【水道局指定工事店】三重のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「みえ水道職人」 » キッチンリフォームにかかる日数はどれぐらいか工期について解説

三重 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

キッチンリフォームにかかる日数はどれぐらいか工期について解説

2022年10月29日 キッチン


キッチンは自宅のリフォームの中でも工期にムラがある場所です。こだわるほど工期が長くなるので、毎日キッチンを使う人にとっては困ってしまいます。


しかしながら、キッチンのリフォーム方法を知っておくと、自分に合わせたリフォームを実現できます。リフォーム中の食事についても事前に対策を取っておけば、何も問題ありません。


キッチンのリフォームに関する内容をまとめているので、リフォームを検討している人は、参考にしてみてください。


キッチンリフォームにかかる日数はどれぐらい?


キッチンのリフォームの規模によってかかる日数が異なります。最も規模が小さいリフォームとなると、キッチンの入れ替えや交換で、最短2日、最長1週間です。既にあるキッチンを新しいものに交換するだけで、間取りや床材の変更がないため比較的短い工期でリフォームが完了します。


次に工期が短いリフォームは、キッチンと内装のリフォームです。キッチン全体の交換と、床材や壁紙の交換を実施するリフォームで、最短で5日、最長で10日です。床材や壁紙はキッチンの大きさによって異なるため、かなり工期にムラがあります。


そして工期が長くなりがちなレイアウト変更が必要になるリフォームは、最短で10日、最長で1か月です。壁付けキッチンからカウンターキッチンへ交換する場合などは、キッチンの交換とレイアウト変更があるため、かなり時間がかかります。あわせて床材や壁紙の変更や、水道管やガス管の配線工事も必要になるので、食事に関しては十分考えておきましょう。


最短と最長で工期が異なりすぎるのは、キッチンの間取りや業者によっても工期が前後するためです。どうしても工期にムラが出てしまいます。


海外のキッチンを発注する場合は注意
海外のおしゃれなキッチンを自宅に構えたいと考える人もいるでしょう。しかし、海外から輸入するため、注文から納品まで3か月程度の時間がかかります。


また、海外のキッチンの場合は、細かい打ち合わせが必要です。機能性を整理したり、日程調整をしたりする時間もあるので、工期が長くなります。


着工前の段階から3か月程度待つ必要があるので、海外のキッチンを作る場合は注意しましょう。


リフォーム工事が始まる前にすべきことは?


リフォームを依頼した後は、工事を待っているだけではいけません。いくつかやらなければならないタスクがあります。


工期と工程を把握する
工事が始まる前に業者から工程表を出してもらいましょう。工期が把握できる他、水や電気が使えない時間を把握できるため、生活がしやすくなります。


さらに、作業工程を見直せば工期が短縮できる可能性もあります。全て業者に任せるのではなく、自分自身でもリフォームの状況を把握して、リフォームを円滑に進めていきましょう。


近隣住民へ挨拶する
リフォームが始まると、車両や人の出入りや騒音が発生します。業者から工程表を出してもらったら、近隣住民へ挨拶して工期の共有をおこないましょう。


近隣住民からクレームが入った場合、リフォームを中断する必要が出てきます。工期がさらに長くなってしまうため挨拶しておくのがおすすめです。


ライフラインの制限について把握する
リフォームが始まると、水道や電気が使えなくなります。一時的にではありますが、水道や電気が使えない時間帯があります。


キッチンを解体している間は水道が使えませんし、換気扇を取り付ける時などは電気が使えません。工程を把握すれば制限なく生活ができるので、工期だけではなく、ライフラインの制限についても把握しておきましょう。


リフォーム中の食事は?住みながらでも大丈夫?


工期が短い場合のリフォームであれば、お弁当を買ったり外食をしたりすれば対処できるでしょう。しかし、工期が長い場合のリフォームだと出費がかさんでしまいます。


したがって、キッチンを使わないで調理するための道具を確保しておきましょう。電気ケトルや電子レンジ、ホットプレートなどがあると安心です。


電気を使って調理できる道具は、リフォームが終わった後でも利用できます。災害時でも役立つ可能性が高いので、揃えておくのがおすすめです。


リフォーム期間を短縮する方法はある?


リフォーム期間を短縮する方法はあります。業者にとっても利点があるものばかりなので、リフォーム前には以下の方法を実践してリフォーム期間を短縮しましょう。


キッチンを片付ける
リフォーム前日までにキッチンを片付けておくと、工期をグッと短縮できます。キッチンに収納されているフライパンや鍋などの調理器具、保存食品などをまとめて別の場所に移しておきましょう。


リフォーム当日にキッチンの片付けが済んでいないと、業者がすぐに着工できません。片付けから入るため、お互いにとって不毛な時間となってしまいます。


スムーズにリフォームができるように、あらかじめキッチンを片付けておきましょう。


妥協点を探す
リフォームが簡単なものになるほど、工期が短くなります。毎日使うキッチンだからこそこだわりたい気持ちはよく分かりますが、工期を短縮したいのであれば、妥協点を見つけましょう。


妥協点を見つけられると、大幅な工期短縮が可能です。しかしながら、オーダーの前に考える必要があります。


シーズンも選ぶ
キッチンのリフォームする場合、シーズン選びも重要です。台風や大雪などで天候が荒れる時期は、アクセスが悪く業者が自宅に来られなかったり、資材が手に入らなかったりします。結果として、工期が伸びてしまいます。


特に、夏や冬はリフォーム中の食事が困難です。夏は暑さで食材の腐敗が早く、冬は暖かいものを食べるのが難しいため、春や秋がおすすめです。もっとも、春や秋は他の人から人気があるシーズンでもあるので、注意しましょう。


工期が短いのであれば、あえて夏や冬にリフォームするのもおすすめです。


土日が含まれない日を選ぶ
業者が土日休みの場合、月曜日からリフォームを開始して休日と重ならないようにするのがおすすめです。特に、1週間以内で終わるリフォームであれば、ストレスを溜め込まずに新しいキッチンが見られます。


できるだけ効率的にリフォームができる日程で調整しましょう。


まとめ


キッチンのリフォームは、内容によって工期が変動します。さらに、業者・間取り・時期なども考える必要があるので、家族でしっかりと話し合う必要も出てきます。トイレやお風呂よりも工期にムラがあるので、事前にしっかりと把握しておきましょう。


工期が短ければ、食事や時期等についてあまり深く考えなくてよいでしょう。しかしながら、工期が長くなる場合は、業者やリフォーム会社の意見も参考にして決定していくのがおすすめです。


インターネットで調べた情報だけを鵜呑みにせず、プロの人の意見を聞くようにしましょう。そして、自分が求める理想的なキッチンをつくってみてください。


三重のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「みえ水道職人(三重水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

みえ水道職人(三重水道職人) 0120-492-315

みえ水道職人(三重水道職人) 0120-492-315