【水道局指定工事店】三重のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「みえ水道職人」 » シャワーの水圧が弱い時に考えられる原因とは?改善策を考えよう!

三重 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

シャワーの水圧が弱い時に考えられる原因とは?改善策を考えよう!

2021年12月23日 シャワーのメンテナンス

「お風呂のシャワーの水圧が弱くなった」と感じたことがある方は多いのではないでしょうか。節水目的であえて水圧を弱くしているのであれば問題ありませんが、そうでない方は、しっかりとシャンプーや石けんなどを流せずストレスですよね。特に髪の毛が長い女性などはシャワーの水圧加減は重要です。

改善するためには、水圧が弱い原因を突き止める必要があります。場合によっては重大な故障が起きている可能性もあります。そこで今回は、シャワーの水圧が弱い時に考えられる原因と改善策を解説します。

シャワーの水圧が弱い時に考えられる原因


お風呂のシャワーの水圧が弱くなってしまう原因として、「元栓やお風呂の止水栓が閉まりすぎている」「シャワーヘッドの目詰まり」「給湯器に原因がある」この3つが主に考えられます。

またこれらが原因でない場合は、水道管の破損などによる水漏れの可能性もあります。ここではそれぞれ詳しく説明していきます。

■家の元栓が閉まりすぎている
元々水圧が弱い場合は、家全体の元栓が閉まりすぎている場合があります。この場合は、元栓をもう少し開くことで、シャワーの水圧は改善します。

■止水栓が閉まりすぎている
お風呂の止水栓が閉まりすぎている場合も湯量が十分に出てきません。止水栓を反時計まわりに回して開いて、シャワーの湯量を確認してください。

■シャワーヘッドの汚れ
シャワーヘッドを長年使用していると、水垢やカビ、石けんカスやミネラル成分などが付着し、目詰まりを起こします。

またシャワーヘッドとシャワーホースの間には「ストレーナー」といわれるフィルターが付いています。このストレーナーにはゴミやサビが溜まり、目詰まりしてしまうことがあります。目詰まりを起こすとシャワーが出にくくなります。

■給湯器の容量不足・給湯器の故障
水の水圧は強いのにお湯の水圧が弱い場合は、給湯器に原因があります。給湯器のお湯を沸かす量が、使用する湯量に対して十分でなければお湯の水圧が弱くなります。

その他、給湯器が故障していて十分な湯量を沸かせていない場合もあります。お湯が十分に沸かせているけどお湯を使いすぎているのか、お湯が十分に沸かせていないのでお湯が足りないのかのどちらかです。

■水道管の劣化
元栓やお風呂の止水栓がしっかり開いているのにシャワーの水圧が弱い場合は、水道管の劣化も考えられます。水道管を長年使用することで徐々に経年劣化していきます。

水圧が弱いのに水道料金が高くなっている場合は、水道管が破損して水漏れしている場合もあります。まず他の原因を当たってみて、該当していない場合は、水漏れの可能性を考える必要があります。

シャワーの水圧を改善する方法


シャワーの水圧が弱くなる原因は、元栓やお風呂の止水栓、そしてシャワーヘッドの目詰まりや給湯器に原因がある場合もあります。ここではシャワーの水圧を改善する方法を原因別に解説していきます。

■元栓を開く
元栓が閉まりすぎている場合は、反時計回りに回して開いてみましょう。元栓の場所は一戸建て住宅の場合、水道メーターボックスの中にあります。水道のメーターボックスは敷地内の地面に埋まっているのが一般的で、メーターボックスのフタには量水器や水道メーター、止水栓などと書かれています。集合住宅では玄関付近の鉄扉の中などにあります。

■止水栓を開く
お風呂の止水栓が閉まりすぎている場合は、マイナスドライバーやペンチで止水栓を反時計まわりに回して開きます。一気に開くと水圧が強くなりすぎることもありますので、水圧を確認しながら開いてください。

■シャワーヘッドの掃除や交換
シャワーヘッドの詰まりが原因で水が出ない場合は、シャワーヘッドの掃除を行います。ホースとシャワーヘッドの接続部分を手で反時計まわりに回して外します。

洗面器にぬるま湯1リットルを入れて、その上からクエン酸大さじ1杯を溶かします。そこにシャワーヘッドを1時間から3時間漬け置きします。クエン酸でやわらかくなった水垢を歯ブラシで落とし、水が出る穴の細かい汚れは爪楊枝で落とします。シャワーヘッドとホースが一体になっているホース一体型は外せませんので、シャワーヘッドを取らずにそのまま漬け置きしても構いません。

また、クエン酸の代わりにお酢を使う場合は、水1リットルにお酢200ミリリットル入れます。シャワーヘッドとホースの間のフィルターであるストレーナーに汚れが溜まっている場合は、ストレーナーを掃除しましょう。

手でシャワーヘッドを反時計まわりに回してストレーナーを取り外し、歯ブラシなどで汚れを落とします。シャワーヘッドの汚れや劣化がひどいようであれば、新しいシャワーヘッドに交換を考えてもいいでしょう。

■給湯器の修理や交換
給湯器の故障によって沸かせる湯量が減っている場合は、給湯器の修理を行う必要があります。故障でなくても、毎日の使用量に対して沸かす湯量が少ない場合は給湯器の交換を検討する必要があります。

給湯器の号数は一般的に1~2人家族の場合は16号、2~3人家族の場合は20号、4人以上の場合は24号が適切とされています。自宅の給湯器の容量が十分かどうか、給湯器本体に貼られているシールで確認できます。故障の場合や容量が不足している場合は、専門業者やメーカーに問い合わせて新しいものへ交換してもらいましょう。

■低水圧のシャワーヘッドに変える
節水式シャワーヘッドなど低水圧用シャワーヘッドは、通常のシャワーヘッドより穴が小さく水圧が低くてもお湯の勢いは維持できます。低水圧用シャワーヘッドはお湯が出る穴を小さくしているだけでなく、穴の数を減らして水の出る範囲を狭くしているものもあります。

特に給湯器の交換が難しい賃貸物件の方には手軽でいいと思います。低水圧用シャワーヘッドのデメリットとしては、水圧は改善できますが通常のシャワーより当たる範囲が狭くなることです。

自力での修理が難しいケース


ここまで説明してきたようにシャワーの水圧の弱さは、家の元栓やお風呂の止水栓の開閉具合、シャワーヘッドの掃除や交換など自分で改善できる場合もあります。一方自力で改善するのが難しく専門業者にお願いした方がいい場合もあります。ここでは自力での修理が難しいケースについて説明します。

■元々の水圧が低い
配管が細かったり浄水場と自宅が離れていたりして、水圧が弱い場合もあります。この場合は自力ではどうすることもできませんので、改善する場合は専門業者などに調査してもらいましょう。

■水漏れしている
ここまで説明してきた対処法で解消されない場合は、水道管の劣化などによる水漏れが原因の可能性もあります。この場合まずは、水道局に問い合わせてみましょう。

■マンションの給水装置の不備
マンションなどの集合住宅であれば、給水装置に不備があることも考えられます。この場合は大家さんやマンションの管理会社に点検を依頼しましょう。

まとめ


今回はお風呂のシャワーの水圧が弱い原因と対処法を解説しました。シャワーの水圧が弱い原因は、元栓や止水栓が閉まりすぎていたり、シャワーヘッドの汚れや劣化、給湯器の湯量に原因があったりします。

元々の水圧が弱かったり、水漏れを起こしていたり、マンションや集合住宅の給水装置の不備が原因の場合は自力での修理は難しいです。この記事を参考にしてシャワーの水圧の弱さの原因を特定して改善してみてください。

三重のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「みえ水道職人(三重水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

みえ水道職人(三重水道職人) 0120-492-315

みえ水道職人(三重水道職人) 0120-492-315