【水道局指定工事店】三重のトイレつまり・水漏れ修理なら「みえ水道職人」 » 洗面所トラブルが発生する原因は何?どうやって対処すればいいの?

三重 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

洗面所トラブルが発生する原因は何?どうやって対処すればいいの?

2021年05月05日 洗面所のトラブル


洗面台や排水管の汚れが悪臭を発生させる

洗面所のトラブルは多々ありますが、第一に洗面所の悪臭が挙げられます。この原因は、だいたいが洗面台や排水管の汚れです。洗面台に石鹸カスや歯磨き粉などがついたままで放置していると、カビが繁殖してヌメリとなって悪臭が出る場合があります。さらに、排水管をつなぐゴミ受けに髪の毛やゴミが溜まっていると、そこからヌメリやカビが繁殖して、結果、悪臭が出てしまいます。

このような事態を対処するには、清掃が効果的です。本来、汚れは油汚れなど「酸性」と石鹸カスなどの「アルカリ性」というように、汚れによって性質が異なります。そのため、この性質に合わせた対処を行わなければなりません。

洗面台や排水管汚れの対処法とは

酸性とアルカリ性の汚れを退治するには、両方の汚れに対処できる重曹とクエン酸を使って清掃するのが有効です。水200mlとクエン酸小さじ1杯をスプレーボトルに入れて混ぜたクエン酸スプレーを洗面台に吹きつけて、ラップを2~3分ほどかけます。ラップを取り外すと汚れが浮き上がってきますが、黒ズミが残ることがあります。そこで、重曹を振りかけて水を含ませたスポンジで汚れを取ります。水で洗い流して水気を取れば終わりです。

次に、ゴミ受けや排水口を掃除する場合、ゴミ受けのゴミを取り除き、歯ブラシなどで磨きます。その後、重曹を排水口が覆うくらい振りかけて、クエン酸も同様に振りかけます。そこに水を少しずつ加えるのですが、その際に一気に水を入れてはいけません。そうすると泡が出て汚れが少しずつ取れます。最大20分程度放置したら水を流していき、残った汚れを取れば終わりです。排水管を掃除する場合、液体式のパイプ洗浄液を入れると、ゴミなどの汚れが取れやすくなります。

排水トラップが悪臭の原因かも?

洗面所の悪臭対処法は、悪臭のほかに、詰まり対策としても効果が期待できます。洗面台や排水管が汚れていないにも関わらず悪臭が出るのは、排水トラップの水不足や排水管にサビなどが付着するなどの老朽化が挙げられます。

排水トラップとは、排水管の曲がった部分を指し、下水の臭いや虫等が上がってくるのを防ぎます。普段はそのトラップに水が溜まっていますが、一度に大量の水を流したり、長期間水を流したりしていないと、その水不足が生じます。この場合は、毎日寝る前に水を10秒ほど流すと水が溜まって臭いが解決することがあります。

排水管の老朽化の場合、一般的に交換が望ましいです。自分で行うことは不可能ではないけれど、困難なのはいうまでもありません。その場合、専門の修理会社に委ねるのが無難でしょう。

洗面所にアクセサリーなどを落としてしまった場合の対処法

第二のトラブルは、洗面台にネックレスやピアス等のアクセサリーを落としてしまうことです。これを放置すると、排水口の奥で水の流れが悪くなり、詰まりが発生する可能性があります。さらに、そこからヌメリやカビが繁殖して悪臭などといったトラブルを引き起こすおそれがあります。

確認すべき点は、どこに落ちたかです。ピアスなどのアクセサリーが見えるところにあれば、比較的容易に取り出せます。見えないところにあれば掃除機を使うのも手です。掃除機を排水口の奥に差し込んでスイッチを入れれば、掃除機の吸い込み力で取り出しやすくなります。ただし、排水口に水が溜まっている中で使用すると故障の原因になるので、かなりの注意が必要です。

目に見えず、かなり奥の方にある場合は、排水管を分解することが考えられます。その際は新聞紙を敷き、バケツなど水が入れられる容器を置いて、さらなるトラブルを回避することが大事です。不安がある場合は、修理会社に委ねるのが無難でしょう。

水が濁るのはなぜ?洗面所のどこに問題があるのか解説

第三のトラブルは、洗面所で水を出したら、その水が濁ることです。本来は無色透明ですが、色がついて濁ることがある場合、給水管などに問題があることが多いです。

紅茶のような赤色が出てきた場合は、水道管のサビが疑われます。水道水に使われる塩素は、水道管をサビさせる原因でもあり、長年使っていると水道管にサビがコブのようにできてしまいます。そのサビが剥がれたときに赤色になって流れていきます。対処法としては、しばらく水を出せば解決することが多いです。

白い水が出てくる場合は、気泡か亜鉛が疑われます。気泡の場合はしばらく置くと無色になるので問題はありません。

しかし、放置しても白い場合は給水管の亜鉛メッキ鋼管から亜鉛が溶けだしている可能性があります。この場合、しばらく水を出して透明になれば使用できますが、頻繁に続くようだと交換という選択肢が出てきます。どちらにしても、水を20分以上流し続けると、水道料金が高くなるのはいうまでもありません。
したがって、専門の修理会社に委ねるのがトータルで考えると安くなりやすいです。

洗面所トラブルが解決できないなら、業者に頼ろう

洗面所トラブルの対処法はありますが、困難なことがあります。みえ水道職人では、津市や四日市市、鈴鹿市、松阪市など三重県全般の洗面所トラブルを含めた水回りのトラブルに対応しています。電話後1時間以内に現場に到着して、24時間対応、見積もりが無料なので安心です。三重県の水回りのトラブルはぜひみえ水道職人にお問い合わせください。

三重のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「みえ水道職人(三重水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

みえ水道職人(三重水道職人) 0120-492-315

みえ水道職人(三重水道職人) 0120-492-315