【水道局指定工事店】三重のトイレつまり・水漏れ修理なら「みえ水道職人」 » 洗面所の排水溝詰まりの原因と自力での修理方法について

三重 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

洗面所の排水溝詰まりの原因と自力での修理方法について

2021年08月04日 洗面所の直し方・メンテナンス


洗面所は毎日使用する場所なので、なるべく清潔を保ちたいと考える方は多いでしょう。しかし使い方次第では排水溝の詰まりにつながってしまいます。そこで今回は、洗面所の排水溝詰まりの原因と詰まってしまった時の修理方法、清潔を保つための予防法をご紹介します。

洗面所の排水溝が詰まる原因とは?

洗面所の排水溝が詰まる主な原因は、髪の毛や石鹸カスによるぬめり、ヘアピンなどの固形物が排水管に詰まってしまうことです。洗面所の排水管には嫌な臭いが上がってこないように、排水トラップと呼ばれる仕掛けが施されています。排水トラップはS字やU字の形をしているため臭いを防げる反面、異物をキャッチしやすいという欠点があるので日頃から詰まらせないための予防が大切です。

詰まりを予防するなら日頃の対策が重要

排水溝の詰まりを予防するなら、詰まりの原因である汚れを付着させないことが重要です。具体的な予防法をご紹介します。

・髪の毛を流さない
洗面台で髪を乾かして、前髪を切る方は多いのではないでしょうか。排水溝が詰まる最も多い原因は、髪の毛を流してしまうことです。前髪程度なら流しても問題ないと思われがちですが、少量でも石鹸カスと混ざり合えばぬめりが発生してしまいます。

固形物を流さないためにも、ヘアキャッチャーは必ず設置しましょう。ヘアキャッチャーの手入れは週に1回程度、溜まった髪の毛をゴミ箱に捨てるだけで十分です。

・使用後にお湯を流す
ヘアワックスや化粧品には油分が含まれています。そのため、このような汚れは排水管に付着するとなかなか落ちません。汚れを付着させないようにするには、洗面所の使用後にお湯で流すことが有効です。熱湯を使用すると排水管が破損する原因にもなるので、高くても50℃程度のお湯を流しましょう。

・2週に1回程度、定期的に掃除する
排水溝の詰まりに最も効果的な予防法は定期的な掃除です。毎日の掃除は難しくても、2週に1回程度なら続けられる方も多いのではないでしょうか。それでも定期的な掃除が難しいという方には、専門業者に依頼することをおすすめします。依頼するプランによっては汚れにくくするためのコーティングを施してくれます。

詰まってしまった時に自力で修理する方法は?

まずはどこが詰まっているのか確認する必要があります。ヘアキャッチャーを掃除しても詰まりがなおらなければ排水管が原因であると考えて良いでしょう。

・洗浄剤で汚れを溶かす
排水溝に詰まった髪の毛やぬめりを溶かすには、パイプユニッシュなどの洗浄剤が有効です。軽い詰まりならこれで解決するでしょう。もしパイプユニッシュが家になければ、重曹やお酢での代用も可能です。重曹やお酢を振りかけた後に30分程度放置して、お湯を流しましょう。

・ラバーカップを使う
髪の毛やぬめりだけではなく、固形物にも有効な修理方法がラバーカップです。ラバーカップはスッポンとも呼ばれ、主にトイレで使用されていますが、洗面台専用の商品も販売されています。まずは洗面台にたっぷりの水を溜めましょう。水が溜まったらラバーカップで排水溝に空気と水を押し込みます。詰まりの原因が取り除ければ水が流れるので、数回繰り返して様子をみてください。

またラバーカップが家になければペットボトルでの代用も可能です。ラバーカップより使用が難しいですが、排水口とペットボトルの口をピッタリと合わせれば同様の効果が得られるでしょう。

・排水管を分解する
上記の2つを試しても詰まりが解消しないなら排水管の分解をおすすめします。まずは洗面台の下にバケツなどを置いて、汚水を受け止められるようにしましょう。ドライバーやレンチを使用すれば比較的簡単に分解できるので、中の汚れを歯ブラシなどで取り除いてください。また外した部品は正しく戻さなければ水漏れの原因にもなりますので、新たなトラブルを発生させないためにも部品は元通りに戻しましょう。

自力で修理する際の注意点

自力で排水溝の詰まりを修理するなら注意するべき点があります。

・種類の違う洗剤は混ぜて使用しない
塩素系の洗剤と酸性の洗剤を混ぜて使用すると、有毒ガスが発生する危険性があります。「まぜるな危険」と記載されている洗剤もあるので、使用する前に洗剤がどのような種類の商品なのか確かめてください。また単体で使用する分には問題ないので、どちらの洗剤も使用後はしっかりとすすぎましょう。

・汚れを溶かす洗浄剤は必要以上に放置しない
パイプユニッシュなどの洗浄剤は、30分程度放置することが推奨されています。推奨されている時間よりも長く放置すればさらに汚れが溶けると勘違いしている方もいるようですが、それは間違いです。長く放置してもさらに汚れが溶けることもなく、再度汚れが固まってしまう可能性もあります。効果を最大限発揮させるためにも、記載されている推奨時間は守りましょう。

洗面所の排水溝が詰まったらみえ水道職人にご連絡ください

みえ水道職人は、四日市市、鈴鹿市、松阪市、津市、三重郡菰野町、員弁郡など三重県内の幅広いエリアに対応している水回りトラブルの専門業者です。洗面所だけではなくトイレや浴室、キッチンなどのつまりも解消します。もちろん詰まりだけではなく、水回りのトラブルなら修理、交換が可能なので、お困りの際にはみえ水道職人にお問い合わせください。

三重のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「みえ水道職人(三重水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

みえ水道職人(三重水道職人) 0120-492-315

みえ水道職人(三重水道職人) 0120-492-315