【水道局指定工事店】三重のトイレつまり・水漏れ修理なら「みえ水道職人」 » 台所の蛇口を交換したいときは?

三重 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

台所の蛇口を交換したいときは?

2021年06月29日 キッチンの直し方・メンテナンス


老朽化や、破損によって蛇口や水栓、水道管を交換したいときは、サイズや水の濁りに注意しましょう。台所の水は手洗いだけでなく、食器の洗浄や、食材の水洗い、飲料水として口に入ります。そのため、水が濁っていると不安になるでしょう。

安心しても大丈夫な濁りと、注意すべき濁りをご紹介します。また水漏れや、水道管の故障した場合の対処法も合わせてチェックしましょう。

白い濁りは空気によるもの

蛇口を捻り、出てきた水が白く濁っていることは少なくありません。これは水の中に、多くの空気が含まれており、白く濁って見えるだけです。お湯を出している際に見られる現象で、寒い時期によく発生します。気泡が水の中で弾けているだけなので、口に入れても問題ありません。

白い濁りがおさまらないとき

上記のように気泡が原因で白く濁っている場合は、流水を続けていると、次第に透明に変化します。透明になれば問題ありませんが、もし流水を続けても白く濁っている場合は注意が必要です。水道管が老朽化している可能性があります。

老朽化が原因で白く濁っている場合は、鉄と亜鉛が水に溶け出しています。口に入れても、健康に害が及ぶことはありません。しかし、臭いがするため、飲むのは控え水道管を交換したほうがよいでしょう。

赤茶色の水が出るとき

近所で水道工事が行われていると、稀に水道管に泥が紛れ込み、赤茶色の水が供給されることがあります。この場合は、一時的なものなので流水を続けていれば、透明な水が出てくるでしょう。

しかし、水道管内、あるいは貯水タンクにサビが発生するなど、問題が起こっている場合、赤茶色の水は止まりません。水の色が透明に戻らないときは、管理会社に相談しましょう。戸建ての場合は、最寄りの水道局に連絡してください。

水栓を交換したいときは

台所で水漏れしやすい場所のひとつに、水栓からの水漏れが挙げられるでしょう。交換作業を行うときは、水道の元栓を閉めてください。このとき、家全体の給水がストップするため注意しましょう。

台所の水栓の多くはレバー式水栓です。レバー式水栓は上下左右に可動して、温度設定もレバーのみでコントロールできます。このタイプの交換は純正品で行ってください。メーカーや型番が違うと、正しく作動せず、水漏れが直らない場合があります。どのようなタイプでも、メーカーを合わせたほうがよいでしょう。

一番交換が楽なのはハンドル式水栓

古い物件に多いハンドル式水栓は、水とお湯でバルブが分かれており、手元で温度調節が必要になります。このタイプはビスを締め直すか、交換で水漏れを直せるでしょう。ハンドル自体を交換したい場合でも、ビスを外すだけで簡単に交換できます。

しかし、古いものが多いため、同じ型番のものが生産終了している可能性があります。メーカーに問い合わせて、相談してください。ハンドル式水栓の水漏れの多くは、ナットの緩みが原因です。ナットを締め直しても水漏れが続く場合は、水道業者に連絡しましょう。

水道管の故障は放置しないでください

水道管が故障すると、最悪の場合、他の部屋に漏水し、修繕費用を支払うことになってしまいます。また漏れ出した水は、床材の腐敗や、カビの原因になります。身に覚えのない水たまりができているときは、多くの場合シンクの下の水道管が故障しているでしょう。水道管から漏れ出た水は、日々の油汚れや食べ物屑などで衛生的ではありません。応急処置を行う際は、手袋の着用をおすすめします。

水漏れを発見次第、水分を拭き取り、新聞紙などで床を保護してください。そして、水道管のどこから水漏れが起こっているか確認をして対応しましょう。排水トラップのパッキンなどに異常が発生し、水漏れした場合は、大量に水が流れ出ますが一時的です。新たに給水しなければ、水漏れの被害は広がりません。ナットを締め直すか、パッキンを交換して修理してください。

自力で修理は難しい水漏れとは

排水管と床下排水のつなぎ目から水漏れが発生している場合、自力での修理交換は難しいでしょう。ここからの水漏れは、詰まりによる水の逆流が原因で、高圧洗浄が必要の可能性があります。詰まっている箇所の特定ができた場合は、シンクの止水栓を閉め、詰まりを解消させてから修理しましょう。詰まり箇所が特定できない場合は、水道業者に依頼をしてください。

水道業者に依頼するときは、修理相場を確認するため、少なくても3社に見積もりを出してもらいましょう。このとき、見積もりと出張費が無料の業者に連絡するといいです。賃貸の場合、自分や業者に依頼し修理する前に、必ず管理会社、あるいは大家さんに連絡してください。自己判断で修理を行ってしまうと、退去時のトラブルにつながる可能性があります。

みえ水道職人は水トラブルのプロ集団です!

みえ水道職人は四日市市、津市、鈴鹿市、松坂市、桑名市、伊勢市、亀山市、志摩市など三重県全般で水回りのトラブルを解決している水回りのプロです。トイレや浴室や洗面所、キッチンでのつまりをはじめ、水回りのトラブルでお困りの際には、ぜひ気軽にみえ水道職人にお問い合わせください。

三重のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「みえ水道職人(三重水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

みえ水道職人(三重水道職人) 0120-492-315

みえ水道職人(三重水道職人) 0120-492-315