【水道局指定工事店】三重のトイレつまり・水漏れ修理なら「みえ水道職人」 » お風呂の排水口が詰まったときの対処法

三重 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

お風呂の排水口が詰まったときの対処法

2020年12月31日 つまりのトラブル
三重_7

私たちの疲れを癒してくれるお風呂。
毎日湯船に浸かるのを楽しみにしている人もいるのではないでしょうか。
ところが、お風呂のお湯を抜いたら水が流れずに詰まってしまった、あるいは、水が少ししか排水されなくなった…と言ったトラブルに見舞われることもあります。
この記事ではお風呂の排水口が詰まったときの対処法などをご紹介します。

浴室の排水口が詰まる原因物質

基本的に、排水口が詰まる原因は水に流れない異物が蓄積したことによります。
排水口にはうっかり歯ブラシや歯磨き粉のキャップなどを落としてしまうことがありますが、普通にお風呂を使っているだけでも、詰まりの原因物質が蓄積します。

お風呂の排水口の詰まりの解消法を見る前に、お風呂の詰まりの原因物質を見てみましょう。
主に次の4つがお風呂の詰まりの原因となる物質です。

・髪の毛
・人の皮脂と垢
・洗いカス
・固形物

どれもお風呂ならではの原因物質ではないでしょうか。
まず髪の毛は、排水口の詰まりの代表的な原因になります。
お風呂で髪を洗ってみると、驚くほど髪の毛が抜け落ちていることはないでしょうか。というのも、人の髪の毛は1日に50~100本ほどは抜けているのだそうです。しかも抜けた髪はその場では落ちず、他の毛と一緒に髪の中に残っていることもあります。
髪を洗ってシャワーで流すとそれらの毛も落ちてくるので、排水口は一気に髪で満員状態になります。

大抵のお風呂にはゴミ受けやヘアキャッチャーが設置されているため、大量の髪の毛がすぐに排水管に詰まってしまうことはありません。
ですが、ヘアキャッチャーを掃除していないとヘアキャッチャーに絡まった髪の毛が他のゴミも絡め取ってしまって、頑固な詰まりを発生させてしまいます。

つぎに人の皮脂や垢は目に見えにくいですが、お風呂に入ると汚れとして落ちていきます。
キッチンの排水口に流れた油汚れが蓄積して少しずつ排水管の壁を狭くするように、皮脂や垢もお風呂の排水口にどんどん溜まっていきます。気がついたときには、排水口を詰まらせるほど溜まってしまっていたなんてこともあるかもしれません。

洗いカスとは、石鹸やシャンプーの小さなカスのことです。
お湯と一緒に流れていくぶんには問題ない程度の大きさですが、ヘアキャッチャーなどに絡まっている髪の毛にくっつくと、大きめのドロドロとした塊になります。

また浴室にあるサイズの小さいものは、固形物として排水口を詰まらせてしまう危険性があります。
シャンプーや洗剤などの容器のキャップ、入浴剤の袋を切り取ったときの切れ端がよく詰まりやすいです。
固形物は水に溶けないので、排水管で詰まってしまうと大規模な工事になることもあるため、特に注意しましょう。


お風呂の排水口が詰まる原因物質別対処法

詰まりの原因物質を見て、自分では対処できないのではないか?と感じた人もいるのではないでしょうか。しかし、大抵のものは家庭にある道具を使って除去できます。
先ほどご紹介した原因物質別に対処法を見てみましょう。

・髪の毛
髪の毛は毎日ヘアキャッチャーを掃除していれば、詰まりを予防できます。
もし詰まってしまった場合は、お店で売られているパイプクリーナーを使うと楽に髪の毛を除去できます。髪の毛はタンパク質でできていますから、パイプクリーナーの有効成分で溶かせるからです。商品の説明通りの手順で除去すれば、まず問題ないでしょう。
液体を流した後放置する際、規定の時間以上放置してしまうと、せっかく溶けた汚れが固まってしまうので、時間には注意してください。

・人の皮脂と垢
人の皮脂や垢は弱酸性の汚れに分類されます。ですから、アルカリ性の重曹を使うと簡単に除去できます。
重曹とお酢を2対1の割合で混ぜ、排水口にまんべんなく振りかけてカップ1杯の水を流し、30分ほど放置してシャワーの水で流すだけです。
重曹とお酢が化学反応を起こして泡立ち、付着した汚れを浮かしてくれます。

・洗いカス
石鹸やシャンプーはアルカリ性ですから、酸性の成分がよく効きます。
代表的な成分はクエン酸です。重曹と混ぜて排水口に振りかければ、汚れが浮き上がってきます。クエン酸はドラッグストアで売っていますが、ない場合は前述の重曹とお酢を使ったやり方でも有効です。

・固形物
4種類の詰まりの原因物質の中で、最も慎重に対応するべきなのが、固形物です。
家庭にある道具で固形物を回収するなら、排水口用ラバーカップがおすすめです。排水口にラバーカップをゆっくりと押し当てて、力強く引き上げれば固形物や汚れが吸い上げられます。

お風呂の浴槽の排水口に固形物が詰まった場合は止水栓を止めたりせず、浴槽にラバーカップのゴムが浸るぐらいのかさの水を張った方が吸い上げやすくなります。かえって固形物を奥に押し込んでしまいそうな場合は、自分では触らずに業者に連絡しましょう。


蛇口が詰まってしまったときは?

お風呂の排水口が詰まってしまった際は、さまざまな対処ができます。対処法も普及しているので、既に知っていたテクニックもあったのではないでしょうか。

ところで、お風呂では蛇口の詰まりに悩まされることもあります。いつも通りお風呂にお湯を張っていたら急に水しか出なくなってしまったり、シャワーのお湯の温度にムラがあったりする場合は、蛇口の詰まりを疑いましょう。

では、蛇口の詰まりはどのように解消したらよいのでしょうか。
考えられる原因は蛇口内部の部品の故障やフィルターの目詰まりです。一見問題ないような蛇口でも、蛇口のフィルターにゴミがたまって詰まったり、内部の部品が壊れると温度調節や水量調節ができなくなってしまいます。

また、経年劣化による部品のサビも不調の原因です。家庭の浴室で使われている一般的な蛇口は2ハンドル混合水栓、シングルレバー混合水栓、サーモスタット混合水栓の3つです。
自力で修理する場合、最初に自宅の浴室の蛇口がどの種類なのかを把握しておく必要があります。その後、故障している箇所に目星をつけ、新しい部品を購入して交換するのが蛇口修理の手順です。

しかし、蛇口の修理は排水口の洗浄よりも難しいことが多いです。
蛇口を構成している部品は思いのほか多く、パッキンなども含めると異常部位の特定が困難になるからです。蛇口は消耗品ですから、修理や交換を依頼してもびっくりするような料金はかかりません。業者の手を借りたいと思ったときは、いつでもご相談ください。


水のトラブルはいつでもご相談ください

浴室のトラブルは自力で解消出来るに越したことはありません。
ですが、もし自力で対処できない水のトラブルに遭遇したら、みえ水道職人にお気軽にご連絡ください。津市、鈴鹿市、伊勢市亀山市など三重県全般で水回りのトラブルを解決している水回りのプロです。


三重のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「みえ水道職人(三重水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

みえ水道職人(三重水道職人) 0120-492-315

みえ水道職人(三重水道職人) 0120-492-315