【水道局指定工事店】三重のトイレつまり・水漏れ修理なら「みえ水道職人」 » 台所を詰まらせないために!油の正しい処理方法を紹介します

三重 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

台所を詰まらせないために!油の正しい処理方法を紹介します

2021年06月21日 キッチンの直し方・メンテナンス


あなたは調理で使った油の処理をどうしていますか?油を正しく処理せずに、そのまま排水口に流していると、油汚れが排水管の中で固まり詰まってしまうことがあります。

そこで今回は、油の正しい処理方法を紹介します。また、油を流したことにより詰まらせてしまった場合の対処法も紹介するので、万が一に備えてよく確認しておいてください。

なぜ油を排水口に流してはいけないの?

油を排水口に流すと、さまざまなトラブルの原因となります。

・詰まりや悪臭のリスクを高める
油は温度が低くなると固まるので、調理中に出た油を排水口に流すと、排水管内で固まり蓄積してしまいます。そのまま放置すると悪臭が発生して、部屋中に嫌な臭いが漏れてしまうこともあります。シンクの水が流れにくかったり、悪臭がしてきたりする場合は、油汚れが蓄積している可能性があるので、悪化させないためにできるだけ早く対処する必要があります。

・水漏れを起こすこともある
調理して高温になった油を排水口に流すと、排水管が油の熱に耐えられず、破れてしまうことがあります。そして、破れた部分から水が漏れてしまうこともあります。油だけでなく、熱湯も流さないように気をつけましょう。

油の正しい処理方法

トラブルを防ぐために、調理中に出た油は正しい方法で処理しましょう。

・キッチンペーパーで拭き取る
炒め物をした後のように少量の油が残った場合は、キッチンペーパーで拭き取ってから捨てましょう。フライパンが熱い状態だと火傷の心配があるので、しっかり冷めてから行ってください。また、いらなくなった新聞紙を使っても良いです。

・牛乳パックに入れる
揚げ物に使った多めの油を処理する場合は、牛乳パックに入れて捨てましょう。方法は、キッチンペーパーや新聞紙に水を含ませて牛乳パックの中に入れ、そこへ冷めた油を流し入れます。そして、牛乳パックの口をガムテープでしっかりと閉じて捨てます。牛乳パックに入れる紙を水で濡らさないと自然発火の恐れがあるので、必ず水を染み込ませてから油を流しましょう。

・市販の油処理剤を利用する
ドラッグストアに行くとさまざまな油処理剤が販売されています。それらを使うと簡単で便利に処理できます。凝固剤の場合は、高温の油に凝固剤を入れて1時間ほど放置すると固まるので、そのまま可燃ごみとして処理することができます。

・小麦粉や片栗粉で固める
凝固剤の代わりに小麦粉や片栗粉で固めることもできます。油と同じくらいの量の小麦粉や片栗粉を油と混ぜ合わせて固め、ビニール袋に入れて可燃ゴミとして処理しましょう。ただ、市販の凝固剤のようにしっかりと固まるわけではなく、ドロッとした状態になるので、少し扱いにくいかもしれません。また、油の量に合わせて大量の小麦粉や片栗粉が必要になるので、油処理用に消費期限の切れた粉類を取っておくと良いでしょう。

油汚れで詰まりを起こしてしまった場合の対処法

油を排水口に流して詰まらせてしまった場合は、以下の方法で対処してください。

・お湯とタオルを使う
固まった油汚れは、熱を加えると柔らかくなり流れやすくなるので、お湯を一気に流して対処しましょう。

1.排水口カバーやゴミ受け、排水トラップを外します。
2.排水トラップの中にタオルを隙間なく詰めます。
3.シンクの1/4~半分の量の50~60度のお湯をためます。
4.タオルを一気に引き抜きます。
5.詰まりが解消されて水が流れていったら、取り外した部品を元に戻します。

・液体パイプクリーナーで溶かす
軽度の詰まりであれば、液体パイプクリーナーを使って掃除することで、詰まりが解消することがあります。油汚れには、「水酸化ナトリウム」の濃度が高い洗剤を選ぶと効果的です。ただし、液体パイプクリーナーは刺激が強いので、マスクやゴム手袋、メガネなどでしっかり保護してから使いましょう。また、臭いが強くて気分が悪くなる場合もあるので、換気も十分に行ってください。それでは、液体パイプクリーナーの使い方を確認しましょう。

1.排水口の部品を取り外して、排水口の中に液体パイプクリーナーを注ぎ入れます。
2.15~30分くらい放置し、洗剤や汚れが残らないように水を勢いよく流します。
3.水がスムーズに流れるようになったら完了です。改善が見られない場合は、再び液体パイプクリーナーを使いましょう。

なお、洗剤の分量や放置する時間は、商品のボトルに表示されている説明の指示に従ってください。

詰まりが直らない場合は専門業者に相談

調理で余った油の処理方法や、油汚れが排水管の中で詰まった時の対処法について紹介しました。普段から油を流さないように気をつけることで、詰まりを防ぐことができます。

しかし、台所の排水口には、油汚れだけでなく食材カスや石鹸カスなども流れていきます。また、排水口の掃除をしている時に、スプーンやフォークを誤って落としてしまうこともあるかもしれません。詰まりの原因によっては、素人が自分で対処するのが難しいこともあるので、困った時は水道修理業者に相談しましょう。

みえ水道職人は津市や四日市市、松阪市、熊野市など三重県全域に対応している水道修理業者です。24時間年中無休で電話受付を行っており、出張のお見積りも無料です。水回りのお困りごとをスピーディーに解決いたしますので、三重県にお住まいの方は、ぜひ、みえ水道職人にご相談ください。

三重のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「みえ水道職人(三重水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

みえ水道職人(三重水道職人) 0120-492-315

みえ水道職人(三重水道職人) 0120-492-315