【水道局指定工事店】三重のトイレつまり・水漏れ修理なら「みえ水道職人」 » 洗面所の悪臭はどこからやってくるの?原因別の対策方法をご紹介します

三重 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

洗面所の悪臭はどこからやってくるの?原因別の対策方法をご紹介します

2021年05月06日 洗面所のトラブル


洗面所の悪臭はどこから臭う?場所によって原因が違う

暖かな季節になってくると嫌な悪臭が洗面所付近から漂ってくることがあります。洗面所で発生している悪臭は、まさに排水溝や洗面台下の収納付近から起因しているものが多いです。今回はそれぞれどの部分から漂う臭いかにわけて、臭い対策の方法をご紹介します。

・洗面所の排水溝付近から漂う悪臭
まず、一番に洗面台の上部、つまり洗面台の排水溝付近から臭いが漂う場合は、ゴミ受けが汚れていたり排水管の中にあるトラップの水が不足していたりすることが考えられます。

トラップとは、もともと排水からやってくる虫を防ぐことや下水の臭いが上に上がってこないように排水管の中で水が溜まる構造になっています。洗面所の場合はS字型のトラップになっているケースが多く、封水といってトラップ内に溜まる水によって悪臭が上がってくるのを防いでいます。

長い間転勤や出張などで洗面所を利用していなかったり、水を思いきり勢いよく出しすぎたりすると、このトラップの水が不足して悪臭の原因となってしまいます。トラップの水が不足している場合の対策は簡単で、ある程度水を流しておけば水が溜まるので悪臭を止めることができます。

排水溝には髪の毛などをキャッチするゴミ受けがあり、石鹸カスや歯磨きをしたときにとれた食べ物のカスや髪の毛などが絡まっているはずです。また、ヘアセットの際使う整髪料なども油分として流れていくので、キッチンと同様に油汚れ、そして皮脂汚れなどが流れていきます。このゴミ受けを定期的に掃除しておかないとさまざまな汚れが蓄積していって、ヌメリとなり排水溝にどんどんこびりついていきます。

このヌメリに髪の毛がゴミ受けから抜けていくと詰まりの原因になり、そこから雑菌がさらに繁殖して悪臭が漂ってくるのです。とにかく、ゴミ受けはできるだけ毎日の終わりにでもきれいにしておくと安心です。

・洗面所の収納扉付近からの臭い
洗面所の収納扉付近から悪臭が漂っている場合、まず収納扉を開けて再度確認してみましょう。このときは排水管に異常があるケースがほとんどです。排水管の根元を確認してみると、隙間があるということはないですか。

排水のパイプと床は防臭キャップと呼ばれるパーツ(防臭キャップは防臭パッキンと呼ばれることもある)で、隙間を埋めるように取りつけされています。しかし、洗面の施工の時点で防臭キャップがつけ忘れられていることもまれにありますし、何らかの拍子に隙間ができることがあります。これらの原因で、下水の悪臭が洗面下収納に上がってきてしまうのです。

悪臭を退治!臭う場所の掃除方法を紹介

排水溝と排水パイプでは、臭いの原因が違いました。では、それぞれの対処はどうしていけばいいのか見ていきましょう。

・排水溝の掃除方法とは
排水溝の簡単な掃除方法をご紹介しましょう。洗面所のヌメリや悪臭を防ぐには、重曹とクエン酸を用意しておけばそれだけで十分です。まず、重曹をそのまま排水溝に振りかけてから、クエン酸を上から振りかけます。重曹とクエン酸を振りかけた上で水道水を少し流してみると、化学反応で二酸化炭素の泡が発生します。この泡で排水溝の汚れをきれいに落とすことができます。そのまま30分程度放置しておき、最後に水で洗い流しましょう。

・排水パイプの対処法とは
まず、防臭キャップが取りつけられていないときは、排水管の口径がわかる方であればご自身でホームセンターに行って購入することができます。ただし、サイズを間違えるとハマらない可能性もありますし、隙間ができてしまって悪臭が解決しないこともありますので、口径の測り方などがわからない方はメーカーや業者に尋ねて防臭キャップを取りつけましょう。

防臭キャップが劣化している場合も交換するのがベストです。防臭キャップは、排水管の根元に排水プレートがついていることがほとんどですので、これをまず外してから防臭キャップを取りつけて、また排水プレートを元に戻すだけです。

このほか、パテで隙間を埋めるという方法もあります。隙間の周辺の汚れを雑巾や布できれいに落としてからパテで隙間を埋めるのも有効ですが、見た目の問題と少々手間がかかります。

また、防臭キャップを購入するまでの一時しのぎで悪臭を防ぎたいという方は、補修テープを用意して対応するのも良いでしょう。洗面所は水まわりなので耐水性のある補修テープをホームセンターで購入しましょう。隙間のある箇所にテープを直接貼りつけるので、まずはいらない布や雑巾を使ってホコリやゴミ、汚れをきれいにします。その後、排水管と床にできた隙間にテープを貼りつけて埋めましょう。

それでもなかなか臭いが解決しない場合は、排水管や配管に損傷が見られるようなケースがあります。このようなときは専門の業者に依頼して対応してもらうようにしましょう。

洗面所などの水トラブルはみえ水道職人へ

みえ水道職人は、四日市市、名張市、志摩市、亀山市、いなべ市、鳥羽市、尾鷲市、熊野市などの三重県全域における水回りトラブルをサポートさせて頂いております。いつでも年中無休で、深夜・早朝もかまいません。

お困りごとがあった際にはすぐに電話で対応し、ご都合のいいお時間に伺ってトラブル対応をさせて頂くことができます。見積もりは無料ですので、お気軽にご相談ください。

三重のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「みえ水道職人(三重水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

みえ水道職人(三重水道職人) 0120-492-315

みえ水道職人(三重水道職人) 0120-492-315