やアパートの敷地にお掃除用などとして共用で設置されている立水栓など、屋外に設置されている水栓やむき出しになっている水道管の防寒対策を実施しましょう。
保温チューブや布などを巻きつけたり、上からビニールなどをかぶせるだけでも違います。
わざわざ、保温グッズを買ってこなくても、使い古しのニット帽子などに穴を開けて筒状にしてかぶせるのもおすすめです。

次にメーターボックスも防寒対策をとりましょう。
地上式のメーターボックスなら段ボールで覆う、地下式のメーターボックスなら発泡スチロールを砕いたものや、ボロ布や新聞紙を隙間に入れ込むことで保温効果が生まれます。

夜間に一気に冷え込むと予報が出たり、明日は雪が降るといった予報が出た時は、夜寝る前に水をポタポタ出しっぱなしにしておきましょう。
水は流れていると凍結しにくくなりますので、水道代がもったいないなどといわずに、凍結防止策として少量の水の出しっぱなしを行ってみてください。

また、ガス給湯器の給水管や排水管の凍結防止のために、一晩、追い焚きをかけておくのも一つの方法です。
ガス給湯器の中には凍結防止機能つきの製品もあるので、取り扱い説明書を確認しておきましょう。

水道管が凍って水が出なくなったら?

事前対策を講じても水道管が凍結してしまったら、どうすればいいでしょうか。
直ぐに使わないのであれば、自然に溶けるのを待ちましょう。
寒い日でも日中に気温が上がったり、日差しが出てくると少しずつ溶けて流れるようになります。

凍ったまま、無理に蛇口をひねると破損の原因になるので、無理はしないでください。
顔を洗いたいのに洗面所の水が凍って出ないといった急ぎの時には、凍った部分にタオルをかぶせて、ぬるま湯をかけるのもおすすめです。
この際、熱湯をかけてしまうと、一気に温度変化が起こり、破裂することがあるので熱湯はNGです。

水道管が破裂したらどうする?

万が一、水道管が凍結の影響で破裂してしまった場合には、止水栓を閉めて、水の流れをストップさせましょう。

そのうえで、専門の修理業者に破損箇所の修理を依頼することが必要です。
焦ってしまい、止水栓がどこにあるか分からない場合などは破裂した場所にタオルなどをしっかり巻いて水が噴き出るのを防ぎながら、修理業者の到着を待ちましょう。

水道管の凍結にお困りなら

みえ水道職人は津市、四日市市、伊勢市、松阪市、鈴鹿市、鳥羽市など三重県全般で水回りのトラブルを解決している水回りのプロです。
水道管の凍結をはじめ、水回りのトラブルでお困りの際には、みえ水道職人にお気軽にご相談ください。

三重のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「みえ水道職人(三重水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

みえ水道職人(三重水道職人) 0120-492-315

みえ水道職人(三重水道職人) 0120-492-315