【水道局指定工事店】三重のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「みえ水道職人」 » 洗濯機の排水ホースを交換すべきタイミングと交換費用を解説

三重 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

洗濯機の排水ホースを交換すべきタイミングと交換費用を解説

2022年09月09日 水回り


洗濯機の排水ホースは、汚水や埃などのゴミを下水へ流す役割があります。洗濯機を日々使用していくうちに他の部品と同様、劣化することが考えられます。


劣化した排水ホースを使用し続けると水漏れや故障が発生してしまうなどあらゆる不具合の原因になる可能性があります。本記事では、洗濯機の排水ホースの交換時期や交換費用の相場、交換費用を安く抑える方法を紹介します。


洗濯機の排水ホースを交換すべきタイミング


排水ホースを交換するべきタイミングの目安は、水漏れやホースの劣化が見られたときです。水漏れは、排水ホースが劣化して穴が空いたり、亀裂ができたりしたときに発生します。水漏れの発生に気づいたら、悪化を防ぐために早急に新しい排水ホースに交換しましょう。


また、水漏れが発生していなくても排水ホースがあきらかに劣化している場合は、新しいホースに交換するのをおすすめします。ホースを交換せずにそのまま使用し続けると、水漏れが起きるのも時間の問題となるでしょう。


ホースに亀裂が入る前に交換をすることで、水漏れの発生を回避できます。排水ホースの異変に気づいた場合には、早急な対処をすることが事態を悪化させないポイントです。


洗濯機の排水ホースを自分で交換する際の費用


洗濯機の排水ホースは、自分で交換することも可能です。比較的簡単な作業で済みますし、自分で交換することで費用は部品代のみとなります。自力での交換は、大体500~1,600円程度で済む場合が多く、コストも大幅に抑えられます。


自力で排水ホースを交換する際には、洗濯機によって交換手順が多少異なるので、使用している洗濯機の取扱説明書を確認しながら行いましょう。排水ホースを交換する際に準備するものは次の通りです。


・新しい排水ホース
・ドライバー
・ハサミ
・ビニールテープ
・結束バンド


新しく用意する排水ホースは、基本的に使用している洗濯機のメーカーの純正品をおすすめします。ただし、排水ホースを使用して長い年数が経っている場合は廃盤している可能性も少なくありません。


その場合は、差し込み口の直径が同じサイズのものであれば使用できるので安心してください。ホームセンターやネットなどで1,000~2000円程度で購入できます。交換手順は次の通りです。


1. 古い排水ホースを取り外す。
2. 新しく取り付ける排水ホースの長さを調節する
3. 新しく取り付ける排水ホースに既存のホースクリップを取り付ける
4. 排水ホースに排水エルボを取り付ける
5. 排水ホースの取り付けが済んだ排水エルボを排水口に挿入する


まず、古い排水ホースを取り外します。基本的に排水ホースはホースクリップで止められている場合が多いです。


ホースクリップには、差し込みタイプのものとネジタイプのものがあります。差し込みタイプのものであれば手で簡単に外すことができますが、ネジタイプはドライバーを使用してネジを緩めてからの取り外します。


次に新しく取り付ける排水ホースの長さの調節です。新しく取り付ける排水ホースが使用している洗濯機のメーカーの純正のものであれば、長さを調節することなくそのまま使用できます。


純正の排水ホースではない場合は、今まで使用していた排水ホースと同じ長さにハサミで調節してください。そして新しく取り付ける排水ホースに既存のホースクリップを取り付けます。


この時にしっかりと取り付けないと水漏れが起きてしまう場合があるので、緩みがないか確認しましょう。その後、排水ホースに排水エルボを取り付けます。排水口についている排水エルボを取り外し、排水ホースと結合させます。


結合部分にビニールテープをしっかりと巻いて固定することで、水漏れ防止が期待できるでしょう。さらなる対策として、上から結束バンドを巻き付ければ、効果がアップします。
最後に、排水ホースの取り付けが済んだ排水エルボを排水口に挿入します。


これで排水ホースの交換作業は完了です。なお、古い洗濯機の場合はホースクリップが使用されていないことがあります。この場合は接着剤で結合されていることが多く、交換の際は接着されている部分をハサミで切って、古いホースを取り外す必要があります。


その後、残った汚れなどをきれいに拭き取って新しい排水ホースを取り付ければ完了です。可能であれば、ホースクリップを購入して取り付けると強度が強くなり、水漏れ防止が期待できます。ホースクリップの代用品として、結束バンドを使用するのもおすすめです。


洗濯機の排水ホースの交換を業者に依頼する際の費用


自力で排水ホースの交換が難しいと考える方も、中にはいるでしょう。その場合は、無理せずに業者へ依頼してください。プロの業者に依頼すると、知識や技術のあるスタッフに作業を行ってもらえるので安心して任せられます。


ただし自分で交換するのとは違い、部品の他にも工賃などあらゆる費用が発生することになります。業者に依頼した場合の費用相場は次の通りです。


・縦型洗濯機:6,000円~
・ドラム式洗濯機:6,500円~


依頼する業者によっても価格変動が考えられます。それらを踏まえた上で業者への依頼を検討してください。


交換費用を安く抑える方法はある?


不具合が発生して突発的に排水ホースの交換をしなくてはいけなくなった場合、できる限り、費用を抑えたいと考える方は多いのではないでしょうか。交換費用を安く抑える方法は次の通りです。


・自力で交換作業を行う
・業者へ依頼する場合でも、部品は自分で用意する


交換費用を抑える方法は、やはり自力で作業を行うことです。先述でも述べましたが、自力での交換だと費用は部品代のみとなるため、大幅にコストを抑えられます。しかし、やむを得ず業者へ依頼をする場合もあるでしょう。


その際には、あらかじめ部品を自分で購入しておき、それを業者に取り付けてもらうことで修理費用を安くできる可能性があります。部品は業者に用意してもらうよりもホームセンターなどで購入した方が明らかに安いです。


部品を自分で用意する場合には、あらかじめ依頼する業者に伝えておきましょう。また、費用を抑えようと自分で部品を用意した結果、部品の種類を買い間違えてしまうこともあります。


そうすると、逆に費用がかさんでしまい意味がありません。しっかり品番やサイズを確認したうえで購入しましょう。


まとめ


ここまで、洗濯機の排水ホースの交換時期や交換費用の相場、交換費用を安く抑える方法を紹介してきました。洗濯機の排水ホースの交換時期を見極めるのは大変重要です。


判断が遅くなると、事態が悪化してしまって洗濯機を使用できない期間が伸びてしまう場合もあります。そのようなことを回避するためにも、日頃からしっかりと排水ホースのチェックをすることが大切です。不具合に気づいた際には早急に対処しましょう。


また、一般的に洗濯機の排水ホースの交換は2~3年が目安と言われています。不具合がない場合でも、この期間を超えた排水ホースは交換すると安心です。洗濯機の排水ホースの交換は、自力で実施できます。


しかし、自分で行うのが不安な方や、状態を見て対処が難しいと判断した場合には、躊躇せず業者に相談しましょう。


三重のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「みえ水道職人(三重水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

みえ水道職人(三重水道職人) 0120-492-315

みえ水道職人(三重水道職人) 0120-492-315