【水道局指定工事店】三重のトイレつまり・水漏れ修理なら「みえ水道職人」 » トイレの仕組みを理解すれば水漏れも怖くない!

三重 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

トイレの仕組みを理解すれば水漏れも怖くない!

2021年10月12日 トイレのトラブル


トイレの修理は難しそうと敬遠している方も多いのではないでしょうか。しかし、トイレの水漏れ原因の多くは、タンク内の異常によるものです。これはトイレの仕組みを理解していれば、簡単に対処できるでしょう。

水漏れがどのように発生しているかによって、対処法は変わります。まずは水漏れ箇所の特定をして、DIYで修理、交換をしてみましょう。

タンクの中から水音がする場合

タンクから水滴が落ちるような音がする場合、ボールタップと浮き球というパーツを確認しましょう。これらのパーツは一体となっており、水を制御するためのものです。

タンク内に浮いている浮き球を持ち上げた際に、流水が止まらない場合は、ボールタップの止水弁に異常が発生しています。新しいものに交換しましょう。交換する際は、無駄な流水を避けるため、止水栓を閉め、工具を使用しパーツを取り外してください。

もし浮き球を持ち上げて、水が止まる場合は、ボールタップに異常がないため、浮き球の異常であると判断できます。浮き球が一時的に不良を起こしている場合は、手で浮かべ直せば修理は完了しますが、浮き球が割れてしまっている場合は新しいものに交換が必要です。交換する場合は、規格に適したものをトイレメーカーに注文してください。

接続部からの水漏れ

タンクの外側が濡れているときは、水道管との接続部を確認しましょう。ナットが緩んで、破損している場合があります。ナットが破損しているときは、新しいものに交換してください。交換する際は、必ず止水栓を閉めておきましょう。

止水栓の辺りから水が滲んでいるときは、止水栓内部のパッキンの劣化が考えられます。止水栓を閉め、水の流れを止めてから、工具を使用しナットを取り外してください。パッキンを交換したら、ナットを締め直し、止水栓を元の位置に戻るよう開栓しましょう。

交換する際、止水栓を閉めていても、パイプに残留した水が流れてくる可能性があります。修理、交換をする際は、水をこぼさないように床を保護しておきましょう。

便器内に水漏れしている場合

便器内への流水が止まらないときは、タンクの下部にある、ゴム製のフロートバルブの不具合が考えられます。フロートバルブは水洗レバーと連動しており、レバーを捻ると、タンク内の水を流し、便器内洗浄をします。このレバーとフロートバルブをつなぐ鎖が外れてしまい、絡まっていると、フロートバルブは正常に動作しません。まずは鎖が正しく設置されているか確認してください。

もし鎖に異常がない場合は、ゴム部分が劣化している可能性があります。ゴムは消耗品のため、長期間しようとしていると劣化し、割れたり縮んだりしてしまいます。劣化しているか確認するには、ゴムの部分を触ってみましょう。手に色がついたら、交換するタイミングです。

鎖の調節など細かい作業が必要になりますが、ホームセンターなどで新しいものが購入できるため、自力での交換は可能です。どのパーツにも共通しますが、新しいパーツを購入する際は規格を間違わないよう注意しましょう。

便器と床の間が濡れている

トイレの床が濡れているのに、放置してしまうと、重大なトラブルに発展するため避けましょう。もし集合住宅で床が濡れたまま放置してしまうと、階下に影響が出てしまいます。またカビが発生してしまい、床材が腐食してしまうため、床が濡れているときは、すぐに対応してください。

床が濡れてしまう原因で考えられるのは、便器のヒビです。便器は陶器製で、通常、半永久的に使用できるほど頑丈なものですが、硬いものを落としてしまい、熱湯を流して急激に温度が変わるとヒビが入ってしまいます。ヒビが入ってしまった場合、パテでヒビを埋めるという応急処置ができますが、根本的な解決策ではありません。ヒビでも完全な修理は不可能で、根本的に解決を望むのであれば、便器を丸ごと交換する必要があります。

ヒビが入っていない場合は、便器設置時の不備が考えられます。便器やタンクに結露がなく、床に水が滲み出てくるとき、必要な部品が足りていない恐れがあるため、すぐに水道業者に連絡しましょう。専門的知識がなくてもタンク内のパーツの交換は簡単にできますが、床下の排水管などの修理は難しいです。

DIYに覚えがないときは、無理に自分で修理しようとせず、業者に任せたほうがコストを抑えられるでしょう。無理に自力で修理してしまうと、より重大なトラブルに発展する恐れがあります。

トイレに結露が見られる場合

トイレで発生する結露は、多くの場合寒暖差によるものです。経年劣化や水漏れではありませんが、放置してしまうとカビの原因になってしまいます。こまめに拭き掃除し、換気をきちんと行いましょう。もし気になる場合は、結露が発生しにくいトイレに交換することを視野に入れましょう。

水回りのトラブルはみえ水道職人へ

みえ水道職人は四日市市、津市、鈴鹿市、松坂市、名張市、志摩市、亀山市、いなべ市など三重県全般で水回りのトラブルを解決している水回りのプロです。トイレや浴室や洗面所、キッチンでのつまりをはじめ、水回りのトラブルでお困りの際には、ぜひ気軽にみえ水道職人にお問い合わせください。

三重のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「みえ水道職人(三重水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

みえ水道職人(三重水道職人) 0120-492-315

みえ水道職人(三重水道職人) 0120-492-315