【水道局指定工事店】三重のトイレつまり・水漏れ修理なら「みえ水道職人」 » 台所の排水口で起こる詰まりやヌメリの原因と対処

三重 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

台所の排水口で起こる詰まりやヌメリの原因と対処

2021年06月18日 キッチンの直し方・メンテナンス


排水口のヌメリや詰まりの原因について

台所は料理するたびに使用するので、汚れが蓄積されやすいです。
とはいえ毎日掃除しているという人はあまり多くないでしょう。
排水口のヌメリは食材のカスや、料理の残飯を放置していることが原因で発生してしまいます。
これらを餌にさまざまな菌が増えてしまい、ヌメリを引き起こします。
炒め物などに使用した少量の油を流すことで、それが蓄積されヌメリを発生させるケースもあるので注意です。

また、排水口が詰まる原因は汚れや食べ物屑の放置です。
ヌメリを放置した結果、排水口が詰まってしまうケースが多いのでヌメリを極力放置しないことを意識してみてください。


排水口を掃除する頻度について

排水口に汚れを溜めないためには、1週間のうちに2回から3回くらい掃除することをおすすめします。
水回りは基本的に汚れやすい箇所なので、すぐに詰まることはありませんがヌメリなどは短いスパンで発生します。

もし詰まりを起こしてしまうと、簡単には解消できず掃除も苦労するでしょう。
時期によっては悪臭を発生させる原因にもなります。
日ごろから小まめに掃除しておくことが大切です。


排水口を掃除する方法について

まずは重曹とクエン酸を使用する方法です。
スポンジなどがあるといいですが、細部まできれいにしたいときには不要な歯ブラシなど用意しましょう。
ゴミ受け皿、ワントラップを外したら重曹とクエン酸を排水管にかけてお湯を注ぎます。
これらは一緒に使用すると化学反応が起こり発泡してきます。
この泡で汚れやヌメリを落とすことになるので、5分ほど放置して待つのがポイントです。
待ち時間に先ほど外したパーツに重曹をかけて磨くことで、効率よく掃除することが可能です。

もし重曹とクエン酸であまり効果を感じられないようであれば、クエン酸をお酢に変えてみましょう。
お酢を36℃から37℃くらいの温度にして、排水管に重曹を振りかけたあとに注ぎます。
クエン酸よりも発泡が強くなるので、頑固な汚れも落とせるでしょう。
お酢を注いだあとは5分から30分程度放置して、熱湯をかけることできれいに汚れを落とせます。

市販されている塩素系漂白剤も汚れ落としに有効です。
スプレータイプであれば部品の全体にかかるように吹きかけて少し待つだけなので、時間に余裕がないときでも手軽に取り組めます。

より入念に汚れを落としたい、除菌したいという場合にはキッチンハイターに浸け置きしましょう。
排水口の汚れがひどいときには、排水管の内部も汚れてしまっている可能性があるので注意が必要です。
排水管に汚れが溜まっていると、悪臭を発生させてしまうこともあり早い段階で対処したいところです。
また排水管でも詰まりが起こることも考えられます。

もし悪臭や水の流れが悪いと感じた際には、パイプクリーナーの使用をおすすめします。
使用方法はパイプクリーナーを排水口に流し込み、60分程度放置したあとお湯で洗い流すだけです。

水道管の詰まりにはピーピースルーという洗剤も有効です。
液体を直接流し込むタイプや温水と合わせて一緒に使用するタイプなど、種類がいくつかあるので使いやすいものを準備しましょう。

ただしこちらはパイプクリーナーとは違い、ホームセンターやドラッグストアでは購入できません。
水道業者の方などが使用している洗剤のため、インターネットでの購入が可能です。
強力な洗剤のため肌に触れないように、使用する際は慎重に取り扱う必要があります。
さらに対象の材質によっては腐食させてしまう可能性もあります。
説明書きなどをしっかりと読み正しい方法で使用することが大切です。


台所の排水口が汚れないための予防策

予防策にはゴミ受け皿に取り付けているネットを定期的に取り換えることが挙げられます。
可能であれば1日に1度取り換えるくらいでも大丈夫です。
夕食で使用した食器を洗うときなどに、ネットを取り換えると安心です。

スーパーなどで水きりネットを購入し使用してみてください。
また、アルミホイルを使用することでも予防になります。
金属イオンが含まれているので、ゴミ受け皿にアルミホイルを丸めて入れておくだけでもヌメリ防止になります。
1週間ほど効果も持続するためコスパも良く、簡単に実施できるので試してみてください。

シンクに汚れのもとになりそうなものを捨てないことを、意識するのも大切です。
たとえば野菜の皮などであれば、皮を剥くときに新聞紙を敷いて作業が終わったら新聞紙にそのままくるんで捨てましょう。
フライパンなどに少量残ってしまった油も少しだからとそのまま流さずに、キッチンペーパーなどで油を吸い取って捨てるなど少しの工夫でヌメリを予防可能です。


台所のトラブルでお困りなら

みえ水道職人は四日市市、津市、亀山市、伊賀市、志摩市など三重県全般で水回りのトラブルを解決している水回りのプロです。

トイレや浴室や洗面所、キッチンでのつまりをはじめ、水回りのトラブルでお困りの際には、ぜひ気軽にみえ水道職人にお問い合わせください。


三重のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「みえ水道職人(三重水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

みえ水道職人(三重水道職人) 0120-492-315

みえ水道職人(三重水道職人) 0120-492-315