【水道局指定工事店】三重のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「みえ水道職人」 » 慌てず行動することが重要!水道管が凍結してしまった際の対処法を伝授

三重 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

慌てず行動することが重要!水道管が凍結してしまった際の対処法を伝授

2021年12月06日 水道管の凍結


近年、北国以外でも水道管の凍結トラブルが相次いでいます。初めてこのトラブルに遭遇しても、原因と対処法をしっかり把握していれば慌てずに行動できます。間違った対処をしてしまうと水道管破裂という大事にもなりかねません。

水道管が凍結してしまう条件と凍結した場合の対処法、防止策を紹介します。

水道管の凍結が起きやすい条件とは?


水道管の凍結は今や雪国だけのトラブルではありません。一定の条件が揃えば凍結してしまいます。それは、気温だけではありません。水道管は-4℃を目安に凍結すると言われています。

しかし、気温が-4℃ではなくとも水道管がある環境によっては一時的に-4℃に達してしまうこともあり、危険です。水道管が凍結してしまう環境の条件は気温以外に次のことが挙げられます。

まず一つ目は「風が強い」です。風が強いと本来の気温よりも寒く感じます。

二つ目は「水道管が外にむき出しになっている」です。外に長時間さらされていると水道管本体が冷え、気温よりも冷たくなってしまいます。

三つ目は「水道管や蛇口が日陰にある」です。同じ外でも日向に比べて日陰は冷えてしまいます。

四つ目は「家の標高が高い」です。家が標高の高いところにあると、その分冷えやすくなります。

五つ目は「長時間家を空ける」です。長時間水を流していないと寒さで水道管の中にたまった水が凍ってしまっていることがあります。

六つ目は「降雪が続いた後」です。水道管の周りに雪が積もると気温よりも水道管周囲の温度が低くなり、凍ってしまうことがあります。

気温が-4℃に達しないからと言って油断は禁物ですね。

水道管が凍結してしまった際の対処法


水を流そうとして水が全くでなかった場合、水道管の凍結が考えられます。凍結してしまっても対処法はあります。焦って間違った対応をすると水道管破裂の危険性があるので注意しましょう。

水道管の凍結が考えられるとき、蛇口はひねらないようにしましょう。凍っているのに無理に蛇口をひねってしまうと、水道管が破裂してしまうことがあります。

また水道に使われているゴムパッキンは凍った状態だと破損しやすく、水漏れの要因となってしまいます。

水道管が凍結した場合の対処法は二つあります。

一つは「お湯をかける」です。

凍った氷は温めると溶けます。しかし熱湯をかけるのはNGです。熱湯をかけると早く凍結を解決できると考えがちですが、急激な温度変化に耐えられず水道管が破裂してしまう恐れがあります。50℃ほどのぬるま湯を徐々にかけていき、水道管を温めるのがベストです。

二つ目は「ドライヤーやカイロで温める」です。

水道管の一部が凍結しているときに有効です。ドライヤーは一定の温度で継続的に温めるのに適していてゆっくり水道管を温められるので水道管破裂の心配も軽減されます。

これらを試しても水道管凍結が解決しなかった場合は専門業者に依頼しましょう。

普段から水道管の凍結を防ぐ対策を講じよう


これまで水道管が凍結してしまったときの対処法を紹介しましたが、凍結を防ぐに越したことはありません。

近頃天気予報で「水道凍結指数」というものの情報も公開されているようです。水道凍結の防止に役立てることができそうですね。また、水道管凍結を防止するのに有効的な5つの方法があります。

一つ目は「水を出し続ける」です。こちらは1番簡単な防止策です。たくさん出す必要はありません。鉛筆ほどの細さの水を出しておくだけで予防になります。

二つ目は「水抜きをする」です。水道管凍結の原因は水道管の中の水が凍ってしまうことです。水道管の中に水がなければ凍ることはありません。

三つ目は「水道管の保護」です。外にある蛇口にタオルや毛布を巻き付けておくと、外の気温から蛇口を守ることができます。

四つ目は「水滴をこまめに拭く」です。水道管周りの水が凍ると水道管の温度を急激に下げてきます。水道管や蛇口に着いた水滴はこまめに拭き、乾かしておきましょう。

五つ目は「ヒーターを付ける」です。水道管専用のヒーターというものがあります。水道管を温めておけば凍結する恐れもありません。ヒーターは専門業者に依頼することも、自分で取り付けることもできます。

まとめ


水道は日々の生活に欠かせません。朝から晩まで使用します。水道管が凍結し、水が出なくなってしまうととても不便なのは容易に想像できるでしょう。

凍結を防ぐためにも、今回紹介した防止策をぜひ実践してみてください。日々の心がけが大切です。

しかし防止策を行っていても、冬場の冷え込みに耐え切れず水道管凍結が起こってしまうことがあります。そういったときのために、対処法もしっかり頭に入れておきましょう。いざというときに役立つはずです。

防止策、対処法を実践しても解決しない場合は無理に何とかしようとせず、専門業者に依頼してください。


三重のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「みえ水道職人(三重水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

みえ水道職人(三重水道職人) 0120-492-315

みえ水道職人(三重水道職人) 0120-492-315