【水道局指定工事店】三重のトイレつまり・水漏れ修理なら「みえ水道職人」 » キッチンで濁りのトラブルが発生したとき

三重 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

キッチンで濁りのトラブルが発生したとき

2021年09月15日 キッチンのトラブル


キッチンの水道が濁ったとき

キッチンの水道水の濁りには、種類があります。
まず白い水が出る場合についてですが、原因は気泡によるものが多いです。
特に冬場に多く見られる現象で、水が急激に温められることによって空気が膨張し、蛇口から出るときに気泡がはじけて白く濁ったように見えます。

上記が原因だった場合は時間経過で透明の水に戻ります。
特に水道管に問題はありませんのでご安心ください。

ずっと白い水のまま、直らない場合は水道管に問題があるかもしれません。
水道管の老朽化によって、亜鉛や鉄が溶けだしている可能性があります。

成分的には人体に影響はないとされていますが、濁りや臭いが気になるでしょう。
水道管の交換で直る問題ですので、早めに交換を行いましょう。

赤茶色に水が濁った場合は、水道管にたまったサビや土汚れが原因と思われます。
近所で水道管の工事が行われたりしていると生じやすいです。
これは一時的なものですので、しばらく水を出しておけば透明に戻るはずです。

ただし、アパートなどの集合住宅にお住まいの場合は、貯水タンクに問題が生じている可能性も考えられます。
濁りが続くようであれば、管理会社に電話しましょう。


水栓からの水漏れ

キッチンの水回りトラブルで多いのが、蛇口や水栓からの水漏れです。
水栓には二つの種類があります。
レバー式水栓とハンドル式水栓です。

まずレバー式水栓ですが、これは左右上下にレバーを動かして水を出します。
左右に動かして温度を調整して、上下に動かすことで水を出したり止めたりします。
やはり消耗品ですので、使用年数が経つとレバーまわりの部品が劣化してくるでしょう。
するとレバー部分に緩みなどが生じて、そのスペースから水漏れするパターンが多く発生します。
大体の場合、バルブカートリッジという部品の交換で修理できます。

ハンドル式水栓は、築年数の経っている住宅で利用されていることが多い昔ながらの蛇口です。
二つのハンドルが設置されていて、右側が水、左側がお湯というスタイルがよく見られます。
水漏れはハンドルの下部から生じやすいです。
ハンドル式水栓は構造が単純なので修理が簡単で、ナットを締めるだけで水漏れが直ることもあります。


自分でできる対処方法

水漏れが生じたら、必ず止水栓を閉めましょう。
水がずっと流れていることになるので、余分な水道料金がかかってしまいます。

止水栓はほとんどの場合、シンク下に設置されています。
手で締められるものか、マイナスドライバーを用いて締めるものがあるので確認してみてください。

先ほど、レバー式水栓のトラブルであげたバルブカートリッジですが、ホームセンターやメーカー、通販での購入が可能です。
種類がたくさんあるため、必ず水栓の型番を確認して調べるなどして、間違ったパーツを買わないようにしましょう。

修理の手順はとても簡単です。
まずレバー部分を外してください。
レバーの下部、ハンドルの真下のあたりに赤と青のマークがあると思います。
冷水か温水かわかりやすく表示しているマークです。
このマークの部分がレバーを固定しているネジのカバーになっています。
メーカーによってはマークがついていないカバーの場合もあります。
カバーは精密ドライバーなどを使用すれば簡単に取れるはずです。

カバーを外したら、その中にレバーを固定している部分があるはずなので外しましょう。
ネジの場合はプラスドライバーで、六角ナットの場合もあります。
六角ナットの場合は六角棒レンチで緩めて外しましょう。
ここを外せば、すぐにバルブカートリッジが見えます。
レバーを外したその下にレバー軸がありますが、それがバルブカートリッジの上部です。

その後、スパウトと呼ばれる部品を反時計回りに回して外します。
すると、バルブカートリッジは固定されていないので、簡単に取り外せるはずです。
スパウトはきつく締まっているので、女性の方などは布を被せるなどして回しましょう。

バルブカートリッジを交換したら、今度は逆の手順でスパウトやレバーを設置し直してください。
これで問題なく動作し、水漏れがなければ修理完了です。


水回りのトラブルが起きたらみえ水道職人へご相談ください!

バルブカートリッジを交換しても直らない時や水道管などの素人ではなかなか判断のしづらい部分のトラブルが考えられる場合は、業者に依頼することをおすすめします。

自分で修理する場合は業者に依頼するよりも安く済みますが、間違った対応をしてしまうと余計な費用がかかってしまう可能性があるのです。

みえ水道職人は四日市、松阪市、桑名市、伊勢市、伊賀市、名張市など三重県の全域で水回りのトラブルに対応しています。
ご高齢の方や、ご自分での修理が不安な方はお気軽にお問い合わせください。
電話一本で水回りのご相談をお受けいたします。


三重のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「みえ水道職人(三重水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

みえ水道職人(三重水道職人) 0120-492-315

みえ水道職人(三重水道職人) 0120-492-315