三重のトイレつまり・水漏れ修理なら「みえ水道職人」 » キッチンの排水口が詰まったら…  詰まりを防ぐ効果的な方法

三重 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

キッチンの排水口が詰まったら…  詰まりを防ぐ効果的な方法

2020年12月31日 キッチンのトラブル
三重_6

家で食事をするのに欠かせないキッチンですが、シンクの排水口が詰まってしまうことがあります。排水口が詰まると水が流れにくくなるだけではなく、ヌメリや悪臭が発生するので大変に不快です。

また、ひどい詰まりになると業者を呼んで修理を依頼する事態にもなりかねません。この記事ではキッチンの排水口が詰まらないように、予防する方法をご紹介します。

キッチンの排水口の油汚れを除去する方法

キッチンの排水口が詰まってしまう大きな原因は、油汚れです。
使用済みの油をそのまま排水口に流してしまう人はまずいないと思いますが、油汚れは意外なところに付着しています。使用済みの食器、調理道具にも油汚れがついているので、スポンジと洗剤でキレイにするたびに排水口に油分が流れ込んでしまうのです。

排水口の先には排水管があります。油汚れの厄介なところは、排水管を通るうちに排水管の壁に少しずつ蓄積していくところです。不健康な血管のようにだんだん排水管の壁が厚くなって、中を通る水の流れが悪くなってしまいます。

キッチンのシンク自体はキレイにしていても、油汚れは取りにくいので、油汚れ用のお掃除が必要です。
ここからは、家庭でも簡単にできる軽い油汚れの落とし方を紹介します。

・お湯で流す
・液体パイプクリーナーで流す
・排水口用ラバーカップで押し引きする

軽い油汚れは熱や薬品、水圧で剥がれていきますので、大掛かりなことをしなくても、ご家庭にある道具で対処できます。
最もリーズナブルで環境にも優しい方法は、お湯で流すことです。キッチンの油汚れは熱で柔らかくなりますので、お湯を流すだけでも効果があります。

ここで気をつけたいのがお湯の温度です。排水管は熱湯に耐えられるような素材でできていません。熱湯を真空に流すと、排水管自体を傷めてしまう可能性があるので注意してください。お湯を少し冷ましたり、水道水と混ぜてから流すようにしましょう。60℃程度のお湯であれば、十分に油汚れを取り除くことができます。
油汚れだけではなく、排水口の奥に潜むコバエなども駆除できますので、台所の排水口には少し冷ましたお湯を流してみましょう。

このほか、液体パイプクリーナーも有効です。
パイプユニッシュなどの市販品を手に入れたら、説明通りの量をキッチンの排水口に注ぎましょう。指定時間放置し、大量の水を流したら掃除完了です。重曹とお酢を使っても同様の効果がありますが、面倒だと思う人は市販品を購入した方が早いかもしれません。

最後は、排水口用ラバーカップを使った方法です。油汚れが排水管にある程度詰まってしまっているケースに役立ちます。
使い方は、ゴミ受けカゴや排水口の蓋を取り外した後、排水管に直接当ててラバーカップを上下させるだけです。ラバーカップを押し付けるときはゆっくり、引き上げる際は力を入れて行うようにしましょう。ラバーカップの圧力によって詰まっていたものが吸い上げられたり、移動するので詰まりが解消されます。

ところで、ラバーカップといえばトイレのスッポンを思い浮かべる人も多いでしょう。ですが排水口の詰まりを解消する際は、和式と呼ばれるタイプのものを使わないと効果がありません。ラバーカップを購入する際に、参考にしてみてください。


食べ物屑を除去する方法

キッチンの排水口が詰まる原因として油汚れの次に多いのが、食べ物屑によるものです。
野菜の皮や種がこぼれ落ちて排水口にたまってしまうことがよくあります。その多くはゴミ受けカゴで受け止められますが、ゴミ受けカゴ自体が食べ物屑をため込んで排水口を詰まらせてしまうケースも少なくありません。
食べ物屑を効果的に除去するために、次の2つを試してみてください。

1.ゴミ受けカゴの掃除
ゴミ受けカゴには、食べ物屑がたまりやすいです。
ヌメリの発生、食中毒の原因にもなりますので、まずはゴミ受けカゴを掃除しましょう。ゴミ受けカゴの場所は、排水口カバーの中です。排水口についているカバーを取り外し、ゴミ受けカゴを取り出して水洗いします。直接触るのが気持ち悪い場合は、ゴム手袋をはめましょう。

軽く水洗いしても取れないような汚れには、スポンジや歯ブラシを使います。ゴミ受けのカゴ全体がヌメってしまっているような場合は、スポンジに洗剤をつけて洗えば効率的です。

ゴミ受けカゴの小さな穴に食べ物屑が詰まっているなら、歯ブラシで擦り落とします。 ゴミ受けカゴを掃除した後は、ついでにゴミ受けカゴの下にあるワントラップも掃除しておくと、詰まり予防になります。左に回すとワントラップにかかっているロックが外れるので、ヌメリが気になる部分などをキレイにします。

なお、ワントラップを外すと奥にある排水管がむき出しになります。この中に歯ブラシや洗剤のキャップなどを落としてしまうと、詰まってしまいます。ですから、心配な人は排水管の口をラップで塞いで輪ゴムで止めるなどの対策をしておきましょう。

2.排水口ネットの取り替え
排水口ネットは排水口に取り付ける袋状のグッズです。
排水口ネットをゴミ受けカゴに取り付けておくと、中にたまった食べ物屑を除去しやすくなりますし、掃除がネットの交換だけで済むので、自分の手で直接ゴミ受けカゴを触らずに排水口をキレイにできます。

排水口ネットはこまめに交換するようにしましょう。排水口ネットはホームセンターや100円均一で手に入ります。購入する際は自宅のゴミ受けカゴの大きさを確認し、合ったサイズのものを選んでください。


固形物による詰まりを予防する方法

排水溝を詰まらせてしまう原因のうち、最も厄介なのが固形物です。
油汚れなどは固形になっても薬品やお湯で流せるのですが、金属製のフォークやスプーン、歯ブラシ、歯磨き粉のキャップなどが排水管に落ちると、取り出すのが難しくなります。

また、食器洗いの際に指輪が抜け落ちてしまうこともあります。排水口には、水に流れないものを落としてしまわないように気をつけましょう。とはいえ、キッチンの排水口にはカバーやゴミ受けカゴが付属していますので、排水管がむき出しになっていない限り、固形物が落ちることはめったにありません。

先ほどご紹介したように、排水管は排水口の掃除をしているときに露出します。排水管がむき出しになっているときは、まわりに落ちそうな固形物がないかどうかチェックしてください。


お気軽にご連絡ください

排水口の詰まりは、ご紹介したような方法で予防できます。しかし、自力で対処できない水のトラブルに遭遇したら、できるだけ早く専門業者にご連絡ください。

みえ水道職人は鈴鹿市、四日市市、桑名市、伊賀市など三重県全般で水回りのトラブルを解決している水回りのプロです。ぜひ、お気軽にお問い合わせください。


三重のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「みえ水道職人(三重水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

みえ水道職人(三重水道職人) 0120-492-315

みえ水道職人(三重水道職人) 0120-492-315