【水道局指定工事店】三重のトイレつまり・水漏れ修理なら「みえ水道職人」 » 台所(キッチン)が水漏れを起こしている場合の修理や交換方法について紹介します

三重 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

台所(キッチン)が水漏れを起こしている場合の修理や交換方法について紹介します

2021年06月29日 キッチンのトラブル


台所(キッチン)が水浸しになっても慌てずに!

台所(キッチン)の水漏れなどは、排水口を定期的に掃除したり、ゴムパッキンが劣化しないようにしたりすることで防ぐことが可能です。しかし、シンク周りは使用頻度が高いため、毎日掃除をしていても劣化によって水浸しになることもあります。ここでは、台所(キッチン)の水漏れの原因や対処法についてご紹介します。

台所(キッチン)の水漏れの原因

台所(キッチン)の水漏れに対処するには、まず原因を知ることが重要です。原因がわかっていないと、間違った対処をしてしまう可能性があります。たとえば、シンクが破損しているのに排水トラップのゴムパッキンを交換しても、水漏れは解決できません。適切な対処をするためにも、まずは原因を把握しておきましょう。

・排水トラップのゴムパッキンの劣化
排水トラップとは、シンクと配管を繋がいでる部分のパーツです。排水トラップには、接続部分にゴムパッキンが取り付けられています。このゴムパッキンの寿命は平均して10年から15年と言われており、長く使っている場合は劣化している可能性が高いです。

破損していなければ水浸しになるほどの水漏れは起こりませんが、それでも漏れてはいるので、溜まりに溜まって気がつかない間に水浸しになることがあります。また、熱いお湯を頻繁に流していると劣化が早まるので注意しましょう。

・排水ホースの破損
排水ホースはビニール製であり、寿命も10年ほどです。また、シンク下に包丁やハサミなどを収納している場合は、取り出したりしまったりするときに刃先が触れて切れてしまうこともあります。排水ホースは水が流れる部分ですから、これが破損すると水を流すたびに水が漏れてしまいます。ゴムパッキンと同じく高熱には弱いため、掃除などで頻繁に熱いお湯を流している場合は、排水ホースが破損していないかチェックしてみてください。

・シンクの破損
あまり起こることではありませんが、シンクがなんらかの原因で破損することも水漏れの原因になります。シンクはパッキンやホースよりも耐久性がありますが、それでも劣化します。重たい調理器具を使っている場合は特に負担が大きくなるため破損しやすくなることがあります。シンクが壊れてしまった場合は、自分で交換するのは難しいので、プロに修理を依頼しましょう。

・排水パイプの劣化
排水パイプは、排水トラップと排水管を繋がている部分で、塩ビ管でできています。塩ビ管なので排水ホースのように簡単に傷つくことはありませんが、経年劣化により水漏れが生じることがあります。また、ナットが緩んでいる場合もあるので一度チェックしてみてください。

台所(キッチン)で水漏れが起きたときの対処方法

水漏れの原因がわかったら、次は原因に合わせて対処してください。ここでは、上記の原因に適した対処法をご紹介します。

・ゴムパッキンや排水ホースの劣化は交換しよう
排水トラップのゴムパッキンや排水ホースの劣化や破損が原因であれば、自分で交換することができます。排水トラップは2ヶ所のナットで繋がっているので、このナットを反時計回りではずし、シンクの上から持ちあげて排水トラップを取りはずします。トラップをはずすとパッキンが見えるので、これを新しいパッキンに付け替えてください。

排水ホースの交換では、まず床の排水プレートをはずすと見える防臭ゴムを取りはずします。すると、排水ホースが差し込まれている塩ビ管が見えるので、ホースを引き抜いてください。次にホースとシンクを繋いでいるナットを取り外し、ホースをはずします。新しいホースを塩ビ管に繋ぎ、防臭ゴムと排水プレートを装着し、最後にシンクにホースを繋いでナットを締めたら完了です。

・シンクの破損はパテで応急処置をする
シンクが破損した場合は、専門業者に交換してもらうしかありません。しかし、タイミングによってはすぐに交換できないこともあるので、その場合はパテを使って応急処置を施しましょう。

シンクの穴は、ネットショップやホームセンターで売られている水回り用のパテで埋めることができます。パテはシンク下から埋めて、しっかり固まるまで待ちましょう。固まった後、防水テープを貼り付けておくことで、水漏れを防げます。この方法はあくまでも応急処置なので、なるべく早く専門業者に確認してもらってください。

・排水パイプはパッキンを付け替える
排水パイプからの水漏れの多くはパッキンの劣化であり、すなわち付け替えることで対処が可能です。ナットの部分を反時計回りに回して取りはずすと黒いパッキンが出てくるので、新しいものに交換します。取り換えても水漏れが直らない場合は、ほかの繋ぎ目のナットを締めてみてください。それでも直らないようであれば、専門業者に見てもらいましょう。

台所(キッチン)の水漏れはみえ水道職人にお任せください

原因によってですが、水漏れは自分で修理することが可能です。しかし、ある程度の知識や技術がないと、シンクの破損や排水トラップの詰まりなどは直せません。自己流で対処をしてしまうと、いつの間にか水浸しなんてことにもなりかねないのです。

専門業者が必要な際は、ぜひみえ水道職人に相談してください。津市や四日市市、鈴鹿市、名張市、いなべ市など三重県のさまざまなエリアで水回りのトラブルを解決しているみえ水道職人は、24時間対応・年中無休・見積もり無料ですぐにお客様のところに駆けつけます。

三重のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「みえ水道職人(三重水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

みえ水道職人(三重水道職人) 0120-492-315

みえ水道職人(三重水道職人) 0120-492-315