【水道局指定工事店】三重のトイレつまり・水漏れ修理なら「みえ水道職人」 » トイレのタンクトラブルの対処方法

三重 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

トイレのタンクトラブルの対処方法

2021年01月31日 トイレのトラブル
三重_16

トイレの水漏れの原因は色々ありますが、トイレタンクが原因の場合はどうすれば良いでしょうか?トイレの水漏れは一刻も早く直したいものです。それでは早速、専門業者に依頼した方が良いケースと、自力で修理出来るケースをそれぞれご紹介しましょう。

トイレタンクが原因の水漏れとは?

トイレタンクが原因の水漏れの場合、どのような症状が現れるのでしょうか?

トイレの水を流していないのに、タンク内から水が流れる音が聞こえたり、便器内に少量の水が常に流れ続けていたりすれば、トイレタンク内で水漏れが起こっている可能性が高いです。

トイレタンクはタンク内の水が満杯になれば、タンク内への給水が自動的にストップする仕組みになっています。いつまで経ってもタンク内への給水が止まらないのは、タンク内で水漏れが起こってしまっているからです。

タンク内を確認することが出来るタイプの場合は、タンクのフタを開けて中の様子をチェックしてみて下さい。タンクのフタを開けて、まずはボールタップとフロートバルブというパーツをチェックして下さい。

ボールタップには、浮き玉と呼ばれるパーツがついています。それぞれに別の役割を担っていて、タンク内への給水量を調整するのはボールタップ、タンクから便器への水の流れを調整するのはフロートバルブになります。これら2つのパーツが上手く機能しなくなってしまうとトイレタンクの水漏れが起こってしまいます。

タンク内の水位を確認する

トイレタンクのフタを開けて、ボールタップとフロートバルブに問題がないか確認する前に、まずはタンク内の水位に問題がないか確認しましょう。

タンク内の水位は、オーバーフロー管をチェックしましょう。オーバーフロー管の役割は、フロートバルブなどにトラブルが起こってしまってタンク内に水が必要以上に供給されてしまったときに、余分な水をタンクの外に出す役目を担っています。タンクの底から垂直に伸びている管がオーバーフロー管です。

オーバーフロー管には適量な水位の位置をWLと表記されていることが多いですが、記載されていない場合は、オーバーフロー管の上部先端から2cmから3cm下の位置が適量な水位になります。この水位よりも実際の水位が低くなってしまっていたり高くなってしまっていたりすれば、何かしらのトラブルが生じていることになります。

水位が低いケース

水位が低いケースは、フロートバルブが原因で水漏れが起こっている可能性が高くなります。

フロートバルブはタンク内の水が便器に流れるのを調整する役目のものですが、フロートバルブにトラブルがある場合は、便器への水の流れが過剰になってしまいます。その結果、タンク内の水不足が起こってしまい水位が低くなってしまいます。フロートバルブは、便器に流れる排水弁をゴム玉で塞ぐ仕組みになっていて、このゴム玉の上げ下げは鎖でおこなわれています。

まずは、鎖部分にトラブルが起こっていないか確認して下さい。鎖が何かの原因で短くなってしまっていると、ゴム玉が排水弁をシッカリ塞ぐことが出来ずに便器に水が流れ続けてしまうことになります。鎖が切れてしまっている場合は新しいものに取り換えればOKです。

鎖部分にトラブルを発見できなかった場合は、フロートバルブのゴム玉部分に問題がないかチェックしてみましょう。ゴム玉部分が排水弁から少し浮かんでいたり、排水弁をシッカリ塞ぐことが出来ずに隙間が出来てしまっていたりするなら、パーツを取り換えれば水漏れは解消します。

水位が高いケース

それでは、水位が高いケースはどうでしょうか?
この場合は、ボールタップにトラブルが起こっているかもしれません。

給水管からトイレのタンク内への水の供給を調節していますので、水位が高くなってしまうのは、給水量が過剰になっている状態です。ボールタップに付属している浮玉が上下することで給水と排水のバランスをとっています。けれども、ボールタップ本体が破損してしまうと、浮玉が上下しても給水を止めることが出来ずに給水が続いて水漏れが起こってしまいます。

ボールタップ本体に問題があるかどうかは、浮玉を上にあげて確認することが出来ます。浮玉を上にあげて給水が止まれば、ボールタップに問題はありません。浮玉を上にあげても給水が続いているようならば、ボールタップの取り換えが必要になります。

フロートバルブやボールタップの交換自体はDIYをおこなっている方にとってそれほど難しい作業ではありません。ですがフフロートバルブの場合は専用パーツを用意する必要がありますので、ホームセンターなどでも入手できない場合は業者に依頼することになります。

タンクの老朽化やタンクレスの場合

色々原因を調べて対処してみたけれども水漏れが解消しない場合は、タンク自体が老朽化してしまっていることが原因と考えられます。

その場合は、タンクを取り換える必要がありますがかなり重量があります。陶器製ですので、手が滑ってしまって壊してしまう可能性もゼロではありません。自力で交換する場合は、難易度はかなり高いと言えますので、これらのリスクを踏まえた上でおこなうようにしましょう。

タンクレストイレの水漏れは、構造上自力で修理するのは、難易度が高いケースが多くなります。タンクレストイレは給水管のバルブの開閉を排水ボタンでおこなう仕組みのものと内蔵タンクがついているタイプのものがあります。

どちらも水道管の水圧を利用して水が流れる仕組みになっていますので、水道工事が必要になってくるケースもあります。水道工事ライセンスを取得している専門業者に依頼することをおススメします。

水道局指定店のみえ水道職人は四日市市、松阪市、鈴鹿市など三重県全てを網羅したサービスを展開しています。
地域密着型サービスで年中無休で対応していますので、突然の水回りのトラブルはみえ水道職人にご相談下さい。

三重のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「みえ水道職人(三重水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

みえ水道職人(三重水道職人) 0120-492-315

みえ水道職人(三重水道職人) 0120-492-315