【水道局指定工事店】三重のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「みえ水道職人」 » 排水栓とは?場所や構造・掃除方法を徹底解説!

三重 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

排水栓とは?場所や構造・掃除方法を徹底解説!

2022年12月27日 水回り


排水栓とは浴槽や洗面台などにある栓のことをいいます。水を溜めるときや排水する際に役立つのです。また溜める水の水量などを調整する役割もあるため、溜めた水が多すぎた場合は、排水栓を開けることで調整が行えます。

また汚れた排水が流れつく場所にあるため、汚れも溜まりやすいといわれています。そこでこの記事では、排水栓の構造や種類・掃除方法などを解説していきます。ぜひ参考にしてください。

排水栓とは?場所と種類をまずは確認


排水栓の場所は、洗面台や浴槽にある栓のことを指します。チェーンの鎖で繋がれたゴム状の栓と、ボタンを押したり引いたりすることで、水を溜めたり排水したりできる栓が代表的です。

はじめに排水栓の仕組みや種類を確認しておきましょう。自宅にあるものがどちらのタイプであるのか、実際に見ておくことも大切です。まずは、仕組みから解説していきます。
排水栓の仕組み
仕組みは、排水するときに水の流れを止めたり流したりする調整器具の役割をもっています。栓の種類はゴムでできているゴム式の排水栓と、レバーで稼働させるポップアップ式が主流になっています。戸建てでは、ポップアップ式が多くみられます。

ゴム栓式排水栓
ゴム栓式は、賃貸物件やホテルでよく見かけるタイプです。チェーンで黒いゴムが繋がれていて、排水口に押し込みフタをする仕組みになっています。パッキンや締め付けネジで、ひとつになっている構造が特徴です。

ポップアップ式
ポップアップ式は、蛇口に備わっているレバーで操作を行います。水流を止めるための皿下には、細かいゴミをキャッチするゴミ受けが付いているのが特徴です。引き棒にワイヤーや棒で固定されていて、開けたり閉めたりの動作を行います。

排水栓を掃除するには?


汚水やゴミが流れやすい場所であるため、栓にはヌメリや髪の毛が絡まり汚れます。そのまま放置すると、悪臭やカビなどつまりの原因にもなるため、定期的な掃除が大切です。ここから簡単にきれいになる方法をご紹介していきます。

ゴム栓式排水栓の掃除
ゴムの性質は、水分が残っているとヌメリが発生しやすくなります。使用したあとは水分をしっかり吸い取って置くようにしましょう。チェーンも水気を取るとサビ防止になります。

スポンジや歯ブラシでこする
まずは、スポンジや使い古した歯ブラシを使い汚れを落としていきましょう。キッチンスポンジのザラついた面でこするだけで、汚れが落とせます。ヌメリが酷い場合は、重曹水につけ置きしてヌメリが落とせます。

漂白剤を使って汚れを除去
何年も掃除をしていない汚れは、固まって頑固な汚れになっています。このような場合には、泡のキッチンハイターや漂白剤のつけ置きなどで対処する方法が有効です。また、10年以上使用しているゴム栓は、新品に変えることも選択肢のひとつです。

ポップアップ式排水栓の掃除
ポップアップ式の栓は掃除できないと思っている人が多いのですが、丸型の栓であれば、簡単に外して掃除することが可能です。網目タイプの受け皿があるので、毛髪や細かなゴミ汚れが溜まっているため、掃除しておきましょう。

上のフタを引き抜き歯ブラシでこする
排水栓の周りに枠が設置されていない栓は、引き抜いて掃除をすることが可能です。まずは、隙間に指や割りばしを使い、栓を引き抜きます。ねじ式の場合、反時計回りにすると外せます。引き抜いたら、使い古した歯ブラシで優しくこすります。

溜まっている髪の毛や汚れを落とす
ヘドロやヌメリなどの汚れが酷い場合は、漂白剤や泡のキッチンハイターでつけ置きして汚れを落とします。排水栓全体に、キッチンハイターなどを塗布したあとに、しばらく放置しておくことがポイントです。

汚れを洗い流しフタをはめ込む
漂白剤をつけて放置した栓を、きれいに洗い流していきます。このときハイターで落ち切らなかった汚れは、水で流しながら再度歯ブラシでこすると簡単に落とすことができます。きれいになったらフタをはめ込み完了です。

排水栓の交換方法


排水栓は使用年数が長くなると劣化してきます。ゴムの場合はすり減って隙間から水が漏れたり、チェーンが切れたりしてきます。ポップアップ式は、ワイヤーやレバーが切れることや、部品が壊れてしまうこともあるのです。

このような場合は、掃除をして汚れを取り除いたとしても不具合がおきており、部品の交換が必要になります。ゴム栓や枠がないものなどは自分で交換が可能であるため、簡単に交換方法をご紹介します。

ゴム栓式排水栓交換方法
ゴム栓はインターネット通販や、ホームセンターなどで手軽に購入できます。チェーンの根元はネジ式になっているため、反時計回りに回すと簡単にとれる仕組みです。排水口のサイズに合わせて購入することがポイントになります。

ポップアップ式排水栓交換方法
ポップアップ式はゴム栓と比較すると多少手間がかかります。パイプだけでなくワイヤーやレバーも外さなくてはなりません。止水栓を止めたあとにレバーと連動しているワイヤーの接続金具や蛇口本体、ワイヤーを外し新しいものと交換する手順です。

排水栓交換の注意点


排水栓を交換するときは、いくつかの注意点があります。いっけん簡単そうにみえるのですが、注意点を確認しておかないと交換できなくなる場合もあります。また、一度開けてしまった部品は返品できないことが多いため注意してください。

特にポップアップ式の栓は自分で交換できないものがあります。取扱説明書などをしっかりと確認して、自分で交換できるものなのかを確認することも重要なポイントです。ではここから3つの注意点をご紹介していきます。

排水口のサイズを確認する
まず大切なのは、排水口のサイズを確認してから購入することです。ネット通販で購入する場合は大きさだけでなく、現在使用しているメーカーの同じ製品を選ぶと失敗がありません。メーカーが違うだけでタイプが違うため注意しておきましょう。

またホームセンターで購入する場合は、現物を持参するのが正解です。種類が多く迷う場合は、現物と同タイプのものをお店の方に探してもらいましょう。ポップアップ式の場合は、排水用のパイプも同時交換になります。

取り付け可能なのもか
現在使用している洗面台で、使用が可能な排水栓であるかも確認しておきましょう。洗面台によっては、専用の排水栓しか対応していないものがあります。折角買ってきたのに、取り付けができなかったというトラブルを防ぎましょう。

ゴム栓の場合は、排水口の大きさと栓の大きさが合えば取付られますが、ポップアップ式は、洗面台や蛇口が対応していないと取付られないという落とし穴があります。事前に洗面台や蛇口に対応しているものかを確認してください。

メーカーや型式に気をつける
洗面台を購入するときに、取扱い説明書や保証書など一式が製品に付いてきます。それを確認できる場合は良いのですが、なかには捨ててしまったり無くしてしまったりする方もいます。

そのような場合は、洗面台の下扉などにメーカーや製品番号が、記載されていないかを確認してみましょう。メーカーや型番が分かれば、取付可能な部品も探しやすく安心です。部品を探す前にはメーカーや型番に気を付けて購入しましょう。

まとめ


排水栓にはいくつか種類があります。自宅にある排水栓はゴム式であるのか、ポップアップ式であるのかをまずは確認しておきましょう。毎日使用する浴槽や洗面台は、髪の毛やゴミなどの汚れが溜まりやすく、放置しておくとつまる原因にもなります。

定期的に掃除をするなどして対策しておきましょう。また汚れが酷い場合には、漂白剤や泡のキッチンハイターできれいにする方法もおすすめです。落ち切らない場合は、歯ブラシなどで軽く擦りましょう。

また排水栓を交換する際には、説明書やメーカー、サイズをよく確認してください。同じメーカーで、いま使用しているタイプと同じものであれば、間違いはありません。

三重のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「みえ水道職人(三重水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

みえ水道職人(三重水道職人) 0120-492-315

みえ水道職人(三重水道職人) 0120-492-315