【水道局指定工事店】三重のトイレつまり・水漏れ修理なら「みえ水道職人」 » お風呂の水漏れトラブルの種類と原因

三重 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

お風呂の水漏れトラブルの種類と原因

2021年01月31日 浴室のトラブル
三重_13

最近はコロナの影響もあって、帰宅後お風呂に直行する方も多いようです。
私たちの快適で安全な暮らしを支えてくれているお風呂の水漏れなど、トラブルは可能な限り予防したいものです。そこで、お風呂の水漏れトラブルの種類と原因について探ってみることにしましょう。

お風呂の水漏れトラブル

お風呂の水漏れにはどのようなものがあるでしょうか?
お風呂の水漏れで一番気がつきやすいのは、蛇口からの水漏れでしょう。
蛇口を締めたはずなのに、ポタポタと水滴が落ちてくるのは気づきやすいものです。寝静まった夜などには、水滴が落ちる音が、聞こえてくることもあるでしょう。

バスタブで水漏れが起こってしまったときも、浴槽の水が減るなど気が付きやすい症状が現れますので、比較的早めに気が付くことが出来るでしょう。
また、シャワーヘッドやシャワーホースからの水漏れも目につきやすいものです。こうした直ぐに気が付く水漏れはひどくなる前の修理が可能ですが、気が付きにくい水漏れもあります。
給湯器の水漏れ、床下や壁の内側での水漏れなどは気が付きにくい水漏れと言えるでしょう。お風呂の蛇口、シャワーヘッド、シャワーホース、バスタブからの水漏れが起きていないのに、毎月の水道使用量が増えている場合は、これらを目で確認することが難しい場所で、水漏れが起きている疑いがあります。

また、お風呂では一度に沢山のお湯を使いますので、水漏れが起きてしまったときにマンションなどの場合は下の階へ被害が波及してしまうこともあります。その場合、共有部分の老朽化が原因の場合は管理組合の方で費用を負担してもらえますが、こちらの責任が問われる場合は下の階の修理費用負担が必要となることもあります。

お風呂の水漏れの原因

次に、お風呂の水漏れの原因を確認しておきましょう。

蛇口の水漏れの原因としては、蛇口のパーツの破損や老朽化が考えられます。中でもパッキンは劣化したり破損したりして蛇口の吐水口からの水漏れの主な原因とも言われています。蛇口のつなぎ目から水が漏れている場合は、ナットやボルトが緩んでしまって水漏れが起こっている場合もあります。

吐水口から出る水の量を調整する水栓ハンドルの摩耗も、水漏れの原因になります。蛇口の吐水口部分の内部にはゴミやサビが出てこないようにフィルターが取り付けられていますが、ここに汚れなどが付着していても水漏れが起こってしまうことがあります。

シャワーヘッドやシャワーホースの水漏れの原因としては、シャワー内部に水が残っていて、それが原因となることもあります。つなぎ目部分に水漏れが起こっている場合は、しっかり取り付けられていないことが原因のケースもあります。使用年数が長くなってしまったことによって起こってしまう部品などの劣化も水漏れの原因になります。

バスタブの水漏れの原因として、バスタブのひびなどの破損、排水口のゴムパッキンの経年劣化をあげることができます。また、給湯器の給水口にあるパッキンなどの部品が古くなってしまったことが、原因となる場合もあります。

床下や壁の内側で水漏れが起こってしまう原因としては、床や壁に施工されている防水コーティング年月の経過とともに劣化してしまったり、配管などが壊れてしまっていたりする点をあげることができます。

給湯器の水漏れは、使用年数が長くなったことによって、給湯器自体が壊れてしまったり劣化してしまったりしたことが、原因となっているケースが多いようです。

お風呂の水漏れの修理の仕方

それでは、お風呂の水漏れは自分で修理することができるのでしょうか?
目で確認することができる水漏れであれば、DIYに抵抗がない方であれば可能なケースが多いでしょう。

蛇口の吐水口からの水漏れの場合は、古くなって上手く機能しなくなってしまったパーツを取り替えれば大半の水漏れは直ります。吐水口の内側のフィルターにゴミなどが溜まっている場合は、フィルターを取り外してゴミなどを取り除けばOKです。

シャワーヘッドやシャワーホースに残っている水が原因の場合は、シャワーヘッドを取り外して中の水を出してからシャワーヘッドをシャワーフックにかけて暫く様子を見て下さい。これで水漏れが止まれば、修理終了です。シッカリと取り付けられていなかった場合は、シャワーヘッドやシャワーホースを取り付け直せば水漏れはストップするでしょう。バスタブの水漏れの原因がゴム栓の場合は、栓を取り替えれば修理完了ですが、それ以外の原因の場合は専門業者に相談した方が良いでしょう。

給湯器は構造が複雑ですので、自分で修理することはトラブルを悪化させてしまう可能性もありますので、専門業者に依頼することをおススメします。床下や壁の内側の水漏れは、水漏れ個所を特定することが難しい上に、水漏れ以外の補修が必要になることもありますので、専門業者に相談するのが良いでしょう。

みえ水道職人では、津市、桑名市、鈴鹿市、鳥羽市、尾鷲市など三重県全域で水回りのトラブルへの対応をおこなっています。アフター保証サービスも充実していますので、設備の交換も安心してみえ水道職人にお任せできます。

三重のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「みえ水道職人(三重水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

みえ水道職人(三重水道職人) 0120-492-315

みえ水道職人(三重水道職人) 0120-492-315