【水道局指定工事店】三重のトイレつまり・水漏れ修理なら「みえ水道職人」 » お風呂場の嫌な臭いとはこれでさようなら!悪臭の対処法を伝授します

三重 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

お風呂場の嫌な臭いとはこれでさようなら!悪臭の対処法を伝授します

2021年09月15日 浴室のトラブル


つまりなどの水回りのトラブルには嫌な臭いがつきものです。
ドブのような腐敗臭で、排水管のつまりに気が付いた、ということもあるくらいです。

今回はお風呂場の臭いに注目し、原因や解消方法をご紹介いたします。
悪臭は何らかのトラブルの前兆であることが多いので、我慢せずになるべく早く対応しましょう。

お風呂場の悪臭の原因を特定しましょう

お風呂場の悪臭にもいくつか種類があります。
まずは、浴室に入った途端に感じる腐敗臭が挙げられます。
この場合、原因は排水トラップにあるかもしれません。

そもそも、お風呂場の排水口のヘアキャッチャーの下がどうなっているか、ご覧になったことがありますか?
ヘアキャッチャーを取り外すと、その下に排水トラップがあり、いつも水が溜まっています。
この水は封水といい、排水管の悪臭が上って来ないために、なくてはならないものです。

この排水トラップに汚れが溜まることで、腐敗臭の原因となることがあります。
ドブや下水のような臭いの原因も、たいていは排水口が原因です。
排水口のヘアキャッチャーに髪の毛が残っていると、そこに皮脂や石鹸カスがこびりついて、ぬめりが発生し悪臭を放ちます。

入浴している最中にカビ臭さを感じることもあるでしょう。
このケースで確認すべき場所は、換気扇です。
天井にあるので、普段はなかなか掃除しない方がほとんどだと思いますが、カビが発生しやすい場所でもあります。
カビが発生したまま換気扇を回すと、お風呂場全体にカビの胞子が撒き散らされてしまうので、早めに対応しましょう。
汗臭くてこもったような臭いがすることもありますが、これは床や壁に残った皮脂や汗が酸化した臭いです。


お風呂場の悪臭を解消する方法とは?自分でできるの?

異臭を感じたら、排水口のヘアキャッチャーと排水トラップを掃除してみましょう。
ヘアキャッチャーは毎回のお掃除で取り外している方が多いと思いますが、その下の排水トラップも簡単に取り外せます。
ヘアキャッチャーを外したら、その下の円筒形の部品を持ち上げてみてください。
それが排水トラップです。

ずっとお風呂を使っていないと封水が蒸発してしまい、そのせいで悪臭が上ってきているケースもあります。
この場合は、封水を増やして様子を見ましょう。
原因が封水だけであれば、そのうち悪臭が解消されるはずです。

汚れが目立つ場合は、排水口の蓋・ヘアキャッチャー・排水トラップを、普段お使いの浴室用洗剤で洗いましょう。
スポンジを使って、ぬめりがあればそれを落とすようにしてください。
排水口の蓋やヘアキャッチャーの網目は、古い歯ブラシでこすると汚れがよく落ちます。

そのあとは、水やお湯で洗剤を流して、元通りにセットすれば、お掃除はおしまいです。
悪臭の原因となるぬめりが取れれば、悪臭も気にならなくなるでしょう。

浴室の換気扇は天井にあるので、お掃除が大変ですが、カビ臭い場合は頑張ってカビを取り除く必要があります。
安全のために、ブレーカーを落としてから作業するとよいでしょう。

まずは換気扇のカバーを取り外して、埃や汚れを取ります。
フィルターは、掃除機でゴミを吸い取ってから、重曹や洗剤で浸け置き洗いするのが効果的です。
部品をしっかり乾燥させてから、もとに戻してください。
このとき水分が残っていると、せっかく掃除したのにまたカビが生える原因になるからです。

お掃除のあとは、しばらく換気扇を作動させると、内部までしっかり乾きます。
換気扇のタイプによっては、カバーが外れないものもあるので、説明書などでご確認ください。

お風呂を掃除するとき、床を掃除し忘れる方はなかなかいませんが、壁は見落としがちです。
入浴すれば、当然壁にも汗や皮脂、石鹸カスが飛び散ります。
汗のような嫌な臭いがするようであれば、壁を重点的に洗ってみましょう。


お風呂場の嫌な臭いを予防するには?

お風呂場の掃除は面倒くさくて、少しサボりがちになってしまいますが、それでは悪臭を防げません。
日頃からの丁寧な掃除が、一番効率的な臭い予防となります。
排水口のヘアキャッチャーだけでなく、排水トラップの掃除もぜひ普段のルーティン作業に加えてください。

重曹やクエン酸を使うと、排水トラップやその奥の排水管まできれいになります。
どちらも安全な物質ですし、お風呂場以外でも活躍し、大変安価なので、この際にぜひご準備ください。
ただお湯を流すだけでも効果はありますが、決して熱湯を流さないようにしましょう。
排水管は熱に弱く、破損の原因となり得るからです。

また、入浴後に床や壁に55℃くらいのシャワーを当てておくと、カビの防止になります。
カビの胞子は55℃くらいで死滅するので
壁についた水滴もタオルなどで拭っておくとよいでしょう。
ほんのちょっとの工夫で、お風呂場をいつも快適な空間に保てるのです。
それでもどうして嫌な臭いが取れない場合は、ぜひ水道業者に相談してみてください。


水回りのトラブルはみえ水道職人にお任せください

みえ水道職人は津市を中心とした鈴鹿市、松阪市、桑名市、多気町、玉城町、熊野市など三重県全域で活動している水回りの専門家です。

悪臭、水漏れなどの水トラブルでお困りの方はぜひお電話ください。
365日対応24時間受け付けで、経験豊富なスタッフがすぐにお客さまのもとへ駆け付けます。


三重のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「みえ水道職人(三重水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

みえ水道職人(三重水道職人) 0120-492-315

みえ水道職人(三重水道職人) 0120-492-315