【水道局指定工事店】三重のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「みえ水道職人」 » 水道の蛇口が閉まらない!理由と対処法を解説

三重 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

水道の蛇口が閉まらない!理由と対処法を解説

2022年03月05日 水のトラブル

「蛇口が閉まらない」というトラブルには、なかなか見舞われることではないかもしれません。
しかし、いざそうなってしまえば大きな被害がともないます。

床や壁に水がしみ込んでしまえば、害虫が発生する原因となったり、階下まで水がしたたってしまったりすることも。

水道の蛇口が閉まらなくなる原因を知って、万が一の時に備えましょう。

水道の蛇口が閉まらない時に考えられる原因


生活に欠かすことのできない水道がトラブルに見舞われたら、何とかすぐに対処したいものです。まずは、蛇口が閉まらないときの原因について見ていきましょう。

蛇口が閉まらなくなる原因としては大きく分けて2種類が考えられます。
蛇口を回しても閉まっていかず、くるくると空回りしてしまう場合と、固い蛇口を無理に回して閉まらなくなった場合です。

どちらもほとんどの場合、経年劣化が主な原因です。

蛇口が空回りするときは、ハンドルやパッキンなどの部品が摩耗し機能していないことが考えられます。また、蛇口内部のパーツであるスピンドルや栓の役割をするコマが擦り減っている可能性もあります。

スピンドルはハンドルの回転にそって上下に動き、水量を調節する役割を持っています。これらは部品の破損が主な原因なので、部品を交換すれば改善される場合が多いです。

固くて回らない蛇口は、部品の滑りをよくするためのグリス(潤滑油)が切れてしまっている可能性があります。長年使っている間に、グリスが切れて蛇口の部品が動かなくなってしまうのです。

その他、酸化によるサビが原因で動きが悪くなっている場合も。蛇口はサビにくい素材で作られているものの、長年使用しているとサビが発生することも。さらに、なかにはサビ以外に水道水に含まれるミネラルが結晶化して固まっていることもあります。

蛇口内部にも白い結晶が徐々に溜まって流れが悪くなることがあるので、定期的な掃除を忘れないようにしましょう。固い蛇口を無理に回してしまうと、蛇口が折れて水が噴き出すなど、思わぬトラブルにつながるので注意しなければなりません。

蛇口の寿命は、おおよそ10年といわれています。もちろん使い方や構造によってもだいぶ変わりますが、ひとつの目安として覚えておいてください。

蛇口に不具合が見られたり、修理してもトラブルが続いて起こったりする場合は、蛇口の寿命なのかもしれません。交換やリフォームを検討してみましょう。

水道の蛇口が閉まらないトラブルの対処法


では「水道の蛇口が閉まらない」という事態に直面したとき、どう対処すればよいのでしょうか。

蛇口が閉まらないときの対処法として、まずは止水栓か元栓を閉めて出続けている水を止めることが優先されます。水の元栓は住宅によって異なるので、一度確認しておきましょう。

また元栓を閉めると、住宅内の水道すべてが一時的に止まってしまうことも覚えておきましょう。水が止まったことを確認できたら、状態に合わせて対処しましょう。空回りする場合には、破損した部品を交換しなければなりません。

蛇口の形状には「ハンドルタイプ」と「レバータイプ・サーモスタット混合栓タイプ」の主に2種類があるので、タイプを確認して部品を用意する必要があります。

「ハンドルタイプ」の部品交換は、工具が用意できれば自力での交換が可能ですが「レバータイプ・サーモスタット混合栓タイプ」は、構造が複雑なため自力での交換ではなく、専門業者へ依頼する方が安心です。

固くなってしまった蛇口は、ハンドル部分を取り外して、しっかり洗浄してみましょう。こびりついたミネラルや汚れを除去することで改善される場合も多くあります。

サビが原因だと確認できたら、サビを除去する必要があります。蛇口を分解してサビを取ることは可能ですが、蛇口ごと交換する方が安く済む場合もあるので、サビの具合も考慮しつつ検討してみるとよいでしょう。

またグリスが切れてしまっている場合はグリスを補充すれば改善できますが、適切な場所に塗ることは意外と難しいです。

蛇口を修理する際の注意点


蛇口を修理する際には、作業を始める前に必ず止水栓を閉めましょう。

またハンドルを強く締めすぎると水圧がかかって水道管を傷めることにもつながるので、締めすぎないように注意が必要です。部品を交換する際は必ず規格に合った部品を用意しなければなりません。

購入するときには取り外した部品を持参した方が間違いないでしょう。適合する部品がわからない場合はメーカーに問い合わせて確認してください。

自分で修理をすると、部品選びや作業手順を間違えた時に元に戻せなくなるリスクがともなうことも覚えておきましょう。せっかく修理したつもりが、かえって水漏れを起こしてしまうこともあり得ます。

水漏れは自宅だけでなく他のお宅にも迷惑をかけるなど、大きな被害につながる場合があることも充分に心得ておかなければなりません。

どうしようもなくなってから専門業者に依頼して、思わぬ費用がかかる場合も大いにあり得ます。不安がある場合は、無理に分解や修理をせず専門業者に依頼することも大切です。

また、水道や水栓などの給水装置自体の設置や移設、増設、撤去などは、法律により水道局指定の事業者が行うよう定められています。

自分で違法に給水装置の工事を行うと、水道を止められる他、過料を科せられる場合もあるので、修理するのは蛇口だけに留めましょう。

自力での改善が難しいようなら速やかに修理業者に連絡しよう


水道の蛇口が閉まらなくなったら、まずは自分でできる限りの応急処置をしましょう。水が出続けてしまうのは大きな被害を引き起こす可能性があります。

水を止める対処法を心得ておくと、いざという時に慌てずに済みます。水を止めた上で原因を確認しどのように対処したらいいか判断しましょう。自分で修理をすることは不可能なことではありません。

しかし蛇口の修理や交換をするためには、正しい知識とある程度の技術は必要です。修理の過程も蛇口の種類によっても異なります。もちろん工具も必要となります。単水栓と呼ばれるシンプルな構造の物であれば、部品を交換するだけで、比較的簡単な修理で済む場合もあるでしょう。

混合栓の場合は、構造も複雑で構成される部品の数も多いため、自分で修理することはおすすめできません。修理の費用はどうしても気になるものです。

できるだけ費用を抑えるために自分で修理を試みる方も多いかもしれません。しかし、不安があるのに無理に分解や修理を進めてしまうと、結果として費用が高くついてしまうことや、被害がひどくなってしまうことも考えられます。

一旦は止まったものの、知らない間に水漏れしてしまっていたということがあっては、元も子もありません。少しでも不安がある場合は、専門業者に速やかに連絡しましょう。

専門業者であれば、確実に蛇口や部品の交換を行ってくれますし、周囲を水浸しにして被害をひどくしてしまうこともありません。被害を最小限に留めながら、安心、安全に蛇口を使えるようにすることが最も大切です。

まとめ


水道のトラブルは被害も大きくなりやすいため、日頃から注意が必要です。蛇口が閉まらず水が出続けてしまったら、パニックを起こしてしまうかもしれません。冷静に応急処置ができるよう、止水栓の場所や閉め方を確認しておくとよいでしょう。

トラブルが起きたらまず慌てないことが大切です。対処法を心得ておくことで、大きな被害は回避できます。またいざとなった時に頼れる専門業者も見つけておくことをおすすめします。

三重のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「みえ水道職人(三重水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

みえ水道職人(三重水道職人) 0120-492-315

みえ水道職人(三重水道職人) 0120-492-315