【水道局指定工事店】三重のトイレつまり・水漏れ修理なら「みえ水道職人」 » トイレに固形物を流してしまった時はどうしたらいいの?自分で修理する方法を紹介

三重 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

トイレに固形物を流してしまった時はどうしたらいいの?自分で修理する方法を紹介

2021年08月25日 トイレのトラブル


「トイレに携帯電話を落としてしまった」「子どもがおもちゃを流してしまった」「胸のポケットからスマホが落ちてしまった」など、思わずトイレに固形物を落してしまうこともあるでしょう。
トイレに固形物を落として取れないからと水に流すと、詰まりを起こし水漏れしてしまうこともあります。

そこで今回は、トイレの便器の中に固形物を落とし、流してしまった時の対処法を紹介します。

固形物による詰まりの修理方法と注意してほしいこと

トレイに固形物を流して詰まりを起こした場合、落とした物が便器の排水口から見える場合と見えない場合では、対処法が異なります。

・直接取り出す
排水口から見える場合は、直接便器内に手を入れて取り出すのが一番の方法です。
落とした物が排水口から見えている場合は、ゴム手袋を着用して取り出しましょう。

手を入れるのに抵抗のある場合は、トングを使っても良いです。
「汚れてしまったからもういらない」と水に流してしまうと、大変なトラブルを引き起こすこともあるので、絶対にやめましょう。

・便器の脱着作業が必要なことも
落とした物を排水口から確認できない場合は、便器内の排水トラップで詰まっている場合が多いです。
水に溶けない物は便器内で自然と溶けることはないので、便器を取り外して落とした物を取り出すことになります。

便器の脱着は、ある程度の修理経験のある人が行い、いくつかの専用工具や部品を用意する必要があります。
修理が難しいと思ったら、迷わず水道修理業者に相談しましょう。

・ラバーカップは使わない
トイレの詰まりを直す道具というと「ラバーカップ」を思い浮かべるかもしれません。
しかし、固形物や水に溶かすことのできない異物に対してラバーカップを使うのはおすすめできません。

ラバーカップを使うことで詰まりや水漏れが改善したとしても、詰まっている物は排水管の奥へと押し込まれてしまうこともあります。
奥で詰まった物を取り出す場合、専門業者に依頼すると高額な修理費用が必要になります。


便器を脱着して取り出す方法

固形物を取り出すために便器を脱着する方法を紹介します。
ただし、修理経験のある人でトイレの構造を十分に把握しており、特別な工具や必要な部品を正しく用意できる人でないとかなり難しい作業になります。
そのことを理解して作業を行ってください。

1.止水栓を閉めます。バケツを用意して、便器とトイレタンクの中に溜まっている水を全て汲み出します。

2.次にタンクから給水管を外しますが、給水管の中にも水が残っていることがあるので注意しましょう。

3.トイレ本体とタンクを固定している密結ボルトを外します。タンクを取り外して、養生シートの上に置いておきます。

4.便器のボルトを外すと、便器を床から外せるようになるので、詰まっている物を取り出します。

5.床フランジのガスケットは一度使用すると粘着力がなくなり、床と便器の間から水漏れが起きることがあります。古いガスケットを取り除いて、新しいものに交換しましょう。

6.トーチバーナーでフランジを設置して、便器がズレないように気をつけながら取り付けます。

7.ボルトをしっかりと締めて便器を固定したら、タンクを取り付けます。この時、密接ボルトやゴム製の排水弁パッキンが経年劣化によって腐食や破損していないか確認して、必要な場合は交換しましょう。

8.タンクと止水栓を繋いでいる給水管を取り付けて、止水栓をゆっくりと開けます。ボルトや接続部分から水漏れしていない確認してください。水が漏れている場合は、給水管を取り付け直す必要があるので、慎重に行いましょう。


トイレの詰まり修理する前に確認しておくこと

固形物の詰まりを自分で修理する前に、確認しておいてほしいことがあります。

・汚れても良い服装で行う
トイレの詰まりを直す作業は、汚水が飛び散ることがあるので、必ず汚れても良い服装を着て、マスクやゴム手袋も着用しましょう。
当然ですが、作業中はトイレが使えないので、ご家族に伝えてから行いましょう。

・信頼できる水道修理業者を見つけておく
便器の脱着作業はある程度の修理経験が必要です。
また、トラブルが起きた時も落ち着いて適切に対応できる知識と技術力が必要です。
また、修理に失敗して自分では対応できなくなった時のために、信頼できる水道修理業者を調べておきましょう。


トイレに固形物を落さないために

携帯電話やスマホなど大切な物をトイレに落とした場合は、なんとか取り出そうとするでしょう。
しかし、おもちゃやハンカチなどを便器に落とした場合は、必要ないからと流してしまう人も少なくないようです。
しかし、便器内の排水経路は狭いので小さい物でも詰まってしまいます。

よくあるケースとして、お子さんがトイレにおもちゃを持ち込み、便器に落として詰まらせてしまうことがあります。
これは、「トイレに物を持ち込まない」「トイレに小物を置かない」などのルールを作っておくことで防ぐことができます。
また、胸ポケットに入れておいた物が、下を向いた時に落ちてしまうこともあります。
このケースも、トイレに行く前にポケットの物を出しておくことで防ぐことができます。


困った時はみえ水道職人にお任せください!

固形物がトイレの奥の方まで流れていってしまった場合は、みえ水道職人にご連絡ください。
24時間体制で電話の受付を行っており、年中無休で修理にお伺いいたします。

四日市市や名張市、鈴鹿市、伊勢市、伊賀市、志摩市など三重県全域の水回りのトラブルに対応いたしております。
水回りのことならどんなことでもお気軽にお問い合わせください。


三重のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「みえ水道職人(三重水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

みえ水道職人(三重水道職人) 0120-492-315

みえ水道職人(三重水道職人) 0120-492-315