【水道局指定工事店】三重のトイレつまり・水漏れ修理なら「みえ水道職人」 » 給湯器から突然の水漏れ?!すぐにやるべきことを解説

三重 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

給湯器から突然の水漏れ?!すぐにやるべきことを解説

2021年06月29日 給湯器の水漏れ


心地よい生活をおくるために給湯器はなくてはならない存在であり、毎日使用するという方も多いでしょう。そのため、「あり得ない箇所からポタポタと水漏れが発生している」という水漏れトラブルに出くわすことも意外と多いです。

ガス給湯器の場合は、不完全燃焼を起こし一酸化炭素中毒といった事故に繋がる可能性もあるのでご注意ください。給湯器からの水漏れに気づいたときには、やっておくべきことをまずは済ませ、次に水漏れ箇所と原因の確認を行います。また、給湯器からの水漏れの際に、修理など物理的なこと以外に注意したいポイントについても解説します。

給湯器からの水漏れに気づいたらやるべきこと

大きな事故に繋がる前に、すぐにやっておくべきことは以下の3つです。

・給湯器の使用を中止する
まずはお湯を止めましょう。水漏れ事態ですので、念のため他の水栓の使用もストップしておきます。

・ガスの元栓、止水栓を閉める
ガス給湯器の場合はガス漏れの可能性もあるので、ガスの元栓を閉めておきます。水漏れ被害を拡げないためにも、止水栓も閉めましょう。

・給湯器のコンセントを抜く
給湯器の水漏れでは、給湯器の内部にある電気系統への影響も考えられます。その影響を最小限にするためにも、コンセントプラグを抜きましょう。給湯器本体は、風呂場の裏側となる屋外に設置されていることが多いです。給湯器のコンセントプラグは、その本体の下部にある屋外用電源コンセントに刺さっています。

水漏れ箇所と原因を特定する

次にやることは、水漏れが発生している箇所を見つけることです。また、給湯器の水漏れにはどんな原因があるのか事前に知っておくことで、落ち着いて対処できます。

・給湯器本体にある水抜き栓からの水漏れ
屋外にある給湯器本体の下部には、実はさまざまな水抜き栓が設置されています。これらは、給湯器の内部に一定量以上の水が溜まったり、長期間使用しなかった場合に給湯器の内部に圧力がかかったりした際に、水が排出される出口です。この水抜き栓から水がポタポタと落ちるのは、給湯器の正常な働きですが、水が止まらずずっと出続ける場合には、専門業者による点検が必要となります。

・配管の接続部分にあるパッキンの劣化による水漏れ
屋外の給湯器から屋内の浴槽や給湯栓までは、配管で繋がっています。そして、その各所の接続部分にはゴム製のパッキンが設置されていて、このゴムパッキンの劣化によって水漏れが発生することがあります。ゴムパッキンの寿命はおよそ10年ですので、新築の場合は10年を目安としてパッキンを交換するようにしてください。

・凍結により破損した配管からの水漏れ
冬季など寒い時期に発生する現象です。夜間に気温が急激に低下した場合に、給湯器に繋がる配管内の水も凍結してしまうことがあります。水は凍結すると膨張し、配管が耐えきれずに破裂することもあり、それが水漏れに繋がるのです。

寒い地方では配管に凍結予防のヒーターが巻かれていることが多いですが、暖かい地方だとあまりその設備が用意されていないので、突然の寒波などがやってきた際には注意が必要でしょう。

給湯器から水漏れすると、水道代だけではなくガス代も上がる?

水道代が跳ね上がったことで給湯器からの水漏れに気づくこともあります。なお、地震など自然災害の影響によって配管の接続部分がずれ、水漏れした場合などは、水道料金を減免してもらえることが多いです。

注意したいのは、水漏れと同時にガス漏れも発生しているケースです。ガス漏れは放っておくと爆発に繋がりかねないので、ガス代が高くなったと感じた場合には、ガス会社に連絡し点検を依頼しましょう。

アパートやマンションなど集合住宅の場合は、管理会社に連絡する

集合住宅における給湯器からの水漏れでは、他の部屋にまで被害を及ぼす可能性があるので、早急な確認や手配が必要です。この場合、入居者が自分で専門業者に依頼するのではなく、管理会社に相談し、取り引きのある専門業者を紹介・手配してもらう形が多いでしょう。給湯器の水漏れ修理についてかかる費用は、賃貸マンションの場合は管理会社が負担することがほとんどです。分譲マンションの場合は、居住者の自己負担となります。

給湯器からの水漏れは放置しない

給湯器が故障してしまうと、毎日の生活に支障が出てきます。DIYでテープを巻くなど応急処置を考える人もいるかもしれませんが、給湯器に詳しくない人が行った場合、テープが熱で破損するなど別の事故に繋がることもあります。また、そのうち連絡しようと水漏れを放置してしまうと、一酸化炭素中毒など大事になってしまう可能性も高いので、早めに専門業者に連絡を取りましょう。

給湯器から水漏れが発生した際には、みえ水道職人までご相談ください。みえ水道職人は津市、松阪市、伊勢市、名張市など三重県全般で水回りのトラブルを解決している水回りのプロです。トイレや浴室や洗面所、キッチンでのつまりをはじめ、水回りのトラブルでお困りの際には、ぜひ気軽にみえ水道職人にお問い合わせください。

三重のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「みえ水道職人(三重水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

みえ水道職人(三重水道職人) 0120-492-315

みえ水道職人(三重水道職人) 0120-492-315