【水道局指定工事店】三重のトイレつまり・水漏れ修理なら「みえ水道職人」 » 水漏れで床がびしょびしょ、そんな時にできる事

三重 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

水漏れで床がびしょびしょ、そんな時にできる事

2021年08月04日 水漏れトラブル


床が水浸しになる原因は?

フローリング、畳、タイル、プラスチックなど床にはさまざまな種類がありますが、お風呂場のように普段から水浸しになることを想定している場所以外の床にとって、水浸しになることは大変危険です。多少水をこぼした程度であれば雑巾やタオルで拭くだけで問題はありませんが、水量が多い場合は専門的な対応が必要になります。

一体どのような事が起これば床がそれほど水浸しになるのでしょうか。主な原因を順番に見ていきましょう。

・蛇口や給水管の故障
洗面台やお風呂、キッチンといった水場の蛇口が故障して水が止まらなくなった場合、その水量が排水量を超えてしまうと水が溢れ床は水浸しになります。特に蛇口のハンドル部より取水口に近いほうが破損すると、止水栓や元栓を閉めなければ水が止まらなくなってしまいます。普段から水漏れの有無と、部品が劣化していないかを確認するようにしましょう。水を使う家電を動かす際は給水管が外れて破損することがあるので、使用前にしっかりと確認を行いましょう。

・排水ホースの破損やズレ
使用後の水を排水管まで流す排水ホースが破損していると、収納部などの目に見えにくい部分で水漏れが発生し、いつの間にか床がびしょびしょになっているというケースも多く見られます。また、排水管とホースの接続が外れている場合も水がうまく流れず床の近くに漏れ出すことがあります。

使用した水だけが流れていくので給水部のトラブルに比べ水量は少ない傾向が多いですが、汚れた水が流れていくので衛生面では特に注意が必要です。また、洗濯機のように大量に水を使用する一方で目視による確認を行わないような家電では、トラブルの発見が遅れ大きな被害が出ることもあります。

・家電製品やタンクの破損
水を使う家電本体や、そのタンク部分が破損していた場合も水漏れが発生します。家電の真下から水漏れが発生していた場合は発見が遅れ、電気給湯器など扱う水量が大きいものは被害が大きくなる傾向があるので注意が必要です。また、便器や浴槽が破損した場合も、床付近や床下での水漏れが発生します。

・排水口やトイレの詰まり
お風呂の排水口やトイレが詰まった場合、水が逆流して床上に水が溢れることがあります。普段から詰まりを発生しないようにメンテナンスを行うこと、詰まりが発生したら水を流さないことが重要です。

・給水管や排水管の破損
給水管や排水管が破損した場合も深刻な水漏れが発生します。特に床下や壁の中にある配管で水漏れが発生した場合は、すぐに発見するのが困難です。水道料金や水道メーターの回転、悪臭といった異常の兆候を見逃さないことが重要です。配管の破損は詰まりや凍結、施工不良などで発生する可能性があります。

床が濡れるとどうなる?

床が大量の水で濡れた場合、最初に発生するのは床材の劣化です。濡れたものを放置しておくとカビの繁殖や変形を引き起こすので、畳やフローリングの張り替えが必要になります。

水漏れが床下にまで及んでいた場合は木材を腐らせ鉄筋を腐食するなど、建材に大きな被害を与える可能性があります。また、水漏れが長期化し床下の湿度が高まると、シロアリを始めとする虫の増殖を引き起こすことも考えられるのです。

そして水漏れが2階以上で発生した場合は、階下でも大きな被害が発生します。天井からの水漏れ、壁紙や家具の水濡れ被害、電気設備の故障などが発生する可能があるので迅速な対応が必要です。アパートやマンションといった賃貸の場合は、被害の程度によって損害賠償が発生する可能性もあります、

床が水浸しになったらどうすればいい?

何らかの原因で床が水浸しになってしまった場合、最初に行うのはこれ以上の被害拡大を防ぐことです。蛇口や給水部が原因の場合は速やかに止水栓、あるいは元栓を閉めて水の流出を止めましょう。排水部や家電、設備が原因の場合はすぐに使用をやめ、それ以上水を流さないようにします。

次に水道業者に連絡し、被害の調査と修繕を依頼してください。賃貸の場合は管理業者や大家さんに連絡をします。水漏れ箇所によっては水道業者だけでなく電気業者、建築業者にも調査を依頼しましょう。

その後、床上の水の拭き取りや汲み取り、家財の移動などを行います。そして被害の程度に応じて修繕やハウスクリーニング、リフォームといった対処を行うことになります。他の家に被害が及んだ場合は早い段階でお詫びに行くことも重要です。

賃貸の水漏れで損害賠償が発生した場合は、個人賠償責任保険や借家人賠償責任保険の支払いを受けられる場合があります。自身が加入している保険の内容を確認し、必要に応じて連絡を行いましょう。この際、専門業者から調査結果を書類で受け取っておくと、支払いがスムーズに進みます。家電の初期不良や施工不良が原因だった場合はメーカーや施工業者からサポートを受けられる場合もあるので、こちらも忘れずに確認しましょう。

もし他の家から水漏れ被害を受けた時は?

ではアパートやマンションなどの賃貸住宅で自身が他の家からの水漏れ被害にあった場合はどうすればいいのでしょうか。最初に行うのは原因となる入居者に連絡を取り、水漏れを止める処置をお願いすることです。同時に管理会社や大家さんにも連絡を行います。その後は発生した被害が保険の補償対象となるかどうかを確認しましょう。

補償が行われない場合は各種専門業者に調査を依頼した上で修繕の見積書を作成し、水漏れを引き起こした入居者に請求を行います。上階の調査が必要な場合には管理会社を通して調査をお願いし、必要であれば法律相談窓口なども活用して交渉を進めましょう。漏れてきている水そのものに対しては、水漏れ箇所の近くにあるものを移動させる、バケツやタオルを活用して被害の拡大を防ぐと行った対処法が有効です。

床の水漏れでお困りならみえ水道職人にご連絡を!

床が水に濡れたことによるトラブルでお悩みの際はみえ水道職人にご連絡ください。みえ水道職人は四日市市、津市、鈴鹿市、松阪市、北牟婁郡、度会郡玉城町など三重県全域で水回りのトラブルを解決しているプロフェッショナルです。水漏れや配管の破損など水回りのトラブルでお悩みの際はみえ水道職人にお電話ください。

三重のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「みえ水道職人(三重水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

みえ水道職人(三重水道職人) 0120-492-315

みえ水道職人(三重水道職人) 0120-492-315