【水道局指定工事店】三重のトイレつまり・水漏れ修理なら「みえ水道職人」 » トイレが凍結してしまったらどうしたらいいの?対処法と予防法を紹介します

三重 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

トイレが凍結してしまったらどうしたらいいの?対処法と予防法を紹介します

2021年06月21日 凍結のトラブル


トイレの水が突然流れなくなってしまうことがありますが、気温が氷点下になる時に水が流れなくなった場合は、トイレの給水管の凍結が原因かもしれません。給水管以外にも、排水管が凍結すると水が流れにくくなりますし、ウォッシュレットの給水管が凍結すると破損しやすくなります。ここでは、トイレが凍結する原因や凍結した時の対処法、凍結させないための予防法を紹介します。

トイレが凍結してしまうのはなぜ?

トイレが凍結する原因は、凍結する場所によっても異なりますが、気温の低くなることで水道管内の水が凍ることが一番の原因です。特に屋外のトイレや、屋内でも気温の低くなる場所にあるトイレで凍結しやすくなります。

また、冬場にトイレを長期間使用しておらず、給水管や排水管の水の動きがないと、凍結が起こりやすくなります。凍結すると水が流れないのでトイレが使えなくなりますし、最悪の場合、破裂してしまうこともあります。

ウォッシュレットの方が凍結しやすいって本当?

最近では、凍結を防止する技術が発展し、簡単に対策できるようになったので、水道管が破裂してしまうトラブルも少なくなりました。また、屋外にある水道管に対しては、特に気をつけて対策を取る方も多いでしょう。

しかし、屋内でも凍結トラブルは発生します。特に、繊細な部品がたくさん使われているウォッシュレットが凍結すると、部品が壊れてしまうこともあります。

また、故障までいかなくても、凍結するとウォッシュレットの部品は劣化しやすくなるので、普通に使っている時に急に壊れてしまうこともあります。ウォッシュレットの凍結で大きな被害になることは少ないですが、繊細な構造であるため高い修理費用がかかってしまいます。長期間家を空ける時は、凍結防止対策を行っておくと安心です。

トイレが凍結してしまった時の対処法

トイレが凍結した場合は、次に紹介する方法で対処しましょう。

・室温を上げる
軽い凍結なら、暖房器具を使って室温を上げるだけで凍結が解消することがあります。

・お湯を少しずつかける
凍結している部分にタオルを巻いて、お湯(45~55度くらい)を少しずつかけてゆっくりと温度を上げていきましょう。この時、絶対に熱湯をかけてはいけません。急激に配管を温めると亀裂が入ったり破裂したりして、水漏れを引き起こすこともあります。

・カイロで温める
給水管の凍結は、カイロで温めることで解消できる場合があります。

・ドライヤーで温める
トイレに電源があればドライヤーを使って温める方法もあります。ただし、温風を近づけすぎると温度が急激に上がってしまうので気をつけましょう。

凍結しないように予防することが大切

トイレが凍結した時の対処法を紹介しましたが、どの方法も完全に解凍するまで時間がかかります。また、方法を間違えると配管を傷めてしまい、さらなるトラブルを引き起こすこともあります。

気温が上がらず、なかなか溶けないこともあるでしょう。凍結するとトイレが使えず不便なだけでなく配管の故障にもつながるので、凍結しないように予防することが大切です。気温が氷点下になる時や長期間留守にする時は、必ず凍結の予防対策を施しましょう。

・水を抜いておく
配管内の水を抜くことで、凍結から守ることができます。水抜きの方法はトイレの機種によって異なるので、説明書をよく読んで確認しましょう。基本的には、給水を止めるために止水栓を閉めて、洗浄レバーを回したりボタンを押したりして水を全て流し切ります。

・ヒーターを使う
ヒーター機能の付いたトイレであれば、水抜きをした後にヒーターを入れて保温しておきましょう。ただ、長期間家を空ける場合は、火災や電気代などの問題からあまりおすすめできません。

・凍結防止剤を流しておく
水抜きをする場合でも、下水からの悪臭や害虫を防ぐために、封水は溜めておいた方が良いです。しかし、封水が凍結した場合、便器にヒビ割れたり破損したりすることもあります。そのため、封水には凍結防止剤を混ぜておきましょう。それほど高いものではないので、凍結が心配な場合は用意しておくと安心です。その他、凍結防止ヒーターを配管に巻き付ける方法もおすすめです。

自分で対処が難しいと思ったらすぐに専門業者に依頼しましょう

トイレの凍結で大切なことは、凍結しないように事前に予防することです。トイレメーカーでも凍結予防対策を紹介していますし、寒冷地ではしっかりと工夫や対策が施されています。

しかし、温暖な地域でも寒波が急に訪れると凍結してしまう可能性はあります。凍結に対して慣れていないと、どう対処したらいいか困ってしまうでしょう。凍結の予防法や対処法を施そうとしても、実際にやってみると難しかったり、不十分だったりすることもあります。そのため、凍結対策に自信のない方は、水道修理業者に相談してみると良いでしょう。

三重県で水道のトラブルでお困りの方は、水道局指定工事店の「みえ水道職人」へご連絡ください。水漏れや詰まりなどあらゆる水回りのトラブルに対応可能で、高い技術力と豊富なノウハウで確実に問題を解決いたします。

修理の受付は24時間年中無休で行っており、経験豊富なプロスタッフが丁寧に対応いたします。四日市市や津市、伊勢市、桑名市、菰野町など三重県内のどこでもスピーディーに駆け付けますので、お気軽にお問い合わせください。

三重のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「みえ水道職人(三重水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

みえ水道職人(三重水道職人) 0120-492-315

みえ水道職人(三重水道職人) 0120-492-315