【水道局指定工事店】三重のトイレつまり・水漏れ修理なら「みえ水道職人」 » 詰まりの原因に応じた対処法を

三重 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

詰まりの原因に応じた対処法を

2021年03月25日 つまりのトラブル


トイレ詰まりはうっかりから始まる

故意にアクセサリーを便器に落としたという人はいないでしょう。
固形物に関してはうっかりミスがほとんどであり、詰まりの原因がわからなくて水道修理業者を呼んだら、アクセサリーが出てきたという事例はよくあります。
うっかり落としやすいものにはペン、芳香剤のキャップなどもあります。
メガネやスマホなどは大きいので、流す前に気づく人が大半です。小さなアクセサリーだと、すぐに詰まることはあまりないです。

ただ塵も積もれば山となるという言葉があるように、何度も落としていれば話は違ってきます。
排水管内部にアクセサリーが1つしかない状態と、5つある状態を比較すると、後者のほうが詰まりやすいです。異物同士で固まってしまうと、その部分は水がうまく流れなくなります。
そうした状態で大量のトイレットペーパーが流れてくると、高確率で詰まってしまうのです。


子どもが詰まりの原因を招く?

一人で用を足せるようになったお子さんがトイレを詰まらせたというケースは意外と多いです。
おもちゃを流したことが主な原因であり、これはいたずらで行われています。悪気がないからこそ、何度も流してしまうことがあるのです。
おもちゃ全般は水に溶けないので注意してください。水を吸って膨張するものだと、排水管の故障の原因となりかねません。

おもちゃは大型のものだと便器内で詰まっていることが多いです。
S字になった排水トラップ部分に異物があるなら、便器の脱着をして回収できます。
もっと浅いところにあるなら、手で取り出せることがあります。排水管まで到達していなければ、大抵は便器の取り外しをすれば解決するでしょう。

ただ慣れていないと大変な作業で、便器を壊してしまったり、汚水を撒き散らしたりするリスクがあります。
見えないところまで流れてしまったなら、水道修理業者を呼ぶのが安全です。


たまに水が溢れる場合の原因は?

ほとんどがトイレットペーパーを大量投入したことが原因です。
一般的に女性のほうがトイレットペーパーを大量に使用しますが、男性であってもおしりを拭く回数が多い方だと、詰まりのリスクが高くなります。
排水レバーを引いたときに水位が上昇することが増えてきたら、トイレ自体に問題があるのかもしれません。
トイレには寿命が存在し、一般的に15年を過ぎると故障リスクが高くなります。

以前と同じ使い方をしているのに水が溢れる、詰まるなどのトラブルが増えてきたら、便器自体を交換する時期かもしれません。
最新の便器は渦のパワーを活用し、少量の水で流せる仕組みになっています。
また掃除の利便性を高めるために、便器がシンプルな作りになっている、陶器の汚れを落としやすい、などの特徴があります。


ラバーカップは万能ではありません

ラバーカップはスッポンの名称でも知られており、トイレの詰まりを解消するアイテムです。
ラバーカップは詰まりの原因を何でも取り出せると思われがちですが、もともと排泄物やトイレットペーパーの吸引に特化しています。
それ以外のものでも取り出せる可能性はありますが、高度な技術を必要としますし、排水管に刺激を与えるなどの問題があります。

溶けない異物や固形物を取り出すためにもラバーカップは使えますが、これは水道修理業者によっても判断が異なるポイントです。
取り出せればラッキーですが、排水管を傷めてしまうかもしれません。
そうなればトイレの詰まりを解消する以上のコストがかかるでしょう。
そうした理由から、異物や固形物を流したときはプロを呼ぶのが理想です。


流して大丈夫なものは意外と少ない

流してよいのは排泄物とトイレットペーパーが基本です。
近年は流せるアイテムが登場していますが、古いトイレだと詰まりやすいかもしれません。
排水管に汚れが溜まっていると、管自体が細くなるので詰まりやすいのです。

また経年劣化で水流が弱くなっている場合も要注意です。
ペットの糞は判断が分かれるところですが、なるべく流さないほうがよいでしょう。
たとえば猫であれば毛づくろいをするので、便に体毛が含まれていることが多いです。
体毛は水に溶けませんので、排水管のデコボコした部分に絡みついていく可能性があります。

まだ新しい排水管だと、ツルツルしているので詰まりにくいですが、汚れが溜まってデコボコになると要注意です。
使用済みのタオルも捨てるのは避けるべきで、これも水に溶けないためです。
ティッシュペーパーより詰まるリスクは高く、水を含んで膨張した状態で排水管をふさいでしまうと、パイプ洗浄剤やラバーカップなどでは対処が困難です。

みえ水道職人はお客様から水回りに関するたくさんのご相談をいただいています。
四日市市、津市、鈴鹿市、松阪市といった三重県全域で水回りのサポートに注力しています。
トイレやキッチン、浴室、洗面所の詰まり・水漏れ・修理に対応できますので、お困りの際はみえ水道職人にご連絡ください。


三重のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「みえ水道職人(三重水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

みえ水道職人(三重水道職人) 0120-492-315

みえ水道職人(三重水道職人) 0120-492-315