三重のトイレつまり・水漏れ修理なら「みえ水道職人」 » トイレの詰まりが原因のトラブルは症状により解決法が変わります

三重 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

トイレの詰まりが原因のトラブルは症状により解決法が変わります

2021年01月23日 トイレのトラブル
みえ水道職人7

トイレ詰まりは特有の形状が関係している

排水口から排水管まで真っすぐであれば、トイレが詰まる可能性は低いです。
しかし現実はS字型になっているので、ここで詰まりが発生しやすいのです。
S字ではなく直線にすればいいと思うかもしれませんが、それをすると封水ができなくなり、嫌な臭いが充満してしまいます。

トイレットペーパーは水に溶けますが、一度に大量投入するとS字の部分で詰まりが発生するのです。
便器内を覗いたときに排泄物やペーパーがなくても、少し先の部分で溜まっているケースは少なくありません。

多くは2~3時間もすれば溶けますが、溶けないものを流した場合は難しいです。
トイレクリーナーやお掃除シート、生理用ナプキンなどは流さないようにしてください。
固形物でなければ大丈夫だと考えるかもしれませんが、普通に詰まってしまいます。

トイレットペーパー以外を流すときの注意点

基本的にはトイレに流すのはトイレットペーパーに限定するのがおすすめです。
近年は流せるペットシート、おしりふきなどが誕生していますが、あくまで少量を流した場合の話です。
流しすぎると詰まりますから、基本的にはなるべく流さないようにしましょう。
料理の食べ残し、嘔吐物などは流せるような気がするかもしれませんが、これらも排水管に引っかかる要因になります。

普通に流せると考えているものが、実はダメというケースは非常に多いのです。
ティッシュペーパーも同様に、トイレットペーパーよりずっと詰まりやすいです。
これらは便器から流れてはいっても、排水管内で引っかかることがあります。
目視で確認できない状態であっても、詰まるときは詰まると考えてください。

お湯を流せば解決することも

トイレットペーパーやティッシュペーパーなどは、お湯を使えば流れやすくできます。
ティッシュペーパーは詰まりやすいですが、確実に詰まるというわけではありません。
40~60度くらいのお湯を流せば、固まった紙類をやわらかくすることで流れやすくできます。

一方でおむつやハンカチなどは、お湯で流すことは困難です。
市販の薬品でも溶かすことが難しいので、水道修理業者に依頼して取り除いてもらうのがおすすめです。

自身で挑戦するのでしたら、スッポンや真空式パイプクリーナーなどを活用してください。
ただし取り出すのが難しいと感じたときは、速やかに業者にまかせましょう。
無理をすると詰まりを重症化させる可能性があるからです。

お湯を流してはいけないケース

お湯を流す詰まり解消法は、すべての詰まりに活用できるわけではありません。
携帯電話やスマホ、ライターなどの固形物をお湯で流そうとすると、詰まりを重症化させるので注意してください。

固形物はできる限り、見えるところにある状態で取り出したいです。
奥に進行していった場合は、スッポンで引き出すのが基本ですが、慣れていないと難しいでしょう。

やってはいけないのは自分で便器を取り外すことです。
高確率で取り付けができなくなりますし、何より一人で作業するのは困難です。
スッポンで取り出せないときは、早急に業者に依頼してください。
詰まりは軽度の症状ほど、素早く安く修理できるのです。

自力での対処をあきらめたいケースとは

軽度の詰まりはご自身で解決できますが、中度レベルになると成功率が低くなってきます。
たとえばおもちゃや消臭剤のキャップなどをスッポンで取り出す場合は、成功することもあれば、失敗することもあるでしょう。
市販の詰まり解消アイテムは、あくまで簡易的な詰まり解消、応急処置としての意味合いが強いです。

詰まりの原因はお客様自身で特定できないことが多く、原因不明のときは最初からプロにまかせたいです。
異音がするようになった、以前と比べて水の流れ方が悪い、などと感じた場合は診断してもらいましょう。

異変を放置しておくと詰まりが重症化する可能性があるからです。
排水管の老朽化などが原因の場合は、修理交換作業が必要になってきます。
古くから使用しているトイレですと、部品の劣化や破損によるトラブルが増えます。
また無理にスッポンを使い続けた場合も、排水管を破損させる可能性があるのです。
それゆえ中度や重度の詰まりに関しては、ご自身での対処は避けたほうがよいでしょう。

ペットのトイレ砂やフンが詰まりを招く?

ペット用品は簡単に流れそうなイメージがあるかもしれません。
しかし実際は人間用と何らかの変わりなく、たとえばペットのトイレ砂を流して詰まるケースは少なくないです。
またペットのフンは人間の排泄物とは性質が異なり、非常に詰まりやすくなっています。
ペットのフンの始末を楽にしたいという理由で便器に流し込む方がいますが、予期せぬ詰まりを招く可能性があるのです。

みえ水道職人では四日市市、津市、鈴鹿市、松阪市などの三重県全域で水のお悩みを解決しています。
豊富な施工実績を活かし、丁寧スピーディーな対応を心がけています。
料金も良心的に抑えていますので、水道修理業者選びで迷っている方はみえ水道職人をご用命ください。

三重のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「みえ水道職人(三重水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

みえ水道職人(三重水道職人) 0120-492-315

みえ水道職人(三重水道職人) 0120-492-315