【水道局指定工事店】三重のトイレつまり・水漏れ修理なら「みえ水道職人」 » トイレの黒ずみが発生する原因は?気になる対処法と予防法

三重 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

トイレの黒ずみが発生する原因は?気になる対処法と予防法

2021年05月07日 トイレのメンテナンス


いつの間にか発生している、便器の中の黒ずみ汚れ。掃除してもなかなか落ちないという特徴があります。黒ずみ汚れをすっきり除去するためには、発生の仕組みや特徴にも目を向けてみましょう。今回は、日々のお掃除の役立つコツを紹介します。トイレを清潔に保つため、ぜひ参考にしてみてください。

黒ずみの原因はカビや水垢、埃など

トイレの便器に発生する黒ずみ汚れの原因は、水垢やカビ、埃などです。単独の汚れではなく、さまざまな汚れが複雑に絡み合って生まれる汚れだからこそ、スッキリ除去するのが難しいという特徴があります。「便器の中にカビなんて…」と思う方も多いかもしれませんが、実はトイレは、湿気が多くカビが繁殖しやすい条件が整っている場所です。

水垢や尿ハネなどの汚れは、カビや雑菌にとって格好のエサ。また個室内は、風の流れが滞りやすいという特徴があります。こうして発生したカビや汚れのもとが便器内に流れ込み、気になる黒ずみ汚れとして目に付くようになるというわけです。

付着してすぐの時期には、比較的落としやすい黒ずみ汚れ。しかし時間が経過すればするほど、色素沈着が進んでしまいます。便器の素材の奥深くにまで入り込んだ汚れのもとを取り除くのは、決して簡単ではありません。中性洗剤でこすっただけでは落とせないほど頑固な汚れになってしまったら、いったいどう対処すれば良いのでしょうか。次の項目では、頑固な汚れをスッキリ除去するための清掃術を紹介します。

しつこい黒ずみをあっという間にきれいにする方法

しつこい黒ずみがなかなか落ちない…と思ったときには、ぜひ以下の3つのお掃除方法を試してみてください。また便器の素材によっては、使用できない方法もありますので、事前にメーカー説明書をチェックしておきましょう。説明書が手元にない・読んでもわからない場合には、型番をメモしてメーカーサポートに問い合わせるのがおすすめです。

・塩素系アルカリ性洗剤を使う
塩素系アルカリ性洗剤とは、いわゆるカビ取り用洗剤です。黒ずみ汚れの主な原因はカビであるため、カビ取り用洗剤が効果を発揮してくれるでしょう。トイレ専用のカビ取り剤を用意して、黒ずみ汚れが気になる部分に塗布するだけでOKです。2~3分ほど置いて、トイレブラシでこすり洗いしましょう。あとは丁寧に水で洗い流せばお掃除は完了です。トイレ用のカビ取り剤が手元にない場合、お風呂掃除用のスプレーなどでも代用可能です。ゴム手袋をして、十分に換気した上で作業しましょう。

・酸性洗剤を使う
塩素系アルカリ性洗剤を使っても汚れが落ちない場合、カビ汚れではなく尿石汚れかもしれません。こんな場面で活躍してくれるのが酸性洗剤です。尿石はアルカリ性の性質を持っているため、いくら強い洗剤でも、同じアルカリ性同士では思うようには反応しません。酸性の性質を持つ洗剤を使えば、あっという間に汚れを溶かせるでしょう。

「塩素系アルカリ性洗剤がだめなら、酸性洗剤でお手入れしよう!」と思いがちですが、両者を混ぜ合わせると有毒ガスが発生してしまいます。きちんと流したつもりでも、便器表面に洗剤成分が残ってしまうケースは少なくありません。連続で別タイプの洗剤を使うと、予想外のトラブルが発生する可能性があるので、十分に注意してください。両方の洗剤で汚れを落としたい場合には、お掃除の日付をずらして対応するのがおすすめです。

・クレンザーで削り取る
洗剤では溶かせないほど頑固な汚れになってしまったら、クレンザーで汚れを削り落とすのが効果的です。ただしクレンザーを使えば、便器本体にもダメージを与えてしまいます。便器表面に施されたコーティングを剥がしてしまう恐れもあるので、慎重に作業しましょう。「トイレ用のクレンザーを使用する」「目の細かい耐水サンドペーパーを使用する」などの対策を取るのがおすすめです。

もう黒ずみで悩まない!今すぐ実践できる予防法

頑固な黒ずみ汚れをすっきり除去できたら、「もう二度と同じ汚れで悩まされたくない!」と思う方も多いことでしょう。こんなときは、日常生活の中で実践できる予防法を取り入れてみてください。

・効果が継続する洗浄剤を使う
置き型タイプやスタンプタイプは、一度設置すれば、洗浄作用が継続する優れものです。少しずつ洗浄成分が流れ出ることで、汚れの付着を防ぐ効果が期待できます。「購入して設置するだけ」と手軽なので、取り入れてみて損はありません。お掃除を終えた直後から使用をスタートするのがおすすめです。

・タンク内に重曹を入れる
トイレでカビが発生しやすいのは、タンク内部です。タンク内のカビが水で流され、便器内で繁殖して黒ずみ汚れになってしまいます。定期的に実施するタンク内のお手入れが、黒ずみ予防につながります。

タンク内を簡単にお手入れする方法としておすすめなのが、「重曹を入れておく」というものです。タンク内の水が重曹水になり、カビ汚れを落としてくれます。タンク内の部品を傷めることもありませんし、便器や排水管にも優しい洗浄剤ですから、安心して使用できます。

タンク内部品の故障はみえ水道職人へ

トイレの黒ずみ汚れは、いったいどこから来るのだろう?と思ったら、タンク内の汚れや便器内に残った尿汚れに注目してみてください。黒ずみ汚れの発生メカニズムがわかっていれば、より効率よく掃除できます。タンク内をチェックし、部品に異常が発生していたら、修理・交換を検討しましょう。四日市市、津市、鈴鹿市、名張市、伊賀市など、三重県内のトラブルには、私共みえ水道職人が対処いたします。

黒ずみ汚れから解放されれば、トイレはより快適な空間に生まれ変わります。日々の清掃と、いざというときの修理交換、両方を意識して理想の空間を維持していきましょう。

三重のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「みえ水道職人(三重水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

みえ水道職人(三重水道職人) 0120-492-315

みえ水道職人(三重水道職人) 0120-492-315