【水道局指定工事店】三重のトイレつまり・水漏れ修理なら「みえ水道職人」 » 洗面台の掃除の仕方をご紹介!憂鬱から解放される簡単で効果的な方法

三重 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

洗面台の掃除の仕方をご紹介!憂鬱から解放される簡単で効果的な方法

2021年10月12日 洗面所のお掃除


厄介な洗面ボウルの汚れには、大きく分けて4種類あります。水道の蛇口回りの水垢と洗面ボウル表面の赤カビ、黒ずみ、排水口のヌメリです。デリケートな洗面ボウルは、掃除の際も気を付けるべきポイントがいくつかあります。それぞれの特徴や対処法をまとめてみました。

洗面ボウルの黒ずみ・水垢の落とし方

蛇口回りの水垢は水滴のなかのミネラル成分が固まってできたもので、白く石灰化してなかなか落ちないのが特徴になります。ピンク色のヌメリは皮脂やファンデーション、整髪剤などを餌にしてできた赤カビです。黒ずみは、せっけんカスや歯磨き粉が付着したままになっているとできます。

水垢汚れや赤カビ、黒ずみ汚れを落とすには、研磨剤を使うのが簡単です。研磨剤には粉末タイプとペーストタイプがあり、市販のクレンザーがよく知られていますが、重曹で代替することもできます。

重曹を使う場合、重曹の粉末を1/3程度の水と混ぜるとちょうどよい硬さの研磨剤ペーストになります。汚れた部分を、研磨剤をつけたスポンジで磨くだけなのでとても手軽です。ポイントは、磨いた後しっかりと水で洗い流して研磨剤を残さないことです。

いくら磨いても、水垢汚れは落ちないことがあります。その場合は、クエン酸を使ってみましょう。水垢はアルカリ性の汚れなので、酸で中和すると落としやすくなるのです。クエン酸がなければ、食用のお酢でも構いません。

酸だけでは強過ぎるので、倍以上の水で薄めて汚れの上にかけます。しばらく放置すると汚れが中和されるので、スポンジで磨きましょう。放置時間は20分から30分程度で十分で、1時間以上は放置しないことがポイントです。ラップやキッチンペーパーなどでパックすると、より効果があります。

クエン酸や食酢は口に入れても問題ありませんが、いずれも酸性なので塩素系の洗剤と混ざると有毒ガスが発生して危険です。同じタイミングでカビ取り剤を使うこともあるでしょうが、カビ取り剤は塩素系が多いので、酸性の洗剤を完全に洗い流してから使うようにしましょう。

せっけんカスによる汚れや赤カビ、黒ずみ、軽い水垢汚れなら、メラミンスポンジを使えば洗剤や酸を使わなくても簡単に落ちるのでおすすめです。メラミンスポンジは、スーパーや量販店、ドラッグストアなどで売られています。

浴室などの鏡にできた鱗状の汚れにも効果があるので、いつでも使えるようにストックしておくと便利です。メラミンスポンジはほとんどの洗面ボウルや鏡に使えますが、素材によっては傷つけてコート剤を取ってしまう可能性があります。とくに新しい洗面台では、注意書きを確認してから使うようにしましょう。

排水口の掃除の仕方

洗面ボウルが汚れていると、大抵は排水口のなかも汚れています。まずはヘアキャッチャーを外して、溜まったゴミを取り除きましょう。ヘアキャッチャーのゴミは詰まりの原因になるので、決して排水管には流さないようにします。

しばらく放置していた場合は、髪の毛やせっけんカスなどが絡まってヘドロ状になっているかもしれません。ティッシュペーパーなどで拭うようにすると、ヘアキャッチャーに溜まっているゴミは簡単に取れます。絡まった髪の毛などが取りづらければ、古歯ブラシを使うと良いでしょう。

排水管に流れてはいけないゴミが取り除けたら、市販のカビ除去剤を排水口周辺と排水口の中、排水口の部品に満遍なく振りかけます。オーバーフローの穴の部分もカビが発生していることが多いので、一緒に洗剤を振りかけておきましょう。ヘアキャッチャーなどの部品は、表面だけでなく裏面も含めて全体に洗剤が行き渡るようにかけます。

洗剤にもよりますが、大体10分から15分程度放置したら洗い流します。洗剤が残らないようしっかり洗い流すのがポイントです。ヌメリやカビはきれいに取れるので、とくに擦り洗いをする必要はありません。

洗面ボウルを掃除するときの注意点

今回ご紹介した方法のうち、メラミンスポンジや研磨剤で汚れを擦り取る方法は、洗面ボウルの素材によっては表面を傷つける恐れがあります。また、水垢がなかなか落ちないときに酸で中和する方法については、しっかりと洗い流すことが大切です。

酸が残った状態で、塩素系漂白剤などの洗剤を使うと有毒ガスが発生します。「混ぜるな危険」の表記を目安にすると良いでしょう。洗剤の洗い残しは新たなカビや汚れの原因になるので、塩素系洗剤を使わなくても十分な水で洗い流すことを心がけましょう。

掃除中は換気に気をつけ、ゴム手袋をはめるなどして皮膚を保護することもポイントです。掃除の仕上げに乾いたタオルや掃除用クロスで全体を拭くと、水垢やカビの発生を防ぎます。

洗面台や浴室のトラブルは専門業者に相談を!

洗面所や浴室の詰まりや異臭は、自力で対処できないことも多いです。対応に困ったら、専門業者に相談するようにしましょう。

みえ水道職人は鈴鹿市、伊勢市、志摩市、亀山市、いなべ市、菰野町、員弁郡など三重県全域の水回り全般サポートしています。三重県の水道局指定工事店である「みえ水道職人」なら保証制度もしっかりしており、アフターフォローも万全です。24時間体制でお客さま対応をおこなっていますので、いつでも安心してご連絡いただけます。

三重のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「みえ水道職人(三重水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

みえ水道職人(三重水道職人) 0120-492-315

みえ水道職人(三重水道職人) 0120-492-315