【水道局指定工事店】三重のトイレつまり・水漏れ修理なら「みえ水道職人」 » 厄介なキッチンのぬめりはこれで解決!予防方法とお掃除方法を伝授します

三重 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

厄介なキッチンのぬめりはこれで解決!予防方法とお掃除方法を伝授します

2021年09月15日 キッチンのお掃除


キッチンを使う人の困りごとの一つに、シンクのぬめりが挙げられます。
このぬめりをそのままにしておくと、不快になるどころか、悪臭や詰まりの原因にもなるのです。

今回は、ぬめりの発生原因と予防方法についてまとめました。
さらには、ぬめりの効果的なお掃除方法についてもご紹介します。


ぬめりを発生させないためのお掃除術とは?

シンクのお掃除を少しでもサボると、すぐに排水口の回りにぬめりが発生します。
ぬめりを発生させている犯人は、排水口で繁殖した雑菌などの微生物です。

お掃除を怠った排水口には、キッチンを使ったときに出たゴミがたくさん残っています。
キッチンという場所柄、ゴミはほとんどが食材のカスです。
また、調理器具や食器を洗ったときの油、洗剤なども排水口にたまります。
実は、これらはすべて雑菌の大好物なのです。

まず、排水口に流れた油がどろどろになって排水口の周囲に固まっていきます。
特に動物性油脂には冷えると固まる性質があるからです。
ラードを思い出してもらえれば、そのイメージが湧くかもしれません。

どろどろになった油に洗剤や食材のカスがこびりつき、これが微生物のごちそうとなります。
これをエサに繁殖した雑菌やカビなどが、ぬめりの正体です。
黒いぬめりの犯人は黒カビで、お風呂場などでも見られる赤いぬめりは、ロドトルラと呼ばれる酵母菌です。

また、微生物たちはじめじめとした湿った環境も大変好みます。
エサと環境がそろった排水口は、微生物にとっては天国のような環境と言ってよいでしょう。
微生物の繁殖を抑えるのは、極力エサがない状態にするしかありません。

まずは、食材カスをなるべく排水口に流さないように、ゴミ受けにはきちんとネットをかぶせましょう。
一日の終わりにこのネットを交換すれば、かなり食材カスを取り除けます。
食器や調理器具を洗うときに出る油は、事前にペーパーなどで拭っておくことでかなり減らすことが可能です。

面倒な一手間かもしれませんが、洗剤量を減らせて、環境にも優しいというメリットもあるので、ぜひやってみてください。
いくらエサを減らしたからといって、微生物がゼロになるわけではありません。
ですから、1日の最後は塩素系漂白剤で排水口回りを除菌しましょう。

排水口の蓋、ゴミ受け、その下のワンというパーツは簡単に取り外せるので、除菌作業も簡単です。
一般的な液体のハイターで浸け置きいもよいのですが、おすすめは泡で出るタイプのハイターです。
こちらのほうが、吹きかけるだけでよいので扱いやすく、毎日のお掃除にぴったりでしょう。

また、アルミホイルを丸めたものをいくつか排水口に入れておくと、金属イオンによる除菌効果が期待できるので、ぜひお試しください。


しつこいぬめりを根こそぎきれいにしたいなら重曹がおすすめです

いったん発生したぬめりは、普通にお掃除しただけではなかなかきれいに落ちません。
また、排水口の奥までブラシを突っ込んで掃除すると、排水管が傷む原因にもなります。

しかし、力を入れなくても簡単にぬめりをとる方法があるのです。
それは重曹を使ったお掃除です。
重曹は炭酸水素ナトリウムという物質で、食品にも使われるくらい安全なので、安心してお使いいただけます。
重曹だけでも効果はありますが、クエン酸(なければお酢でも)があれば、さらに強力な効果が期待できるでしょう。

最初に、排水口の取り外せる部品をすべて外して、いつもの台所洗剤とスポンジで洗います。
ゴミ受けの網目に詰まった小さなゴミは、歯ブラシや爪楊枝を使って落としてください。

シンクの三角コーナーもぬめりが発生しやすい場所なので、一緒に洗ってしまうとよいでしょう。
ワンの内側はぬめりが溜まりやすい部分なので、ここも忘れずに洗いましょう。
そのあと、すべての部品の元の場所に戻して、ゴミ受けの底が見えなくなるくらい重曹をたっぷりかけます。

そのあと、ぬるま湯をかけてから、水に溶かしたクエン酸を吹きかけてください。
クエン酸はあらかじめお湯に溶かしたものをスプレーボトルに詰めておくと、とても便利です。
この際、シュワシュワと泡が発生しますが、この泡もまったく無害ですのでご安心ください。

数十分から1時間程度そのままにしてから、泡を洗い流せばぬめりがすっかり落ちているでしょう。
キッチンは場所柄いつも清潔にしておきたいものです。

排水口のぬめりは、決して気持ちのよいものではないうえに、放置しておくと悪臭や詰まりの原因になります。
排水管が詰まるとかなり面倒なことになるので、まずはぬめりの予防が大切です。
ぬめり知らずのピカピカなキッチンを保つには、毎日小まめにお手入れしましょう。

水分が溜まりやすい場所は、できるだけ水滴を拭き取っておくことも忘れないでください。
少しでも水はけをよくするために、三角コーナーもシンクから出して乾燥させておくとよいでしょう。


水回りのお悩みがあれば、ささいなことでもみえ水道職人までどうぞ

水回りのぬめりやつまりでお困りの方は、みえ水道職人へご連絡ください。
みえ水道職人は津市を中心とした、鈴鹿市、伊勢市、伊賀市、いなべ市、鳥羽市、尾鷲市など三重県全域で活躍する水回りの専門家です。
365日対応24時間受け付けでお客さまのところにうかがいます。


三重のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「みえ水道職人(三重水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

みえ水道職人(三重水道職人) 0120-492-315

みえ水道職人(三重水道職人) 0120-492-315