【水道局指定工事店】三重のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「みえ水道職人」 » 下水のような匂いとはもうオサラバ!キッチンの悪臭対策について解説

三重 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

下水のような匂いとはもうオサラバ!キッチンの悪臭対策について解説

2021年12月06日 キッチンのお掃除


食べ物を調理するキッチンの悪臭に悩んでいる方も多いと思います。キッチンの悪臭は、原因をしっかりと理解すれば、簡単に対処が可能です。

この記事では、キッチンに発生する悪臭の原因や対処方法を紹介します。簡単に悪臭を対策できる方法も紹介しているので、キッチンの臭いで悩んでいる方は参考にしてください。

まずはキッチンの悪臭原因について知ろう!


キッチンの悪臭に悩んでいる方も多いと思います。悪臭を対策するためには、しっかりと原因を把握するのが大切です。ここからは、キッチンの悪臭になりがちな原因を4つ紹介します。

生ゴミ
料理する際に出る生ゴミは、キッチンの臭いの原因になります。特に三角コーナーを利用している場合は、生ゴミに多くの水分量が含まれてしまいます。そのため、より菌が増殖してしまい、嫌な臭いが目立ってしまうでしょう。

三角コーナーを利用する際は、水分を吸収するためにも、生ゴミを入れるビニール袋の中にキッチンペーパーや新聞紙を入れるのがおすすめです。

油汚れ
炒め物や揚げ物を調理する際にできてしまう油汚れも、キッチンからする悪臭の原因です。油は性質上酸化されやすく、始まってしまうと鼻をつくような臭いがしてしまいます。

油汚れは頻繁に掃除しないと、温度が下がり固まってしまいます。そのため、定期的にキッチンペーパーで拭き取るといいでしょう。また、油汚れはキッチンだけではなく、電子レンジや魚焼きグリルにもこびりつくので注意しましょう。

排水口や排水管に溜まった汚れ
排水溝や排水管に溜まった汚れは、菌の栄養になってしまいます。特に排水管は汚れを目視ができないため、注意が必要です。

排水管の正しい掃除方法は、40℃~45℃のお湯で固まった油を流し、その後市販の洗剤を排水口注いでいきます。洗剤を注いだら30分~1時間放置し、最後に水が流れるのかを確認して終了です。キッチンの掃除をしっかりしているのに臭いが気になる方は、排水管の掃除を実践してみてください。

スポンジなどの濡れた物
菌が増殖する原因は、スポンジ布巾などに含まれる水分です。そのためキッチン周りに濡らして使う物を置いている場合は、しっかり乾かすことを意識しましょう。どうしてもスポンジや布巾の菌が気になる場合は、除菌ができる洗剤を選ぶのも一つの方法です。

キッチンに悪臭が発生した際の対処法


キッチンに悪臭が発生する原因は、主に汚れであることが分かります。汚れを放置していると悪臭だけではなく、排水管の詰まる恐れや菌を多く増殖してしまうことが考えられるでしょう。ここからは簡単にできる、キッチンに発生する悪臭の対処方法を紹介します。

生ゴミの臭いを対処する方法
生ゴミの臭いを対処したい場合は、アロマスプレーの使用がおすすめです。アロマスプレーを使用すると瞬間消臭ができます。

また、アロマの香りもするため、キッチンからいい匂いもします。あまりにも臭いがキツイ場合は、牛乳パックに入れて捨てるのがいいでしょう。牛乳パックに入れると、臭いや水漏れも防げます。

油汚れの臭いを対処する方法
油汚れを拭き取る際は、セスキ炭酸ソーダを使用するのがおすすめです。なぜならセスキ炭酸ソーダはアルカリ性であり、油汚れを落とす効果があるからです。

手軽にしっかりと掃除するために、セスキスプレーを作っておくといいでしょう。セスキスプレーは、スプレー用の容器にセスキ炭酸ソーダを小さじ0.5に対し、水200mlを混ぜるだけで手軽に作れます。

排水口や排水管の臭いを対処する方法
排水口の臭いが気になる場合は、重曹やクエン酸を使用して掃除するのがおすすめです。

掃除の方法は、部品と排水口に重曹を振りかけ15分ほど放置します。その後お湯にクエン酸を入れ、部品と排水口に流していきます。泡が発生するのを確認したら少し放置し、洗い流すと終了です。

また、排水口の汚れを掃除しても臭いがする場合は、排水管を掃除する必要があります。排水管の掃除は、液体パイプクリーナーを注ぎ15分~30分放置するだけです。洗い流す際は、水を勢いよく出して洗い流しましょう。

スポンジや布巾からの臭いを対処する方法
スポンジや布巾の臭いが気になる場合は、除菌する必要があります。しっかりと除菌するためには、75℃~90℃以上のお湯に1分以上さらすのがおすすめです。

その後放置してしまうと菌が増殖してしまうため、すぐに冷たい水をかけて冷やすようにしましょう。最後に水を切って風通しがよい場所で保管しておくと、除菌ができます。また、除菌しても臭いが気になる場合はスポンジの劣化が考えられます。スポンジを使い続けると菌の増殖にも繋がるため、3週間を目安に取り替えるようにしましょう。

キッチンの悪臭対策は常日頃忘れないように!


キッチンの悪臭を対策するためには、日頃の掃除が重要です。50℃ほどのお湯を定期的に流すだけでも効果があるため、実践してみてください。また、手軽にできる対策として、臭い予防のグッズを置くのがおすすめです。

キッチンの悪臭が対策できるグッズとして、置き型消臭剤や排水口用消臭剤、イオン発生機などがあるので利用してみるといいでしょう。ただし臭い予防ができるグッズを利用する場合でも、定期的に掃除しないと健康被害や排水管が詰まってしまう恐れがあります。そのため、臭いが気にならない場合でも、定期的な掃除を忘れないようにしてください。

まとめ


キッチンの悪臭の原因は、生ゴミや油汚れなどさまざまです。そのため悪臭が気になる場合、まずが原因を探してみるといいでしょう。原因が分かった場合は、ぜひ記事で紹介した対処方法を実践してみてください。

また、キッチンの悪臭を簡単に対策する方法として、臭い予防できるグッズを置くのもいいでしょう。

三重のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「みえ水道職人(三重水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

みえ水道職人(三重水道職人) 0120-492-315

みえ水道職人(三重水道職人) 0120-492-315