【水道局指定工事店】三重のトイレつまり・水漏れ修理なら「みえ水道職人」 » 水道代が安くなるトイレの節水方法は?役立つ節水アイテムも紹介

三重 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

水道代が安くなるトイレの節水方法は?役立つ節水アイテムも紹介

2021年05月06日 トイレのメンテナンス


トイレの節水はなぜ重要なのか?

一昔前まで、家庭における水の使用量がさらに多い場所はトイレでした。近年は各メーカーが節水型トイレを発売し普及が進んだことから、現在はお風呂のほうがたくさんの水を使っていることが分かっています。それでも、トイレはお風呂に次ぐ2位の水使用量なので、できるだけ節水できる方法を考えるべきです。

一般家庭が1ヶ月に使う水の量は、2人暮らしの場合で15,900リットル、3人暮らしだと20,400リットルといわれています。そのうちの20%以上をトイレが占めているため、トイレの節水に成功すれば毎月の水道代も大幅に安くなるのではないでしょうか。

トイレはお風呂と比較すると大量の水を使っていることを実感しにくいはずです。しかし、少しの工夫で毎月の水道代が大きく変わる可能性があるため、どんな節水方法があり、自分にも実践できる工夫にはどのようなものがあるのか、よく考えてみてください。

今すぐできるトイレの節水方法を紹介

比較的簡単にできるトイレの節約方法をご紹介しましょう。まず、トイレを流す際に大と小をしっかり使い分けることです。きちんと流れるかが心配で、必要のないときまで大で流してしまっている人もいるでしょう。しかし、実は大と小では2リットルも水の使用量に違いがあり、適切に使い分けることで大きな節水効果が期待できるのです。

大を使用するのは大便を流すときと多めのトイレットペーパーを流すときだけにし、少量のトイレットペーパーを流すときは必ず小を使うようにしましょう。また、用を足しているときの音や臭いが気になったときや、きちんと流れたか心配なときなど、2回流す人もいます。1回で済むにもかかわらず2回流すことで大量の水を無駄にしてしまうことになるため、やめるようにしてください。

さらに節約の効果を出したい人には、お風呂の残り湯を使う方法がおすすめです。残り湯をバケツに汲んでトイレまで運ぶ手間はかかりますが、確実に節約効果が期待できます。お風呂の残り湯を無駄にしなくて済むのもメリットです。

トイレの節水に役立つアイテムは?

トイレの節水に役立つアイテムもいろいろ販売されているため、活用してみるのもよいでしょう。レバータイプのトイレにおすすめなのが、「ウォーターセーバー」と呼ばれるリング状のグッズです。タンク内のフロートバルブの上に載せるだけで、レバーを回している間だけ水を流せるようになります。値段は1,000円以下と手ごろで、トイレの水を40%も節約できるという優れものです。

また、トイレを流したとき、最後に無駄な水が流れないようにする「万能ロータンクボールタップ・スリムタップ」というグッズも注目を集めています。このグッズには消音効果もあるため、トイレを流す音が異様に大きくて気になる場合などにも活用するとよいでしょう。

水洗トイレ節水器ロスカットがおすすめ

特におすすめのグッズが、「水洗トイレ節水器ロスカット」です。一度取り付けたらメンテナンス不要で半永久的に使えるため、手間をかけることなくトイレの節水ができます。

トイレの水を流すとき、タンク内にあるゴムフロートと呼ばれる部品が浮き、流し終わると水を止める蓋としての役割を果たしています。節水器ロスカットをゴムフロートに取り付けることで、蓋が閉まるスピードを速められるのです。これによって1回あたり約5リットルの節水ができるといわれているため、試してみる価値はあるでしょう。

ただし、節水型トイレには取り付けられないので注意が必要です。また、タンクが高い位置にあるトイレやボタンで水を流すタイプのトイレにも使えません。

間違ったトイレの節水方法とは?

トイレの節水のために、ペットボトルをタンク内に入れる方法を実行している人もいるでしょう。しかし、この方法は正しくないのでやめてください。確かに、水を入れたペットボトルをタンク内に沈めればタンクにたまる水量を減らせます。

しかし、タンク内の水は汚物を下水道まで流せる量に計算されているため、ペットボトルを入れて水量を減らすことで、配管の詰まりを起こす原因になってしまう可能性があるのです。そうなると、節約どころか高額な修理費用がかかることになるため、十分注意してください。

また、タンク内の何らかの部品にペットボトルがあたり、水が流れっぱなしになってしまっても困ります。タンク内にペットボトルのような重いものを入れて節水する方法は、実践しないようにしましょう。

水回りの困りごとはみえ水道職人へご連絡ください

みえ水道職人では、四日市市の他、津市、鈴鹿市、松阪市など三重県全域でキッチンをはじめとした水まわりのトラブルの解消に尽力しています。お客様からお電話一本でスタッフが現場に駆け付け、原因に応じて適切に対応いたします。水漏れやつまりなどでお困りであれば、ぜひ当社にご連絡ください。

三重のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「みえ水道職人(三重水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

みえ水道職人(三重水道職人) 0120-492-315

みえ水道職人(三重水道職人) 0120-492-315