【水道局指定工事店】三重のトイレつまり・水漏れ修理なら「みえ水道職人」 » 放置するのは危険!給湯器の水漏れの対処方法とは?

三重 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

放置するのは危険!給湯器の水漏れの対処方法とは?

2021年09月15日 給湯器の水漏れ


蛇口をひねればいつでも温かいお湯が出てくるのは、給湯器のおかげです。
しかし、その給湯器から水が漏れてきたらどうしますか?
珍しいことではないからとそのままにしておくと、漏水の原因によってはとても危険な可能性があります。

今回は、給湯器の水漏れを発見したらどうすべきか、まとめました。

給湯器の水漏れを発見したら確かめるべきこととは?

まず、水抜き栓から一時的に水がポタポタ垂れているのであれば、心配する必要はありません。
長期の留守などでずっと給湯器を使用していなかったときに、よく見られる現象です。

水抜き栓は名前の通り、給湯器の内圧があがったときに、水を抜いて減圧する装置です。
お湯を出してみて、異常がなければそのまま使い続けて構いません。
長い間給湯器を使わないことがわかっていれば、あらかじめ水を抜いておくとよいでしょう。
早急に対処しなければならないのは、以下の三つのケースです。

・経年劣化による水漏れ
設置してから10年近く経過した給湯器は、内部の部品が劣化している可能性があります。
特にゴム製のパッキンは劣化しやすく、注意が必要です。

この場合は部品の交換だけで修理できることもありますが、給湯器自体が寿命を迎えている可能性も大いにあります。
ぜひ給湯器の交換をご検討ください。

・配管の凍結による水漏れ
急激に温度が下がった冬の朝などに見られるケースです。
特に気温が5℃以下になったときにはご注意ください。
凍結というと、寒冷地ならではのトラブルだと思われる方も多いと思います。

しかし、寒冷地の給湯器は元からそれなりの対策が取られているため、実際に凍結してしまうのは比較的温暖な地域です。
配管の中に残っていた水が凍結することによって体積が増え、夜中に配管が破裂して亀裂を生じます。
そして朝になって配管内の凍った水が溶けて、その亀裂から水が漏れてしまうのです。

・取り付け工事ミスによる水漏れ
給湯器の設置工事をした業者が正しく設置しなかった結果、徐々に問題が出てくるケースがあります。
当初は問題なく使えても、少しずつ負荷がかかっていって、やがてそこから水漏れしてしまうのです。
本来はあってはならない事態ですが、取り付けを担当した業者に連絡し、早急に対応してもらいましょう。


給湯器の水漏れを放置するのは危険です!

とりあえずお湯は出ているからと言って、給湯器の水漏れをそのままにしておくのは危険です。
ガス給湯器の内部で水漏れがおきると、ガスが不完全燃焼する可能性があり、一酸化中毒を引き起こすおそれがあります。
給湯器内部のバーナーに、漏れた水がかかって不完全燃焼を起こし、結果として一酸化炭素が発生するのです。

一酸化炭素は無色無臭であるため、知らず知らずのうちに症状が悪化し、最悪の場合は命に関わります。
新しい給湯器には安全装置がついていますが、古いタイプですと安全装置がないため、何らかの対処しない限り一酸化炭素が発生し続けてしまうのです。

屋外に設置するタイプの給湯器でも、窓から一酸化炭素が入ってきて部屋に充満することもあるので、決して安心できません。
水漏れを発見したら、原因が判明するまで、ガス給湯器の使用を控えましょう。

また、直接命に関わりがなくても、水道代やガス代が跳ね上げることもあります。
水漏れした分の水が無駄になり、お湯を沸かすにも通常より時間がかかるからです。
翌月の請求書を見て腰を抜かさないように、健康被害がなかったとしても、早急に対応したほうがよいでしょう。

また、集合住宅にお住まいの方は、階下への水漏れも気にしなければなりません。
パッキンが壊れかけているくらいであれば、ポタポタ水滴が落ちる程度ですみますが、パッキンが全壊したら一気に水が漏れていきます。

あまりに勢いよく水が漏れると、下の階まで影響を与えてしまうかもしれません。
もし、下の階の家財道具をダメにした場合は、当然それを賠償しなければなりません。


給湯器の水漏れは迅速な対応がものをいいます

給湯器の水漏れに気が付いたら、なにはともあれ給湯器の運転をストップさせます。
スイッチをオフにするだけでなく、コンセントがある場合はコンセントを抜きましょう。
そのあと、どこから水が漏れているのか確認してください。

先ほども述べたように、水抜き栓からの漏水であれば問題ないことがほとんどです。
お湯を出しながら様子を観察しましょう。

正常にお湯が出るようであれば故障ではないので、そのまま給湯器を使い続けても大丈夫です。
これが給湯器本体や配管とのつなぎ目からの水漏れだと、迅速かつ的確に対応しなければなりません。
先ほど抜いたコンセントはそのままにして、給水元栓を閉めましょう。

それから、すぐに業者を呼んで修理を依頼してください。
古いタイプの給湯器の場合は、交換が必要になることもあります。
給湯器の水漏れに関しては、自分でできるのは応急処置くらいで、あとの作業は専門家でないとどうにもならないことがほとんどです。

無理して自分で直そうとして、かえって状況を悪化させてしまう可能性も否定できません。
決して自力で何とかしようとせず、専門業者に連絡しましょう。


水漏れなどの水トラブルはすべてみえ水道職人にお任せください

みえ水道職人は津市を中心とした鈴鹿市、名張市、伊賀市、伊勢市、松阪市、桑名市など三重県全域で水回りのトラブルを解決しています。

水回りでお困りの際はぜひみえ水道職人までお電話ください。
365日対応24時間受け付けで、すぐに知識と経験が豊富な専門家がお客さまのもとへ駆け付けます。


三重のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「みえ水道職人(三重水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

みえ水道職人(三重水道職人) 0120-492-315

みえ水道職人(三重水道職人) 0120-492-315