【水道局指定工事店】三重のトイレつまり・水漏れ修理なら「みえ水道職人」 » ペットの糞はトイレに流しても大丈夫?どう処理したいいの?

三重 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

ペットの糞はトイレに流しても大丈夫?どう処理したいいの?

2021年08月13日 トイレのトラブル


犬を飼っている飼い主さんにとって、犬はただのペットではなく家族の一員だと思います。
会話はできませんが、毎日飼い主さんと一緒に暮らし癒しを与えてくれる大きな存在でしょう。

ペットが元気で健康に生きていくためには、食事や排泄を欠かすことはできません。
人間と違って動物は自分で用意や片付けができないので、飼い主がしっかりとお世話してあげる必要があります。

そこで今回は、ペットの糞の処理方法について取り上げ、「犬の糞はトイレに流してもいいのか?」という点を解説します。

人間とは違う犬の糞の特徴

犬のトイレは散歩の時だけという場合もあるようですが、多くの飼い主さんが散歩か自宅でさせているようです。
室内犬の場合は、ペットシートの上でトイレをさせている方がほとんどでしょう。
室内でペットシートの上なら、ワンちゃんのウンチに異物が混入することはありません。

問題なのは、散歩の時、ウンチの処理の仕方です。
散歩中にペットがウンチをした場合、ウンチを袋に入れて持ち帰るのがマナーです。
散歩で持ち帰ったウンチは、自宅でしたウンチとは大きな違いがあります。
それは、異物が混ざっていることです。

アスファルトの道路でウンチをすれば小さな石が付きますし、草が生い茂っている場所では草や土が付きます。
そのような異物が混入したウンチをトイレに流すと、便器内の排水管を傷つけてしまうことがあります。
大きな石が混入していた場合は、トイレをすぐに詰まらせてしまいます。


ペットの糞の処理方法は自治体によって違う

ペットの糞の処理については、お住まいの自治体で方法が異なるので、よく確認しておきましょう。

・トイレに流して処理する
ペットの糞はゴミとして回収しておらずトイレに流すように促している場合は、それに従いましょう。
ただし、便器に直接排泄する人間と違って、散歩中に犬がしたウンチにはさまざまな異物が付いており、そのまま流すとトイレを詰まらせてしまいます。
トイレに流すこと勧めている場合でも、排水管の詰まりや便器の破損などを考えて、異物をできるだけ取り除いてから流しましょう。

異物を取り除くのが大変という場合は、新聞紙を持参して、散歩中にウンチをしそうになったらワンちゃんのお尻の下に敷きましょう。
異物が付にくくなり散歩後の手間も省けます。

また、多頭飼いしている場合は、トイレに流して処理をする時に一度にたくさんのウンチを流すと詰まりの原因になるので、少しずつ分けて流しましょう。

・燃えるゴミとして出す
家庭ゴミと同じように、燃えるゴミとして集積場所に出すように勧めている自治体もあります。
ただし、そのまま指定のゴミ袋に入れて捨てるのではなく、最低限のマナーを守りましょう。

特に、臭いへの配慮は大切です。犬が食べるものは人間と違うので、それによって臭いがきつくなります。
また、腸内環境が乱れている時は、悪臭を伴うことがあります。
燃えるゴミとして出す時は、できるだけ臭いを抑えるために、ビニール袋を何枚も重ねたり、防臭性に優れた袋を用意したり工夫しましょう。

また、外出先でワンちゃんがウンチをした時に公園や公共施設のゴミ箱に捨てるのは、やめましょう。
コンビニのゴミ箱に捨てるようなマナーの悪い飼い主が増えているようですが、大変迷惑な行為なので、絶対にやめましょう。

このように、自治体によって犬の糞の処理方法は異なるので、自治体のホームページで確認しましょう。
ホームページに糞の処理について記載されていいない場合は、担当部署に電話で確認しましょう。


ペットの糞がトイレに詰まった時の対処法

トイレに流す際に異物に気をつけていても、トイレが詰まってしまうこともあります。
ペットの糞でトイレが詰まった場合は、次の方法で対処してみてください。

・お湯を流す
便器にお湯を流すことで、便器内で詰まった糞が溶けやすくなることがあります。
この方法を行う際に注意することは、40~60度のお湯を流すことです。
60度以上のお湯を使うと、便器がヒビ割れてしまう恐れがあります。

便器が破損すると便器の交換が必要な場合もあり、高額な費用がかかってしまいます。
温度には十分気を付けましょう。

・ラバーカップを使う
人間の排泄物が詰まった時と同じように、ペットの糞もラバーカップを使うと詰まりが解消できます。
ラバーカップを使う時は、強く押すのではなく勢いよく引き戻すことを意識しましょう。

・液体洗剤を使う
ラバーカップが家にない場合は、液体洗剤を使う方法もおすすめです。
洗剤の効果によって、糞の成分を分解し流れやすくします。
お湯を流す方法と併用すると、相乗効果でより糞が溶けやすくなります。


困った時は水道修理業者に相談しましょう

ペットの糞の処理方法は自治体によって異なるので、お住まいの自治体の指示に従ってください。
トイレに流すことが勧められている場合も、散歩中に付いた異物を取り除いてトイレを詰まらせないようにしましょう。
燃えるゴミとして出す場合は、臭いを抑える工夫をして出しましょう。

ただ、トイレに流した場合、糞の固さや取り除けなかった異物によって、便器内で詰まってしまうことがあります。
その場合は、お湯やラバーカップ、液体洗剤で対処しましょう。

それでも詰まりが解消しない場合は、水道修理業者に相談しましょう。

みえ水道職人は松阪市や鈴鹿市、津市、亀山市、いなべ市、三重郡菰野町など三重県内全域の水回りのトラブルに対応しております。
24時間年中無休で修理の受付を行っておりますので、急な水漏れや詰まりなどのトラブルも迅速に解決いたします。
出張のお見積もりも無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。


三重のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「みえ水道職人(三重水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

みえ水道職人(三重水道職人) 0120-492-315

みえ水道職人(三重水道職人) 0120-492-315