【水道局指定工事店】三重のトイレつまり・水漏れ修理なら「みえ水道職人」 » トイレの水漏れによる二次被害を防ぐためにすぐに応急処置を

三重 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

トイレの水漏れによる二次被害を防ぐためにすぐに応急処置を

2021年09月17日 トイレのトラブル


急にトイレから水が漏れてきたら驚いてしまいますが、まずは落ち着いて応急処置をすることが大切です。ここでは、トイレの水漏れが発生したらすぐにやってほしいことや、主な水漏れ原因や対処法を紹介します。また、水漏れを放置することで起こる二次被害についても知っておきましょう。

トイレの水漏れが引き起こす二次被害

トイレから水漏れが起こるとトイレが使えなくなり困ってしまうので、すぐに対応することが大切です。ただ、少しの水漏れだと「これくらいなら放っておいても大丈夫だろう」と放置してしまうかもしれません。しかし、トイレの水漏れは不便になるだけでなく、大きなトラブルに繋がる恐れもあります。それでは、水漏れによって発生する可能性のある二次被害を紹介します。

・床材の劣化
水漏れによって床が濡れると床板が劣化したり、木材が浮いたりしてしまうことがあります。また、床下まで浸水すると、床材が劣化して張り替えが必要な場合もあります。

・漏電
水漏れで家電製品に水が入ると、漏電を起こす危険性があります。家電製品が壊れたり、電気料金が高くなったりするだけでなく、火災や感電などの恐ろしい事故に繋がることがあります。

・カビやダニの繁殖
水漏れが起きると湿気が溜まりやすくなりカビの発生を促します。ダニの繁殖にも繋がり、最悪の場合、壁の張り替えが必要になることもあります。

トイレの水漏れの応急処置

トイレの水漏れを発見したら、二次被害を防ぐためにもすぐに応急処置を行いましょう。まず、電化製品のコードがある場合は、作業を始める前にコンセントから電源プラグを抜いておきましょう。水に濡れると漏電や感電、火災の恐れがあります。

次に、止水栓を閉めます。水を止めずに作業を行うと、水が噴き出してしまうことがあります。止水栓はトイレタンクの後方の壁や床にある家が多いです。タンクレストイレの場合は、便器内に止水栓が収納されていることがあるので、事前に止水栓の位置を確認しておくと、急なトラブルの時に慌てずにすみます。

止水栓を閉めるには、マイナスドライバーを使って時計回り回しましょう。止水栓が固くて回せない場合は、水道の元栓を閉めましょう。

主な水漏れ原因と対処法

トイレの水漏れは、さまざまな原因で引き起こされますが、ここではよくある原因として「トイレタンクからの水漏れ」を取り上げ、原因と対処法を紹介します。

・タンクから水漏れが起きる原因
洗浄レバーをひねって、水を流してからしばらく経っても便器内に水が流れ続ける場合は、トイレタンク内の部品に原因があると考えられます。例えば、ボールタップやフロートバルブの劣化や位置のズレ、フロートバルブのチェーンの絡まり、オーバーフロー管の劣化といった不具合があると水漏れが起きます。

・自分でできる対処法
対処法としては、トイレタンク内のオーバーフロー管を確認して、水位基準よりも高くなっている場合はボールタップが原因、低くなっている場合はフロートバルブが原因だと考えられます。ボールタップやフロートバルブがズレている場合は正常な位置に直し、チェーンが絡んでいる場合は絡まりをほどき、部品に劣化や破損が見られたら新しい部品を用意して交換しましょう。これらの修理は、正しい知識と必要な部品や道具があれば素人でも対応できます。

水漏れが解消しない場合は、オーバーフロー管やトイレタンク自体が原因の可能性があります。オーバーフロー管に劣化や破損が見つかれば交換を、タンク内にある結露を防止する「防露材」に劣化が見られる場合は交換しましょう。また、劣化や破損の症状がひどい場合は、トイレタンク本体を交換する必要があります。

トイレの水漏れを修理する際に必要な部品や便利な道具

水漏れの原因が部品の劣化や破損の場合は、その部品を交換することで水漏れは解消します。また、修理をスムーズに行うには、水漏れ修理に便利な道具を用意してから作業を始めましょう。

・パッキン
蛇口や配管の接続部分の水漏れを防止するために取り付けられている部品です。さまざまな種類があるので、必要なパッキンをよく確認して間違えないように用意しましょう。価格は数百円程度です。

・ボールタップ
トイレタンク内の水位を調整する部品で、重要な役割を担っています。価格は4,000~7,000円くらいです。

・ケレップ(コマパッキン)
ハンドル式の蛇口に使用されている部品で、水漏れを防ぐために取り付けられています。価格は数百円程度です。

・マイナス・プラスドライバー
止水栓を閉めたりネジを回したりする際に使います。

・モンキーレンチ
ナットを緩めたり締めたりする時に使います。価格は1,000円前後です。

・ウォーターポンププライヤー
水道管の修理や点検に適した道具です。小さなものも大きなものもしっかりと掴むことができます。価格は1,000円前後です。

・防水パテやコーキング
便器のヒビ割れを補修する際に使います。ただし、これらの道具で補修してもヒビ割れは進行してしまうので、あくまでも応急処置として使いましょう。

自分で修理できそうにない場合は専門業者に相談

トイレの水漏れが起きた場合、放置すると二次被害を引き起こし大きなトラブルへ発展することがあります。そのため、できるだけ早く応急処置をする必要があります。また、水漏れ修理に関する知識を身につけ必要な部品と道具を用意できれば、自分でも修理することは可能です。

もし自分で修理する自信がなかったり、部品や道具が準備できなかったりする場合は、水道修理業者に連絡しましょう。みえ水道職人は、松阪市や鈴鹿市、四日市市、名張市、伊賀市、伊勢市など三重県内全域を対象としている水道修理業者です。24時間365日修理を受け付けておりますので、緊急の場合もすぐに対応します。迅速、丁寧、確実に問題を解決いたしますので、安心してご連絡ください。

三重のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「みえ水道職人(三重水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

みえ水道職人(三重水道職人) 0120-492-315

みえ水道職人(三重水道職人) 0120-492-315