【水道局指定工事店】三重のトイレつまり・水漏れ修理なら「みえ水道職人」 » トイレの便器・便座を自力できれいに掃除することについて

三重 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

トイレの便器・便座を自力できれいに掃除することについて

2021年10月12日 トイレのお掃除


普段から小まめに掃除したり、汚さないよう気をつけて使ったりしていても、トイレの汚れを避けるのは難しいです。できることなら、自力で便器や便座を掃除したいという方も多いでしょう。この記事では、トイレの便器・便座に付着する黒ずみや水垢などの汚れを、自力で掃除することについて解説します。トイレの掃除に関してお悩みの方は、ぜひ参考にしてください。

トイレの便器・便座が汚れる原因

便器の黒ずみは、便器内の水たまりの上部や便座のふちに線状にこびり付く頑固な汚れです。黒ずみが発生する原因となるのは、水垢やカビ、埃などです。

密室空間であるトイレ内は、湿気がたまりやすいため雑菌が繁殖しやすい環境と言えます。トイレのタンク内で繁殖した雑菌や汚れが便器に流れ出て黒ずんでしまったり、黄ばみの原因でもある尿石が付着して酸化し黒ずんでしまったりと、その原因はさまざまです。

さらに、水道水にはケイ酸塩という成分が含まれており、それが次第に蓄積すると水垢になります。その水垢に鉄分が多く含まれていると、酸化して黒ずむ原因となります。黒ずみは放置しておくと色素沈着を起こし、ますます掃除しにくくなるので注意が必要です。

トイレの便器・便座が汚れると生じるトラブル

トイレの便器・便座が汚れると、虫が発生する恐れがあります。トイレの虫は汚れに含まれている有機物を食べるので、そこに卵を産み付けて繁殖する可能性もあります。とくに夏場は、気温と湿度が上がるため、虫の繁殖力が強まって大量発生してしまうこともあるので注意しましょう。

トイレ内に発生する代表的な虫は、チョウバエとシミです。チョウバエは1mmから2mmほどのコバエで、ハート形の羽が特徴です。寿命は長くても1ヶ月程度ですが、その間に100個単位で産卵します。

シミは8mmから10mmほどの平らな形状の虫で、羽のない銀色の身体が特徴です。紙くずや布などを餌にして繁殖するので、トイレ以外でも見られることが多いです。寿命は8年ほどで、生命力も強いと言われています。

トイレの便器・便座は中性洗剤を使用して掃除するのがおすすめ

トイレの掃除にあたって必要なアイテムのひとつが、掃除用の洗剤です。洗剤には主に酸性・中性・アルカリ性の3種類がありますが、主流なのは中性洗剤です。中性洗剤は掃除する対象の変性を最小限に抑えられるため、トイレ内のいろいろなものを洗うのに向いています。

便器には陶器のものや、有機ガラスを使用したもの、表面をガラスやジルコンで覆っているものなどさまざまです。中性洗剤であれば便器の素材や加工方法に関わらず使用できるため、おすすめです。

トイレの便器・便座にブラシを使用して掃除する場合について

トイレブラシは、トイレ掃除に欠かせないアイテムですが、使用法を誤ると雑菌の温床となってしまう恐れがあるので、注意してください。トイレブラシを使って掃除をして、汚れたままブラシケースに入れてしまうと、ブラシに残った水分を餌に、ケース内で細菌やカビが繁殖していきます。

不衛生なままのトイレブラシだと、便器の汚れ落とし・カビ対策はできず、むしろ汚れを広めていってしまう可能性もあります。また、水切りの際に床や壁などに汚れた水が飛ぶと、床や壁の劣化につながったり、アレルギーや感染症の原因になったりすることもあるので気をつけてください。

トイレブラシは小まめに交換し、使用後は毎回洗って消毒・殺菌するのが大切です。バケツに台所用漂白剤を入れて水で薄め、トイレブラシとブラシケースを30分から1時間ほど浸け置きしておくのがよいでしょう。漂白殺菌後は直射日光で十分に乾燥させるのも、忘れないようにしてください。

トイレを自力で掃除するリスク

トイレの便器や便座を自力で掃除するのは、リスクも伴います。こびり付いた水垢や黒ずみは、市販の洗剤では落ちにくいことも多いです。無理に汚れを落とそうとして、便器や便座の表面を傷つけてしまうことも少なくありません。

傷がついた部分に細菌や汚れが入り込むと、さらにトイレが汚れてしまいます。さらに、アレルギー体質の方は健康被害のリスクもあるので気をつけましょう。咳が止まらなくなったり、菌が体内に入って胃腸機能が低下したりするケースもあります。

自力で掃除するリスクや手間が気になるという方は、プロに依頼するのもおすすめです。業者のトイレクリーニングであれば、水垢を徹底的に除去し、自力ではなかなか手の届かない天井や換気扇などの掃除もしてもらえます。業者によっては、汚れ防止コートなど、その後のお手入れを楽にしてくれるオプションも設けられているので、活用してみるのもよいでしょう。

みえ水道職人は津市、鈴鹿市、松阪市、伊賀市、尾鷲市、三重郡菰野町、川越町、朝日町など、三重県全体において、水回りのトラブル解決に定評のある水道修理のプロです。トイレやお風呂など、水回りの不具合でお困りの場合には、ぜひみえ水道職人までご相談ください。

三重のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「みえ水道職人(三重水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

みえ水道職人(三重水道職人) 0120-492-315

みえ水道職人(三重水道職人) 0120-492-315