【水道局指定工事店】三重のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「みえ水道職人」 » シャワーが出ないときの対処法は?シャワーヘッドの紹介

三重 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

シャワーが出ないときの対処法は?シャワーヘッドの紹介

2022年09月08日 お風呂


シャワーヘッドを交換して、毎日のお風呂をもっと快適にしてみませんか。最近のシャワーヘッドはいろいろな機能があり、バラエティーに富んでいます。また水の出方を変えることで節水になるヘッドもあります。


シャワーが古くなったり不具合が出てきたり、取替えを考えているのであれば便利な機能が付いたものを検討してみてはいかがでしょうか。新しい機能が付いたシャワーヘッドに交換し、より快適なバスタイムにしましょう。


本記事では、シャワーが出ないときの原因と対処法、ヘッドの交換方法と最新機能について詳しく解説します。


シャワーが出ない原因と対処法


シャワーが出ないときはあらゆる原因があり、原因によって対処法も異なります。シャワーが出ないときはお湯だけが出ないのか、水も出ないのか確認してください。


お湯だけが出ないのであれば、給湯器の異常かスイッチが入っていない可能性があります。給湯器の温度設定が正しくできていないという場合もあります。


また、ガスの給湯器の場合はガス栓が閉まっていたり、プロパンガスの場合はガスが切れていたりしていないかを確認しましょう。給湯器に問題があることが考えられるのであれば自分で解決することは困難です。早めに業者に依頼して修理か交換かを検討しなければいけません。


お湯も水も出ないのなら、水道管やシャワーヘッドなど他の部分に問題があると考えましょう。カランとシャワー蛇口の両方とも出ないのか、シャワー蛇口だけ出ないのかを確認してください。


念のため止水栓が閉まっていないかも確認します。そしてシャワーが出ないときが、冬で気温が―4℃以下であった場合、また家を数日間空けた場合は凍結が発生しているかもしれません。


他の場所は水が出ても、お風呂の位置が北側の日の当たらない場所に作られているところが多いので、他の場所と比べて温度が低くなります。水道管が破裂していたら、専門業者に修理を依頼しなければいけませんが、凍結の場合は部屋が温まると解消される場合があります。


頻繁に凍結する寒い地方では、サーモスタットという水道を温める自動調節装置を付けましょう。節水型シャワーヘッドや浄水機能付きのシャワーヘッドを使用している場合は、シャワーヘッドの故障や詰まりが原因である場合も考えられます。


シャワーヘッドを取り外すことは簡単なので、分解してフィルター部分の詰まりを掃除すると解消するかもしれません。内部の部品が故障しているのであれば、交換しましょう。


シャワーヘッドを外して水が出る場合は、ヘッドが原因です。水アカやカビ、石鹸カスやミネラル成分が長年使用していると付着して目詰まりを起こすことがあります。


蛇口にもフィルターが付いていて、水道管からくるゴミを取るためについてありますが、そこの部分が目詰まりしていることもあります。取り外して歯ブラシなどできれいに掃除をしましょう。


原因が分からない、分解する自信がない場合は専門業者に依頼しましょう。


シャワーヘッドの付け替え方


既存のシャワーヘッドを新しいものに交換するときは、ネジ山が適用していなければ水漏れの原因になります。長年使用したシャワーヘッドは水分中のカルシウムなどで固着し、素手で外れない場合があります。


タオルやゴム手袋を使っても外れない場合は、ホースごと交換することも検討しましょう。シャワーヘッドを外して新しいものに付け替えますが、合わない場合は付属のアダブターで解決します。


適合したアダブターを選びましょう。メーカーによってはヘッドとホースが繋がっているものもあります。その場合、ヘッドやホースだけでの交換はできません。


日本のメーカーであれば、ホースとシャワーのメーカーが違ってもアダブターを付けると取り付けられるようになっています。しかし、海外製のメーカーは合わない場合がありますので気を付けましょう。


ヘッドだけに目がいってしまいますが、ホースは寿命が5年程の消耗品です。劣化によりホースが固くなり、ひび割れするなどして水漏れを起こします。シャワーとホースのつなぎ目の部分からの水漏れは、ホースの劣化かも知れません。


ヘッドと同じように水栓とホースも適合するメーカーとそうではないものがあります。シャワーヘッドを変えたのに水圧がアップしない場合は、流量調節栓を確認してください。二つの栓はそれぞれ水とお湯のでる量を調節する機能を持っています。取扱説明書で確認しましょう。


新しいヘッドに交換したら、日々こまめに手入れをして長持ちさせましょう。ヘッドに付く汚れや水アカは蓄積されると頑固になってしまいます。ヘッドを使った後は水気をこまめにふき取りましょう。


水アカが付いたときは、使い古しの歯ブラシで中性洗剤を付けて洗ってください。シャワー穴の汚れはお湯の出も悪くなってしまいます。細めのブラシで洗いましょう。なかなか落ちない汚れはクエン酸+乳酸の成分が入った洗浄剤で漬けおきするときれいになります。


シャワーヘッドの最新機能


せっかくシャワーヘッドを交換するのなら、メリットのあるヘッドに交換しましょう。塩素除去をしてくれるヘッドは、敏感肌やアトピーでお悩みの方におすすめです。軟水ヘッドは肌の調子が悪い人に、節水タイプのシャワーヘッドは水道料金を節約したい人におすすめです。


穴を絞って勢いを上げる設計になっていて、通常のヘッドよりも水が勢いよく出るものもあります。年間で17,400円程度の節水効果があるものもあります。シャワーヘッドに注目が出たのは節水シャワーヘッドが始まりでした。


近年では節水機能だけではなくさまざまな機能があり、価格も3,000円~50,000円前後と機能によって変動します。一つのシャワーヘッドで何種類もの水を吐水するものもあり、ヘッドマッサージや絹のように滑らかなミストでメイクまで落とせるものまであります。


水圧の変化で程よい強さとリズムが織りなす水流で頭や首、肩などを心地良くマッサージするヘッドも人気です。シャワーヘッドは体の汗や汚れを流すだけではなく、今や美容効果に特化したものと言えます。


機能性の高いヘッドを使えば保温・洗浄・保湿の他、毛穴ケアやヘアケア、引きしめと浴びるたびに健やかで美しくなり、バスタイムが楽しくなることでしょう。


またヘッドを新しく交換するときは機能に注目してしまいがちですが、意外と盲点になってしまうのが重さです。自分に合う機能と片手で持っても気にならない重さであるかも確認することをおすすめします。


シャワーヘッドの交換は賃貸にお住まいの方でもでき、現状復帰も簡単できるのも魅力的です。その場合、既存のヘッドは大切に保管しておきましょう。


まとめ


既存のシャワーヘッドから新しいものに交換するには、さまざまな理由があると思います。使っていたヘッドが壊れたという理由だけではないでしょう。最近のヘッドにはいろいろな機能が付いた魅力的なものがあります。


今やシャワーヘッドは美容器具の一つと考えている人も多くいます。『浴びることで、キレイは磨かれる』とキャッチコピーをしているヘッドもあります。シャワーヘッドはそれだけ注目されるものとなっていて、購入意識を高める存在にもなっています。


自分の目的にあった従来よりもコスパの高いシャワーヘッドに交換して、より快適なバスタイムにしましょう。


三重のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「みえ水道職人(三重水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

みえ水道職人(三重水道職人) 0120-492-315

みえ水道職人(三重水道職人) 0120-492-315