【水道局指定工事店】三重のトイレつまり・水漏れ修理なら「みえ水道職人」 » お風呂掃除の要点要所

三重 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

お風呂掃除の要点要所

2021年05月05日 浴室の直し方・メンテナンス


お風呂の水垢、カビ、ヌメリが努力ほど取れずに苦労したり、この前掃除したばかりなのにもう元へ戻って汚れが目立ってきたりした事はありませんか。毎日使う場所ですから、大小さまざまな悩みが尽きないはずです。正しい知識と効率的な工夫がないと、時間ばかりかかってきれいにならず、さらに浴槽やタイルの素材を傷つけてしまうかもしれません。お風呂掃除の基本をご紹介していきます。

準備

まずはゴム手袋、浴槽用スポンジ、バスブラシ、床用ブラシ、小さ目のブラシ、お風呂用洗剤、カビ取り剤を用意しましょう。小さ目のブラシに関しては使い古した歯ブラシで十分です。小回りが利いて、細かい場所の汚れをこすり取るのにたんへん便利です。カビ取り剤の主成分である塩素系漂白剤は目や鼻の粘膜を強く刺激しますから、敏感な方はもちろん、特に気にならない方でも保護メガネやマスクを着用しておく事で掃除開始後に気にしなくても済みます。

使用する洗剤で重要なポイントは、弱い物から徐々に強くしていく事です。強い洗剤は浴槽やタイルを傷つけてしまう可能性が高まります。食用に添加されもする、安心素材の重曹やクエン酸でも、毎日軽く拭き取る程度の汚れには効果大ですし、どの場所もお風呂用の中性洗剤から始めて、汚れが落ちにくい場合に酸性や塩素系の強い物へ切り替えていくようにしましょう。

黒ずんだ頑固なカビなどにはカビ取り剤が最適となってきますが、大量に用いると気分が悪くなります。また、いろんな種類が売られている酸性タイプの洗浄剤や「酸」の文字が入っているクエン酸にカビ取り剤(塩素系漂白剤)が混ざると、命を落とす重大事故へつながる有毒ガスが発生しますので絶対にやめてください。

掃除の手順

・換気
窓を開け、換気扇を回します。霧状に漂う洗剤の充満や、掃除に用いる水が気化して高湿度化する事態を避けるためです。塩素系洗剤の充満は気分や健康を害しますし、高湿度はカビの繁殖に適した条件となってしまいます。

・水シャワー
浴槽、壁、床など、お風呂場全体に水またはお湯をかけます。薄く積もっているホコリや菌類を流し落とすためです。

・浴槽掃除
スポンジにお風呂用洗剤を適量取り、泡立てます。洗剤を浴槽へ直接噴きつけると液だれが起こり、洗剤が垂れて通った場所とそれ以外で差ができて跡が残ることもあります。下から上へ、の動きを基本にして、こすり始めた場所から一周回るように進んで行けば洗い残しが発生しませんし、スポンジを動かす方向を一つに定めればムラもできません。

・壁と床の掃除
注意点、要点は浴槽と同じです。入浴時、お湯と一緒に体の汚れ分が常に多量に付着する浴槽、床、排水口などは毎日のこまめな掃除や手入れが必要ですが、壁はそれほどでもありません。壁の掃除は数日に一度、などと決めておけば、効率アップかつ負担軽減になります。

・排水口
ここでもまずはお風呂用洗剤で掃除していきますが、浴槽や床とは汚れの質が異なるため、先ほどまでのスポンジではなく、使い古しの歯ブラシなど、小さ目のブラシを使います。ブラシ部はスポンジと違ってじゅうぶんに洗剤を保持できませんから、少量ずつ、掃除する場所に合わせて泡立てた後にこすっていく感じです。

お風呂汚れの代表格2つ

・水垢
浴槽や壁にできる、人間の角質層に似た白いウロコ状、皮膚状の汚れが水垢です。水道水に含まれるカルシウム、マグネシウム、ケイ素が、十分拭き取られずに残った水滴の乾燥を主因に表面化します。カルシウムやマグネシウムは酸に溶ける性質を持っているので、弱酸性の洗剤が有効です。ケイ素は逆に酸に強く、洗い流すというより研磨成分を含有した洗剤で削り落とす必要があります。

・ヌメリ、カビ
赤みのあるヌメリの正体はロドトルラとも呼ばれる赤色酵母で、黒ずんだカビはクロカワカビという種類です。どちらも高温多湿を好むので浴室は繁殖に最適な場所と言え、石鹸のカスや皮脂汚れが残っているとそれらも栄養にして、さらに増加が促進されます。見つけたら、まずはお風呂用洗剤でこすり取るように心がけましょう。初期のカビには対処可能です。

これできれいにならない場合にカビ取り剤の出番となるのですが、使用量と用法をしっかり守ったうえで、換気も確実に行いながら噴霧して、放置時間の経過後に状況を観察します。残っている汚れや黒ずみがあるなら、ブラシでこすり落とします。

カビ類は、ある場所に付着したら発芽、成長、胞子の飛散を繰り返すことで増えていき、一度増殖を許すと完全に除去するのが大変困難です。定着と発芽をさせないためにも石鹸カスや皮脂が残らないようシャワーでよく流し、水滴を拭き取ったうえで浴室の乾燥を図ることが予防に向けた最善の手立てとなります。

プロからのアドバイス

簡単そうに見えて、水垢もカビも放っておくと除去が難しくなっていきます。汚れに気付いた時にはすぐ掃除を始めることが肝要です。

みえ水道職人は四日市市、鈴鹿市、松阪市、津市、桑名市、伊賀市など三重県全般で水回りのトラブルを解決している水回りのプロです。トイレや浴室や洗面所、キッチンでのつまりをはじめ、水回りのトラブルでお困りの際には、ぜひ気軽にみえ水道職人にお問い合わせください。

三重のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「みえ水道職人(三重水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

みえ水道職人(三重水道職人) 0120-492-315

みえ水道職人(三重水道職人) 0120-492-315